「援」農・触れ合い・三里塚



〜三里塚と「援」農と私のうつ病の回復の関係について〜
三里塚で「援」農すると、元気になれるんです!
がんちゃん
 
「病者」のがんちゃんぜったいサンヨーで働き続けるぞ〜!と思ってきましたが、復職期限まで満8ヶ月、という時にショッキングなことがあり、ずっと解決に向かうことなく時間だけが過ぎ、復職できる状態じゃなくなりました。それを無理やり復職したものだから、「これが鬱の症状か?」という酷い状態になり、サンヨーは解雇になるは病気は重くなるはで踏んだり蹴ったり。暗い部屋で湿った布団の中で動けず、すがれるものは携帯電話だけ。関実(三里塚闘争勝利関西実行委員会)・三里塚ブログの「援農日記」を読んで、「いいな〜、私も参加したいな〜」、と憧れ続けていました。

寝たきりが4ヶ月も過ぎると、突然、体の機能も柔軟性も筋力も、ガタンと落ちてしまいました。ここまで全く動けなくなったのは初めてのことでした。しかし鬱からは抜け出せておらず、身体能力を回復させるための意欲が全く湧いてきません。弱っていく身体と焦る気持ちと、意欲が湧かない鬱状態と。ショッキングなことは何ら解決に向かっていなかったので、矛盾と悪循環に苦しみ続けました。

08年秋、たまらず関実に「身体的には全く無理だけど、気持ちは援農に行きたい」旨のメールを送りました。こもりきりで日常ほとんど人としゃべることもないので、気持ちが溢れてしまいました。

援農なんて絶対無理と思っていたのに、なんと「参加してください」というお返事をいただきました!「障害」があろうと農と触れ合い反対同盟と交流することが今求められている、「障害」を持った人も包み込む大きさが三里塚にはある、と言っていただいたのです。援農ツアーまでの3週間くらいの間に、私の病状の注意すべきことも調べてくださって、何より身体的にも精神的にも不安な私と綿密に連絡を交わして心配事を無くしてくださいました。症状が悪化するかもしれないリスクも引き受けて、連れて行ってくださったのです。三里塚での経験が、どれだけ私を解放してくれて、精神的に楽にしてもらえたか。

不思議なのは、4日間も外出して体調が崩れなかったことです。車での遠出や未知の世界、未知の経験で、クタクタになって帰って来ると思っていました。帰ってしばらくは疲労から前にも増して鬱がひどくなるのだろうと思っていたのです。

ところが、元気なのです。崩れないのです。私、10ヶ月の寝たきりから抜け出しました!その後08年末からまた調子が下降気味になって行ったので、2ヶ月間は「三里塚効果」があったということになります!


三里塚現地全国集会と「援」農  
09年3月、調子は持ち直しませんでしたが、市東さんの土地を絶対守る3・29現地全国集会と、それに続く「援」農と現地調査に、エイやっと参加しました。そうするとまたまた元気になって帰って来ました。私の鬱に、三里塚が、「援」農が、効いているのだと思います!

最近、三里塚闘争には、「かつて青春を三里塚に捧げた世代」や「新たな参加者」が増えているそうです。米軍再編やソマリア沖への自衛隊の派兵、憲法改悪のための国民投票の動き、新しい歴史教科書を作る会の検定通過、などを始めとする、政治の右傾化を危惧する人々が結集するのは、やっぱり反戦の砦!、三里塚なんだなぁ、と思います。

夜行の車に乗せてもらって、29日早朝に千葉に着く。30人くらいで反対同盟事務局長、北原さんのお宅に伺った。沖縄から来られた知花昌一さんも参加。1時間くらいの交流会が行われました。その後全国集会へ。1580人の参加でした。翌々日は「援」農に入りました。援農先の鈴木加代子さんは会うなり「働かなくていいんだからな。山菜取ったり遊んでいけばいいんだから」と言ってくださる。前日一日休んだことで、ちょっと引け目がある私の気持ちは一気にリラックス!加代子さんもきっと察してくださってるんだな、と思いました。

温かい、まあるいものを求める気持ちになれたのは、昨年10月の三里塚に参加したことで、ちょっと自分に自信が持てたから。畑のあぜで寝転がっててもいい、と寛大に受け入れてもらえたからです。三里塚に来ていなかったら今頃どうなっていただろうと思うと、恐ろしいです。


注・三里塚とは  
三里塚とは千葉県の成田空港を建設するための農業破壊と、戦争のための軍事空港に反対する農民の地を這う闘い。金持ちの利益を優先して農業を破壊する政策に反対して40年間、農地を売らずに守っている、日本農民を代表する闘い。農地死守という闘い。生活が闘いになっているところは「障害者」の生活と闘いに通じるものがある。





フレンズのトップページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234