厚生労働省:脳・心臓疾患及び精神障害等に係る労災補償状況(平成19年度)について

厚生労働省発表

平成20年5月23日




労働基準局労災補償部補償課

職業病認定対策室

絹谷  國雄

室長補佐天野   敬

 5253−1111(内線5569)

夜間直通 3502−6750

脳・心臓疾患及び精神障害等に係る労災補償状況(平成19年度)について

今般、平成19年度の「脳血管疾患及び虚血性心疾患等(「過労死」等事案)の労災補償状況」及び「精神障害等の労災補償状況」がまとまった。

1 「過労死」等事案の労災補償状況(別添資料(表1-1〜6、図1-1〜4)のとおり

[1] 請求件数は931件であり、前年度に比べ7件(0.7%)減少。

[2] 支給決定件数は392件であり、前年度に比べ37件(10.4%)増加。

[3] 業種別では請求件数、支給決定件数ともに「運輸業」が最も多い。

[4] 職種別では請求件数、支給決定件数ともに「運輸・通信従事者」が最も多い。

[5] 年齢別では請求件数、支給決定件数ともに50〜59歳が最も多い。

2 精神障害等の労災補償状況(別添資料(表2-1〜6、図2-1〜4)のとおり

[1] 請求件数は952件であり、前年度に比べ133件(16.2%)増加。

[2] 支給決定件数は268件であり、前年度に比べ63件(30.7%)増加。

[3] 業種別では請求件数、支給決定件数ともに「製造業」が最も多い。

[4] 職種別では請求件数、支給決定件数ともに「専門的・技術的職業従事者」が最も多い。

[5] 年齢別では請求件数、支給決定件数ともに30〜39歳が最も多い。

表1−1 脳血管疾患及び虚血性心疾患等 (「過労死」 等事案) の労災補償状況

(件)

年    度

区   分

平成15年度 平成16年度 平成17年度 平成18年度 平成19年度
脳・心臓疾患 請求件数 742 816 869 938 931
決定件数 708 669 749 818 856
  うち支給決定件数
(認定率)
314
(44.4%)
294
(43.9%)
330
(44.1%)
355
(43.4%)
392
(45.8%)
う ち 死 亡 請求件数 319 335 336 315 318
決定件数 344 316 328 303 316
  うち支給決定件数
(認定率)
158
(45.9%)
150
(47.5%)
157
(47.9%)
147
(48.5%)
142
(44.9%)

注) 1 本表は、労働基準法施行規則別表第1の2第9号の「業務に起因することの明らかな疾病」に係る 脳血管疾患及び虚血性心疾患等(「過労死」等事案)について集計したものである。

2 決定件数は、当該年度に請求されたものに限るものではない。

3 支給決定件数は、決定件数のうち業務上として認定した件数である。

4 認定率は、支給決定件数を決定件数で除した数である。

図1−1 脳・心臓疾患に係る労災請求・決定件数の推移

図1−1 脳・心臓疾患に係る労災請求・決定件数の推移

表1−2 脳・心臓疾患の業種別請求及び支給決定件数一覧

(件)

年度

業種

平成18年度 平成19年度
請求件数 支給決定件数 請求件数 支給決定件数
農業・林業・漁業・鉱業 12 0 11 3
製     造     業 151 39 130 74
建     設     業 125 37 118 50
運     輸     業 156 97 193 101
卸売 ・  小売業 163 74 159 65
金融 ・ 保険業 13 4 16 1
教育、学習支援業 21 8 16 9
医療、福祉 47 9 42 15
情報通信業 19 8 20 6
飲食店、宿泊業 54 19 51 21
その他の事業(上記以外の事業) 177 60 175 47
合計 938 355 931 392

注 1 業種については、「日本標準産業分類」により分類している。

2 「その他の事業(上記以外の事業)」に分類されているのは、不動産業、他に分類されないサービス業などである。

図1−2 業種別構成比

図1−2 業種別構成比

表1−3 脳・心臓疾患の職種別請求及び支給決定件数一覧

(件)

年度

職種

平成18年度 平成19年度
請求件数 支給決定件数 請求件数 支給決定件数
専門的・技術的職業従事者 137 44 131 71
管理的職業従事者 112 53 85 51
事務従事者 109 49 98 33
販売従事者 109 37 97 43
サービス職業従事者 95 25 119 29
運輸・通信従事者 158 90 182 93
生産工程・労務作業者 176 44 175 57
その他の職種(上記以外の職種) 42 13 44 15
合計 938 355 931 392

注 1 職種については、「日本標準職業分類」により分類している。

2 「その他の職種(上記以外の職種)」に分類されているのは、保安職業従事者、農林漁業作業者などである。

図1−3 職種別構成比

図1−3 職種別構成比

表1−4 脳・心臓疾患の年齢別請求及び支給決定件数一覧

(件)

年度

年齢

平成18年度 平成19年度
請求件数 支給決定件数 請求件数 支給決定件数
  うち死亡   うち死亡   うち死亡   うち死亡
19歳以下 0 0 0 0 2 1 0 0
20〜29歳 31 16 11 8 24 10 16 10
30〜39歳 103 32 64 30 122 50 54 19
40〜49歳 242 98 104 49 213 89 115 42
50〜59歳 377 123 141 51 376 111 163 57
60歳以上 185 46 35 9 194 57 44 14
合計 938 315 355 147 931 318 392 142

図1−4 年齢別構成比

図1−4 年齢別構成比

表1−5 脳血管疾患及び虚血性心疾患等(「過労死」等事案)の労災補償状況 (都道府県別)

平成19年度
  脳 血 管 疾 患 虚血性心疾患等 合計
請求件数 支給決定件数 請求件数 支給決定件数 請求件数 支給決定件数
  うち死亡   うち死亡   うち死亡   うち死亡   うち死亡   うち死亡
北海道 24 7 13 2 11 7 4 3 35 14 17 5
青 森 4 2 1   1 1 1 1 5 3 2 1
岩 手 1 1     1 1     2 2    
宮 城 8 2 2 1 4 3 3 3 12 5 5 4
秋 田 2       2 2 1 1 4 2 1 1
山 形 1   1 1     2   1   3 1
福 島 8   1 1 4 3 1   12 3 2 1
茨 城 8 4 6 2 5 4 3 3 13 8 9 5
栃 木 2 1     2   3 1 4 1 3 1
群 馬 5 1 3   10 6 4 2 15 7 7 2
埼 玉 30 5 12 1 15 11 4 2 45 16 16 3
千 葉 20 9 13 5 9 8 3 3 29 17 16 8
東 京 103 18 41 4 38 23 19 11 141 41 60 15
神奈川 48 9 22 5 28 17 9 7 76 26 31 12
新 潟 8 1 6   2 2 2 2 10 3 8 2
富 山 4       1   1 1 5   1 1
石 川 4 3 2 2         4 3 2 2
福 井 1               1      
山 梨 2 1     2 1     4 2    
長 野 7 2 1 1     1 1 7 2 2 2
岐 阜 5 1 1   3 3 2 1 8 4 3 1
静 岡 10 1 10 3 6 4 3 3 16 5 13 6
愛 知 32 7 8 1 14 8 7 4 46 15 15 5
三 重 8 1 2 1 6 4     14 5 2 1
滋 賀 8 3 7 1 8 6 4 1 16 9 11 2
京 都 20 7 10 2 11 5 5 3 31 12 15 5
大 阪 88 13 32 7 37 14 14 10 125 27 46 17
兵 庫 30 4 8 1 12 8 7 5 42 12 15 6
奈 良 7 3 2 1 3 2 2 2 10 5 4 3
和歌山 3   1   5 3 1 1 8 3 2 1
鳥 取 2 1 1 1     1 1 2 1 2 2
島 根 3 1     2 2     5 3    
岡 山 8 1 3 1 7   1   15 1 4 1
広 島 17 3 11 3 3 1 4 2 20 4 15 5
山 口 6 3 3 2 4 3 3 3 10 6 6 5
徳 島 4   2   4 2     8 2 2  
香 川 1   4       1 1 1   5 1
愛 媛 8 1 2   3 3     11 4 2  
高 知 10 1 1   2 2 1 1 12 3 2 1
福 岡 22 4 10   10 8 5 3 32 12 15 3
佐 賀 1 1 1           1 1 1  
長 崎 13 5 6   4 3 2 2 17 8 8 2
熊 本 15 6 4 1 4 3 2 1 19 9 6 2
大 分 6 2 4 2 1 1 2 2 7 3 6 4
宮 崎 6 1 2 2 2 2     8 3 2 2
鹿児島 9 3 2   1       10 3 2  
沖 縄 10 2 2   2 1 1 1 12 3 3 1
合 計 642 141 263 54 289 177 129 88 931 318 392 142

表1−6 脳・心臓疾患で「長期間の過重業務」により支給決定された事案
(1か月平均の時間外労働時間数別)

(件)

年度

区分

平成19年度  
うち死亡
45時間未満 0 0
45時間以上〜60時間未満 0 0
60時間以上〜80時間未満 28 16
80時間以上〜100時間未満 135 54
100時間以上〜120時間未満 91 25
120時間以上〜140時間未満 39 12
140時間以上〜160時間未満 34 15
160時間以上 35 7
合計 362 129
(参考)支給決定件数 392 142

注 本表の合計件数と支給決定件数との差は、認定要件のうち、「異常な出来事」又は「短期間の過重業務」により支給決定された事案の件数である。

表2−1 精神障害等の労災補償状況

(件)

年度

区分

平成15年度 平成16年度 平成17年度 平成18年度 平成19年度
精神障害等 請求件数 447 524 656 819 952
決定件数 340 425 449 607 812
  うち支給決定件数
(認定率)
108
(31.8%)
130
(30.6%)
127
(28.3%)
205
(33.8%)
268
(33.0%)
う ち 自 殺
(未遂を含む。)
請求件数 122 121 147 176 164
決定件数 113 135 106 156 178
  うち支給決定件数
(認定率)
40
(35.4%)
45
(33.3%)
42
(39.6%)
66
(42.3%)
81
(45.5%)

注) 1 本表は、労働基準法施行規則別表第1の2第9号の「業務に起因することの明らかな疾病」に係る精神障害等について集計したものである。
2 決定件数は、当該年度に請求されたものに限るものではない。
3 支給決定件数は、決定件数のうち業務上として認定した件数である。
4 認定率は、支給決定件数を決定件数で除した数である。

図2−1 精神障害等に係る労災請求・決定件数の推移

図2−1 精神障害等に係る労災請求・決定件数の推移

表2−2 精神障害等の業種別請求及び支給決定件数一覧

(件)

年度

業種

平成18年度 平成19年度
請求件数 支給決定件数 請求件数 支給決定件数
農業・林業・漁業・鉱業 3 2 5 0
製     造     業 146 38 175 59
建     設     業 59 19 82 33
運     輸     業 68 20 82 24
卸売 ・  小売業 145 20 143 41
金融 ・ 保険業 37 5 41 13
教育、学習支援業 23 7 25 8
医療、福祉 92 27 121 26
情報通信業 28 13 55 11
飲食店、宿泊業 21 10 29 6
その他の事業(上記以外の事業) 197 44 194 47
合計 819 205 952 268

注 1 業種については、「日本標準産業分類」により分類している。
2 「その他の事業(上記以外の事業)」に分類されているのは、不動産業、他に分類されないサービス業などである。

図2−2 業種別構成比

図2−2 業種別構成比

表2−3 精神障害等の職種別請求及び支給決定件数一覧

(件)

年度

職種

平成18年度 平成19年度
請求件数 支給決定件数 請求件数 支給決定件数
専門的・技術的職業従事者 199 60 243 75
管理的職業従事者 54 24 58 18
事務従事者 190 34 210 53
販売従事者 88 14 85 29
サービス職業従事者 76 17 82 10
運輸・通信従事者 61 16 68 22
生産工程・労務作業者 136 33 191 60
その他の職種(上記以外の職種) 15 7 15 1
合計 819 205 952 268

注 1 職種については、「日本標準職業分類」により分類している。
2 「その他の職種(上記以外の職種)」に分類されているのは、保安職業従事者、農林漁業作業者などである。

図2−3 職種別構成比

図2−3 職種別構成比

表2−4 精神障害等の年齢別請求及び支給決定件数一覧

(件)

年度

年齢

平成18年度 平成19年度
請求件数 支給決定件数 請求件数 支給決定件数
  うち自殺
(未遂を含む。)
  うち自殺
(未遂を含む。)
  うち自殺
(未遂を含む。)
  うち自殺
(未遂を含む。)
19歳以下 5 2 1 0 8 1 1 0
20〜29歳 191 35 38 8 203 23 66 15
30〜39歳 283 41 83 19 340 41 100 21
40〜49歳 183 47 36 12 225 41 61 22
50〜59歳 132 42 33 21 145 46 31 19
60歳以上 25 9 14 6 31 12 9 4
合計 819 176 205 66 952 164 268 81

図2−4 年齢別構成比

図2−4 年齢別構成比

表2−5 精神障害等の労災補償状況(都道府県別)

平成19年度
  精神障害等 療養中の精神障害等 合計
請求件数 支給決定件数 請求件数 支給決定件数 請求件数 支給決定件数
  うち自殺   うち自殺   うち自殺   うち自殺   うち自殺   うち自殺
北海道 49 6 10 5 2       51 6 10 5
青 森 2               2      
岩 手 3 1 3 1         3 1 3 1
宮 城 16 2 4   2   2   18 2 6  
秋 田 7 4 2 1         7 4 2 1
山 形 9 1 4 2         9 1 4 2
福 島 13 2 4 1         13 2 4 1
茨 城 20 3 2           20 3 2  
栃 木 5 3 5 5         5 3 5 5
群 馬 10 5 5 2 1       11 5 5 2
埼 玉 18 4 12 5         18 4 12 5
千 葉 32 4 10 4         32 4 10 4
東 京 177 27 50 13         177 27 50 13
神奈川 74 14 26 6         74 14 26 6
新 潟 20 7 1           20 7 1  
富 山 9 3             9 3    
石 川 9 4 3 1         9 4 3 1
福 井 4 2 5   1       5 2 5  
山 梨 9 4 1           9 4 1  
長 野 7   2 1         7   2 1
岐 阜 9   4 1         9   4 1
静 岡 8 2 4 2         8 2 4 2
愛 知 46 10 6 3         46 10 6 3
三 重 13 5             13 5    
滋 賀 12 1 7 3 2   1   14 1 8 3
京 都 37 3 12 3         37 3 12 3
大 阪 107 13 23 7 2 1     109 14 23 7
兵 庫 39 3 9 2 2 1 2 1 41 4 11 3
奈 良 4 1 2   1       5 1 2  
和歌山 6               6      
鳥 取                        
島 根 2               2      
岡 山 13 1 1   3 1 1   16 2 2  
広 島 15 6 2 2 1       16 6 2 2
山 口 7 1 4           7 1 4  
徳 島 3               3      
香 川 3 1 4 2         3 1 4 2
愛 媛 11 2     3 1 1   14 3 1  
高 知 7 1             7 1    
福 岡 34 4 10 5         34 4 10 5
佐 賀 5   3           5   3  
長 崎 9 3 2           9 3 2  
熊 本 19 2 9 2         19 2 9 2
大 分 6 3 2           6 3 2  
宮 崎 10   4           10   4  
鹿児島 7 1 1   1       8 1 1  
沖 縄 6 1 3 1         6 1 3 1
合 計 931 160 261 80 21 4 7 1 952 164 268 81

表2−6 精神障害等で支給決定された事案
(1か月平均の時間外労働時間数別)

(件)

年度

区分

平成19年度  
うち自殺
(未遂を含む。)
20時間未満 72 5
20時間以上〜40時間未満 20 7
40時間以上〜60時間未満 11 8
60時間以上〜80時間未満 17 9
80時間以上〜100時間未満 27 11
100時間以上〜120時間未満 39 20
120時間以上〜140時間未満 17 4
140時間以上〜160時間未満 12 4
160時間以上 16 9
合計 231 77
(参考)支給決定件数 268 81

注 本表の合計件数と支給決定件数との差は、PTSD又は出来事による心理的負荷の程度が特に過重な場合など、労働時間の長さをみるまでもなく支給決定された事案等の件数である。


トップへ




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで