JPU加古川分会の抗議声明


 
(JPUは郵便局の労働組合。連合に加入している。)

5月28日、梅澤支店長は1集1班の高住晃一組合員に対して、今年1月15日の「事件」で戒告処分を発令した。処分理由は「平成20年1月15日勤務時間中、集配課事務室において、支店長の就労命令に従わず勤務の一部を欠いたばかりでなく、支店長に右手拳を振り上げて威嚇する行為をしたものである」とし、就業規則76条3号、10号、11号により戒告としています。

しかし高住氏は「拳を振り上げて威嚇」など断じてしていないのだ。高住氏の名誉のためにも、こんなデッチ上げ処分は断固、撤回まで闘わねばならない。この処分はこの間連続して発令された服務規律処分でも、格段に不当な重処分である。そもそもこの「事件」の一切の原因は、梅澤支店長が強行したワンフロアー化にこそある。とりわけ高住氏の班の1集1班は班のど真ん中を柱が占拠し、ワンフロアー化の矛盾が一番集中している班である。ワンフロアー化への不満と怒りはどの班よりも強いのも当然であろう。この「事件」はその反発をねじ伏せるために、支店長によって挑発的に引き起こされたものであり、これを口実に重処分を課すなど、二重三重に許せない処分である。


 
一連の不当処分の走りは2月14日に出された江渡分会長への注意処分であった。この処分は12月24日の朝9時頃、混合勤務についていた江渡分会長が出発準備で班と発着台との間を忙しく行き来していたところ、携帯端末機を首からぶら下げていたことを梅澤支店長が見つけ咎め、しつこくつきまとって挑発し、江渡分会長が腹に据えかねて「じゃあ今すぐつけるから見とれや」と対応した。この「見とれや」を支店長に対する「不穏当な言辞」としてことさらに取り上げ、注意処分としたものである。5月に入ると梅澤支店長は立て続けに3件の不当処分を発令してきた。5月12日には角太副分会長に、2月8日の終業時間の3分前に郵便事業会社の事務室の外に出たことを理由に、訓戒処分を発令した。

続いて5月27日には永井副支部長に大晦日の「超勤拒否」で訓戒処分が発令された。昨年末の集配課では28日より4H超勤が続いていた。ところが31日は朝の時点の発令は3Hだった。当局は「3Hに抑えたのは親心」という。しかし4時頃になって、窓で何の説明もなく急きょ各班に追加の1H発令が行われ始めた。このやり方に永井副支部長はこの超勤発令の仕方と組合軽視の姿勢はおかしいと、追加発令は受けなかった。すると当局は現認体制で再び発令してきた。当日現認体制で発令され受けなかった組合員は4名いたが、永井副支部長のみが問責の対象とされ事情聴取を受けた。後日の窓では当局は、業務運行体制の誤りを認めたという。あまりに露骨な役員への狙い撃ち処分である。


 
高住組合員への処分事由の「事件」は1月15日の朝のことである。直前の10日には分会の反対を押し切ってワンフロアー化が強行されていた。15日は13日(日)、14日(休配日)と3日分の13万通のブツが到着していた。大量の定形外が含まれ各班とも足の踏み場もないほどだった。特に1集1班は柱のため班の外にもブツが溢れかえっていた。そんな中、梅澤支店長は1集1班の中まで入り込んで来た。同班々員から期せずして「こんな時に無理には入ってこなくても」という声が上がった。「あんな言われ方をされたら誰だって怒る」(ある組合員)言われ方をされて、当時44区で大区分をしていた高住氏は「そんな言い方はないやろ」と当然の抗議をした。すると梅澤支店長はさらに命令口調で「(定形外の)ケースを早く片づけろ!」と畳みかけた。まさに挑発である。しかしこの場はこれで収まった。誰もがもう済んだと思っていたところ、今度は支店長は1集課長を伴って再び高住氏のところにやってきて、彼の後ろに立った。現認体制で再び挑発に及んだのだ。険悪な雰囲気に近くで見ていた組合員が高住氏に抱きついて引き離した。高住氏は抱きつかれて手で振りほどこうとしたが、これが「右手を挙げて支店長を威嚇する行為をした」とデッチ上げられ、戒告処分の理由となった。途中、支店長は「殴りかかるものなら殴ってこい」とさらに挑発したが、高住氏は「何で俺がそんなことせなあかんのや」と答えている。この「事件」での事情聴取は6回に及び、当局は執拗に「殴りかかり」の言質を取ろうとしたが、高住氏は事実のありのままを述べて否定した。


 
4つの処分理由の「事件」は年末から2月にかけてであるが、ワンフロアー化の強行過程と重なっている。ワンフロアー化は田原前局長からの引継ぎ案件とされ、河見・前1集課長が「狭すぎて仕事にならない」と反対して実現できなかったという。当局は12月の窓で突然、それまで組合の意見も聞きながら進めるとしていたワンフロアー化を、1月10日のレイアウト復元時に当局の責任で行うと通告してきた。この信義に反するやり方を批判した『躍動』470号(12月17日付)に支店長がクレームをつけ始めた。1月21日付の班の狭さを写真付きで報道した472号は当局が撤去。江渡分会長への注意処分を批判した474号(2月18日付)も強制撤去。2月21日の窓では「以後『躍動』で支店長批判を行うなら、組合掲示板と組合事務室の貸与を取り消す」と最後通告をしてきた。組合活動への不当な干渉であり、不当労働行為である。現場で渦巻く怒りに追いつめられ、梅澤支店長が自分への批判をもはや容認できなくなった追いつめられた姿ではある。

分会ではやむなく『躍動』の掲出を断念せざるを得ない事態がいまだに続いている。上記の分会に対する攻撃と一連の処分攻撃は、支社の意を受けた梅澤支店長による組織破壊、組合弱体化攻撃であり、加古川分会の「体質」を嫌悪した不当労働行為そのものである。民営化がこのような攻撃をいっそう野放図に行わせている。満腔の怒りを込めて梅澤支店長を弾劾するものである。加古川分会はこうした攻撃に屈せず、団結を打ち固めて県労働委員会に提訴し、「処分撤回・ワンフロアー化撤回」まで闘い抜くものである。

2008年6月2日          JPU加古川分会





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234