肥前病院の自殺事件報告書について



醜悪なかばい合い
 
肥前病院の自殺事件について、第三者委員会の報告要旨が公開された。一言で言えば医療者同士の醜悪なかばい合いということです。

「治療者達との間には良好な治療関係が成立しているとしか考えられない状態であった。そして事後的に振り返ってみても、院外外出直前までに何らの精神状態の悪化を疑わせるような様子や態度はまったく観察されなかった。」

要するに無能な医者どもは自殺の兆候を何一つつかめなかったが、それは治療者の責任ではないということを言いたいのだ。

さらに「無断退去や自殺を予見することは不可能であ」ったとしその根拠を次のように挙げている。「病状は明らかに改善しつつあり、良好な治療関係が成立しているとしか考えられない状態であり、また3回の院内外出においても離院の素振りもまったくなく。病棟生活における態度にまったく変化が認められなかったことなどから」だというのだ。「病状の改善」しか読み取ることができない医療者の思いやりのなさ。「良好な治療関係が成立し」ていたのだからと強弁し、自殺するのは自己責任といいたいのだ。

自分の患者が自殺したときに、そしてそれを第三者的に批判するときに、「治療関係が成立していたのだから仕方ない」と言える厚顔無恥さは一体どこから来るのか。患者を一人の人間としてみるのではなく、「犯罪をしたから矯正する対象」でしかないのだ。一人の人間として顔を持った存在としてではなく、「再犯可能性のあるものだから、その可能性を取り除く」ことしか考えに入っていないのだ。たんてきに言えば犯罪者に人権なしとしてしか見ていないのだ。評価項目の中に現れた医療者と患者という関係性をどう築くかは一切なく、罪の意識をどう生み出すかが一切であるという「治療」とは何なのかが問われないといけないのに、その入り口にも立ってはいない。施す「治療」は罪の意識を持たせることであり、それが「良好に」行なわれていたとは、患者に罪の意識を植え込むことができていたということでしかない。治療に抵抗しないとは主従関係を認めたということでしかない。患者が事件に直面し感じる絶望性などは「治療関係」の中には汲み上げられないのだ。患者が医療に絶望したから「逆らわなくなった」としても、それは「良好な治療関係」なのだということになる。

保安病棟での「治療」が通常の医療関係におけるそれとは全く違うものであるということが前提なのだ。

申し訳程度に「最後に不幸な結果となったことについてご遺族に深い哀悼の意を表したい」と言うが、本人に対する謝罪はなく、その次には「そして今後同様の事案の発生は防がなければならないことは言うまでもない」として、実際には外出患者にGPS位置測定機能付き携帯電話を持たせるというのが結論なのだ。

患者の人権という発想と一切なく、患者を人間として対象化することもなく、医療者に従属する対象物でしかないのだ。「いかに反省させるか」がすべてであり、治療関係とは主従の関係性として把握されている。患者を一人の人間として見てはいないということが短い報告の中に透けて見えるのだ。

僕らはこのような報告自体が人権侵害であると言わねばならず、報告書本体の開示の中から少しでも真実に近づく努力をせねばならない。


第三者委員会報告書本文  
肥前精神医凍センター

第2回第三者評価会議が平成20年4月23日に開催され、外部評価委員の 検証結果に基づく意見書が平成20年5月1日付で提出されました。

以下にその要旨を示します。

医療観察法病棟事案にかかる外部評価委員意見書(要旨)

「治療経過では、鑑定入院中の緊張し、警戒的、猜疑的、孤立的、拒絶的であった状態から、肥前精神医療センターでは次第に警戒的、猜疑的な気持ちは薄らぎ、精神症状を語り始め、主治医そして他の治療者達と本人との間に良好な治療関係が成立しかけてきた。そして3回の院内外出が実施され、幻聴、被害妄想、注察妄想、替玉妄想は消失し、スパイに関する新たな妄想は生じなくなっていた。しかし過去のスパイに関する妄想が病的なものであったという認識はまだ十分には獲得できていないという状態であった。再発の不安などを抱いていたとはいえ、治療者達との間には良好な治療関係が成立しているとしか考えられない状態であった。そして事後的に振り返ってみても、院外外出直前までに何らの精神状態の悪化を疑わせるような様子や態度はまったく観察されなかった。」

「院外外出の医学的判断については、病状は明らかに改善しつつあり、良好な治療関係が成立しているとしか考えられない状態であり、また3回の院内外出においても離院の素振りもまったくなく、また院外外出直前まで病棟生活における態度にまったく変化が認められなかったことなどから、無断退去や自殺を予見することは不可能であり、院外外出をさせて経過を観察するという医学的判断は妥当であったと考えられる。院外外出の手続きにおける誤りも認められない。」

「院外外出時の医学的管理については、当時の安全管理マニュアルに基づいて行われた。看護師2人の付き添いのあり方に関しては、観察の程度は看護師の判断や裁量が認められるべきであり過失とは言えないという意見と、付き添いの方法に若干の問題があったという意見があった。しかし事案の院外外出時の安全管理マニュアルは密着した付き添いと少し離れの所在確認のいずれも含んだものであり、良好な治療経過のなかでの院外外出であり、また直前まで無断退去の素振りはまったく見られなかったことから、付き添った看護師2人が無断退去を予見することは著しく困難であったと考えざるを得ない。従って看護師2人の過失であるとまでは言えない。無断退去の直後の対応には、ほぼ問題がなかったと考えられる。またその後、安全管理マニュアルの改訂により、外出の付き添いレベルや院外連絡体制をより細かく明文化したことは評価できる。」

「最後に不幸な結果となったことについてご遺族に深い哀悼の意を表したい。そして今後同様の事案の発生は防がなければならないことは言うまでもない。同時に、事故を畏れる余に入院患者の自由度を極端に制限することになれば、結果的に社会復帰を遅らせ医療観察法の趣旨に反することになる。そのような方向に流れないことを切に希望するものである。」





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234