責任を居直る第三者委員会報告


「心神喪失等医療観察法」患者の自殺  
佐賀県の肥前精神医療センターの「心神喪失等医療観察法」専門病棟収容患者の自殺事件について、第三者委員会の報告要旨が公開されました。

昨年12月14日に外出訓練中に逃走し、横浜の元の自宅近くで鉄道自殺した事件です。発作的な自殺ではなく絶望の果てに死を選択したと思われました。そのために病院の責任が問題となっていたのですが、第三者評価委員会が設けられていました。5月1日に厚生労働省に報告され、5月16日にその報告書の要旨が公開されました。厚生労働省は報告書の公開の約束を次々と破り、第三者委員会の報告の全文を公開するという約束をも破ってきました。いまのところ全文は5月末か6月始めに公開すると言っています。


報告要旨  
報告要旨は一言で言えば法と制度を守るために人権侵害を居直るものです。

報告書の柱は以下のようなものです。「治療経過では、鑑定入院中の緊張し、警戒的、猜疑的、孤立的、拒絶的であった状態から、肥前精神医療センターでは次第に警戒的、猜疑的な気持ちは薄らぎ、精神症状を語り始め、主治医そして他の治療者達と本人との間に良好な治療関係が成立しかけてきた。治療者達との間には良好な治療関係が成立しているとしか考えられない状態であった。そして事後的に振り返ってみても、院外外出直前までに何らの精神状態の悪化を疑わせるような様子や態度はまったく観察されなかった。」

医者たちは自殺の兆候を何一つつかめなかったと言いますが、信頼関係があったら患者からの働きかけや態度があったはずです。死にたいと言う思いを医療者には語らなかった事実をもって「良好な関係があった」とは一体何ということを言っているのでしょうか

さらに、「院外外出の医学的判断については、病状は明らかに改善しつつあり、良好な治療関係が成立しているとしか考えられない状態であり、また3回の院内外出においても離院の素振りもまったくなく、また院外外出直前まで病棟生活における態度にまったく変化が認められなかったことなどから、無断退去や自殺を予見することは不可能であり、院外外出をさせて経過を観察するという医学的判断は妥当であったと考えられる。院外外出の手続きにおける誤りも認められない。」と対応は正しかったと言っているのです。

患者が自殺し、それを第三者的に評価するときに『良好な治療関係が成立していたのだから仕方ない』と言える厚顔無恥さは一体どこから来るのでしょうか。毎週の治療方針を事細かに定めている「治療評価項目」では『罪をつぐなう意識をどう生み出すかが一切だ』となっています。医療者と患者との信頼関係を築くという発想さえないのです。患者が落ち着いた時にあらためて事件に直面して感じる絶望感は「治療関係」の中には汲み上げられないのです。患者が重隔離された環境に絶望し、医者に何をいってもムダだと諦めて逆らわなくなれば、良好な関係だと言われるかもしれないのです。患者が外に出ることが出来ないと絶望し、「こういうものだ」と諦めた態度を示したときにそれを医療を受け入れたと判断してしまったかもしれないのです。医療者たちは患者を一人の主体的存在とは考えていないのです。「犯罪をした精神障害者は人間ではない」という考え方ではないでしょうか。

それはただ単に主治医の考えなのではなく、医療観察法のもつ本質的問題なのです。


結論は責任なし  
「最後に不幸な結果となったことについてご遺族に深い哀悼の意を表したい。そして今後同様の事案の発生は防がなければならないことは言うまでもない。同時に、事故を畏れる余に入院患者の自由度を極端に制限することになれば、結果的に社会復帰を遅らせ医療観察法の趣旨に反することになる。そのような方向に流れないことを切に希望するものである。」

家族に対する言葉はあるが、亡くなった本人に対する謝罪言葉はないのです。医療者たちが亡くなった人に対してちゃんと向き合っていないのです。

実践的結論はどうなったのでしょうか。外出時に患者にGPS位置測定機能付き携帯電話を持たせるというのです。よりいっそうの人権侵害、管理強化が結論なのです。より奴隷的状態に置くものです。


法と制度の問題だ  
これは肥前病院だけの問題ではありません。『評価項目』にあらわれた法と制度の問題なのです。今後も同様の事件があっても誰も責任を問われないのです。このような人権否定をもたらす「医療観察法」を廃止する以外に解決はありません。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで