「自殺事件を問う集い」報告


保安処分学習会  
7月26日に保安処分学習会(「心神喪失等医療観察法」専門病棟患者の自殺事件を問う集い)を開きました。初めて神戸での開催です。ひょうせいれん(兵庫県精神障害者連絡会)の仲間が集まりやすいようにということでした。ひょうせいれんから家族を含めて4人、その他にもビラを見てきた親子が来てくれたので目的は果たせました。週刊金曜日に案内を出していたのですが、それを見た京都の学生さんが参加してくれました。大阪からも参加があり、総勢15人でした。

事件は、佐賀県にある国立病院機構肥前精神医療センターの医療観察法病棟の患者が、昨年12月14日に逃走し、元の自宅のあった横浜まで逃げて鉄道自殺したというものです。この人は昨年8月に肥前精神医療センターに収容され、この日はじめて付添い人2人が付いて外出していたのです。ビデオ店で付添い人の目を盗んで逃走し、横浜まで逃げたものです。


兵庫県立光風病院の柴田医師からのお話  
今回のこの自殺事件に関して、第三者委員会の結論の出し方には疑問がある。問題を感じる。今日はそのことを分かってもらいたくて話題提供者にさせていただいた。

「医療観察法」は分かりにくい仕組みの法律です。事件をおこしてしまった「精神障害者」を収容するために刑務所でも病院でもない施設を新たに作り出した。法律を通そうと政府はイギリスの精神医学教科書に「精神障害者の再犯は予見できる」と書いてあるという国会答弁を行なった。それは実は役人の読み間違いで、実際には「予見できない」と書いてあったのです。ある政党はこれにだまされて大恥をかいた。小泉元首相が言い出して無理して慌てて作った法律だから、そもそも無理があるのです。無理が通れば道理が引っ込む。無理は次々に波及してゆきました。

まず県レベルの行政がだまされました。すべて国が金を出すものと思わされた。その線で光風病院にも打診があった。しかし、実際には、必要な運営費用は自前でやってくれということに話が変わった。騙し切れずに県レベルでは建設が進まなかった。次に通院の面倒を見てくれないかという話があった。しかし、条件が3ヶ月ごとに変わっていく。知らないうちに訪問看護が開設の条件に入っている。県の条例で県立病院は訪問看護をしないことになっていたので問い合わせると、どこかと契約してもらったらいい、という返事だった。これまで医療で扱えなかった大変な人たちを収容するので新しい施設が必要と強調しすぎて出来た法律なので、どこにも頼めそうにないと断りに行ったら、すでに県のほうに依頼が来ていて、「どこでも適当に書いて下さい。先方に内緒で書いたら分かりませんよ」との内容だったので、びっくりさせられた。そんな非常識なことは出来ない、と断ると、しばらくして「引き受けてくれる訪問看護ステーションがありましたよ」と言ってくる。行政が圧力かけたようで、実際にカバー出来ないエリアの仕事を引き受けさせられ、施設側は困っていた。そんな具合に、この法律に関わる人たちに変なことをさせてゆくのです。大本のゆがみが広がってゆくのです。

今回の自殺事件について、最初は衝動的に自殺したのかと思っていた。あってはならないが通常の医療でもあるように自殺というケースはあるだろうと思っていた。私も外来患者に死なれてなんとならなかったかと思った体験はある。しかし、今回のは衝動的自殺ではない。遠く自宅近くまで帰って死を選んでいることにすごく強い絶望が感じられる。衝動的な死であれば近くで飛び込んでいる。それなのに外部評価委員は「良好な治療関係があった」と普通強調しない事を繰り返し言っている。違和感を感じる部分です。まず、第三者が医師―患者の治療関係の善し悪しについて結論することに変な感じがある。私は「良好な治療関係があった」などと主治医は主張していないと思う。患者に死なれて主治医はそれは言えない。もし言っているなら医者としてどうかと思う。あったと思っていてもこのような死に方をされたら、患者にとっては良好でなく、自分の思いこみだったのかとへこむ。これが普通の医者です。相手に死なれて「良好な治療関係があった」と言い切る医者なら、こいつは医者になるべき人間ではないと思う。第三者が判断することでもないです。それを言えるのは治療を受けていた患者だけです。そこに行政から依頼を受けた人間が入り込んできて、良好な治療関係があったと言い切っている。そんなもの、治療に関わっていない他人が保証することでないです。変です。くどいように言わしているところを見ると、そこを行政が保証しないと医療観察法の維持に差し障ると考えているのだと思う。システムの維持を優先したために、通常の医療のあり方の方を崩してしまった。今後発生する自殺は、第三者が入るこのシステムで問題なしとする流れが出来てしまったわけです。さらには、チェックシート通り展開しているのならば、問題なしとされるのだな、と現場の医師はそう思ってしまう。そうなると、妄想が消えだした頃は病者が現実に直面し始める危うい時期であるとか、そういったこれまでの医療が経験上大事なポイントとしてきたことが全部どうでもいいことになってしまう。実際に患者が死ぬことより、確実にチェックポイント通り経過をたどっているかということの方が大事になってしまう。医療観察法のひずみがここまできたかと思う。これまでの医療現場のモラル、責任、悩みを吹き飛ばしてしまっている。国が決めた手順に従っていれば何があっても「外部委員」が来て、「良好な治療関係があった」と、それで良いとしてくれることになる。これがまかり通ると医療の質が変わってしまう。医療のデリカシーを潰してしまう。私は「自分のしたことが分かり、医療との関係もよくなり、模範的になってきたときに死ぬ危険が高い」と教えられてきた。それは患者を診てゆく感覚を鋭くさせてくれたと思う。今回の評価では「現実を認め始めたとき一番危険なポイントがあるぞ」という医療者が持つべきデリカシーが消されている。

患者は1ヶ月ごとに点数評価されチェックされる。対象行為(犯した罪)を常に意識させ、内省できているかチェックされる。そのチェックに対して本人が「つらい」といえる環境なのか。院内では一人の患者に複数の看護が付いて回る。患者が「つらい」というと「何がつらいのか」と問われ、「分からない」と言うと内省を求められる。この人が何に絶望したのか。「事件への反省と直面」が強いられる処遇のあり方、「病む者」としてのしんどさを容認されず、本人の深い絶望はこのシステムの中では浮かんでこない。チェックシートで点数化されない部分はそもそもないのだから。そんな光景を想像してしまう。

今回の第三者委員の報告は医療関係者のモラル感覚をかく乱するものだ。患者の自殺がこれまで医療に突きつけていた大きな意味が今回は消えている。役人の作ったチェック表をたどっていれば「良好な医療関係がある」ことになるから医療観察法に関わる医師はそうするのが正しいのです、と役人が誘導している。それはおかしいぞということを言っておきたくて話させていただいた。


討議  
S 入院するのに光風以外は信頼していない。その光風で一般入院が限られてきている。児童精神医療、救急を中心とした病院になろうとしている。これも医療観察法と無関係ではないと聞いている。

柴田 一ヶ月2ヶ月休養のために入院することが出来なくなっている。悪くならないと入院できなくなっている。いびつな医療になったなとおもいながら、民間への吸収を避けるために苦肉の策として残している。

M 医療だけでは解決しない問題を抱えているのではないか。

柴田 抱えたくないから、医療では治らない「薬物中毒」や「知的障害者」は入れないとしながら、「知的障害者」の犯罪の問題があって、「知的」の部分をこういう施設に押し付けたい人たちがいる。治療ではよくならない社会適応の問題を医療観察法施設に押し付けようとしている。

高見 東北の病院の調査では医療観察法施設にいる内の20%の人は治療可能性がないと出ている。

I 病院は悪くないと第三者機関が言っているのか。

柴田 そうです。

柴田 家族以外の交友関係が切り離された。病院が把握している人しか面会できない。精神保健福祉法病院のように自由に電話をかけることは出来ない。そういう中での孤独感を評価する項目がない。

S 日精協の意図が働いたのか

柴田 小泉が大勢の議員をもっているから出来たこと。日精協は「ややこしい患者は公立へ」と要望していた。しかし、できた法律は「ややこしい患者を公立に押し付ける」ことにはなっていない。「法律を犯す」と「ややこしい」とは違う。日精協は利用された。
あらかじめ「ややこしい人」がいるのではない。医療が作るものだ。

S 秋葉の事件は「精神障害者」問題になっていないが。

柴田 警察がそのように誘導していない。

M 池田小の時のキャンペーンはすごかった。

柴田 秋葉の事件は司法で何とかできると思っているのかもしれない。

あまり表に出ていないことだが、刑務所から出所するとき、「精神障害」が疑われると刑務所長が精神病院に通報している。そのまま精神病院に強制入院になっている。法務省が推し進めた。本人も家族も不満なことだ。

こういう制度が生きている。「精神障害者」が事件を起こしたら国が最後まで完全にフォローするシステムになっている。いまは「知的障害者」の場合を収容する制度を作ろうとしている。

F 家族面会が重要ではないか。

柴田 社会復帰のためには家族の協力は不可欠。家族が協力を同意しているのではないか。報告書には家族のことがまったく消えている。

F 報告には対策として如何に監視を強化するかしか書いていない。

高見 ここには書いていないが、GPS位置測定機能つきの携帯を持たされている。

柴田 外出は重要だ。地域対策として出せなくなる。「宅間のような危険な人ばかりが入っている」と宣伝しすぎたから地域の人でそう思っている人が多い。

H 保安処分で精神医療が歪んでいく。

高見 法のいびつさがこういう事件として出た。施設が満杯で地方自治体病院に送り込もうとしている。自治体病院が拒否すれば破綻点が広がる。その中で廃止を勝ち取っていきたい。

Q この事件で抗議行動は出来ないのか。

高見 本人特定できないし家族と連絡も取れない。今日を節目に運動化していきたい。

柴田 日本は家族に責任を押し付けている。殺人の75%は家族が相手だ。

Q 戦前に保安処分はあったのか。

柴田 戦前は皇室に対する犯罪が罰せられた。昭和の間は皇室をどう守るかという観点だった。国体があると精神病院に患者を外に出すなと働きかけリストの提出も求められた。

高見 今後に向けて、柴田先生の報告で医療観察法の問題性が浮き彫りになった。施設建設が進まない破綻、内部での医療の破綻、地方自治体病院に患者を押し付ける破綻。そういう破綻局面の中で法の廃止を勝ち取っていきたい。宣伝をどんどんして行こう。可能性は十分にある。

I 宅間は池田小という特殊な学校に劣等感を持たされた。原因が追究されない。自分に自身を持てないような大人を作らないようにしないといけない。教育に対してメスを入れないといけない。

柴田 イギリスでは教師の性犯罪が増えている。教師の選別をしている。真っ白な先生などたくさんはいない。それに排除の論理が働いている。真っ白でなくちょっとでも汚れていたらヒヤヒヤしないといけない。そういう社会が背景にある。日本ではうつ病で休んだときのチェックシートがある。 I みんなが監視の目になっている。うつ病の教師にすごい言葉でののしっていて病状の悪化に繋がっている。


総括  
自分は真っ白だと言えるような人はめったにいないのではないでしょうか。何かしら後ろめたいものを持ちながら生きている人がほとんどなのではないでしょうか。グレーの自分が黒い側に落とされることにびくびくしながら暮らすのか、そういう真っ白いものしか許容しない社会を糾すのか。選択肢は全ての人にあります。今の監視社会、狭い一本のレールしか認めない社会。「精神障害者」に対する保安処分はその取締りの重要な要素です。そういう社会のありようを変えることが保安処分との闘いの射程に入っていないといけないと思います。「精神障害者」にとっては、一度でも社会のレールを踏み外せば、特殊施設への収容という道しか用意されていません。刑法で執行猶予とされても、刑事罰を加えないとされても、刑事罰で刑務所に入りそこから釈放されても、待っているのは精神病院であり保安処分施設です。そこから逃れるために命を絶つことしかなかったのが今回の自殺事件です。自殺しか出口がないのでしょうか。そうではなく、選択肢に社会の変革を用意しみんなに知らせることで、「新自由主義」や「自己責任」の思想と対抗しうるのです。法を犯さなくとも、職場で「精神障害者」にされたあげく、復職も認められずに免職になる人も多数います。変革すべきは許容性のない社会の側です。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234