医療観察法批判の一視点
(一患者の立場から)



社会防衛のための「医療」  
医療観察法が本人の利益のための医療ではなく、社会防衛のための「医療ならざる医療」であること。この法の言う「社会復帰」の目的は本人の利益に反した社会防衛であること。そのことはこの法が保安処分そのものであることを示している。社会防衛のための医療というのは医療本来の目的から外れる行為です。

一般市民の報復感情、応報感情を満足させるという目的に医療が使われるという倒錯が根本にある。「犯罪をした精神障害者」への「野放し」論キャンペーンに応じるものとして医療観察法が制定されたということです。「刑法で罰せないなら精神病院に厳重に隔離しろ」という「世論」に応えるものとして法が作られたという経過を忘れることは出来ない。

法制定の目的としての保安処分と建前上は保安処分ではないとしたことの矛盾を医療が背負わされている。本音は「予防拘禁」と「不定期刑」なのだが形式は「医療」という矛盾を医療の側が引き受けてしまった。あるいは強いられた。「再犯予測」は不可能であると認めながら、「再犯をしないで(再び同様の行為をすることなく)社会に復帰する」ことを法の目的とする矛盾性。「社会復帰」ではなく、「再犯予防」が法の第一の目的であることの表現としては、「『再犯しない』ことが本人の利益である」という理屈になっている。しかし、「再犯予測は出来ない」なかで「再犯しない」ことがどう証明されるのか。それが患者に対しては「建前」としての「患者のための医療」ではなく、本音である「社会防衛のための『医療ならざる医療』」が現れる。それが端的に現れているのが、専門病棟での「評価項目」の問題です。「社会防衛が本人のためである」という転倒した理論を『医療』的に表現したものがこれです。


評価項目の問題点  
医療観察法病棟では「犯した事件への反省」を第一に要求されます。一週間ごとに医師によって記入される「評価項目」が問題です。国立精神・神経センターがインターネット上に「評価項目」とその記入の仕方をかなり詳細に公開しています。詳細についてはインターネット上で検索できます(「入院時の各種シートの作成例」)。専門病棟では、毎週患者を「評価する」レポートが作成されます。このレポートにもとづいて、院内散歩や外出が認められたりして退院に向かう重要な位置を持つものです。

評価項目には点数がつけられます。その中身は

『精神医学的要素』(精神病症状、非精神病性症状、自殺企図)、

『個人心理的要素』(内省・洞察、生活能力、衝動コントロール)、

『対人関係要素』(共感性、非社会性、対人暴力)、

『環境的要素』(個人的支援、コミュニティ要因、ストレス、物質乱用、現実的計画)、

『治療的要素』(コンプライアンス、治療効果、治療・ケアの継続性)、

以上に点数がつけられ『合計得点』が書き込まれます。

それに『一週間の総合評価と効果』『今後の目標と治療方針』が加えられます。

国立精神・神経センターはその記入の見本を示しています。

このレポートによれば事件をどう反省しているかが問題であり、ギリギリと反省に向けて締め上げられていることが窺(うかが)えます。これでは医療によって絶望に追い込まれることが危惧されますが、それを評価する項目は見当たりません。


「医療」が絶望に追いやる  
事件を起こした「精神障害者」は開き直るのでなければ、起こした事件に対して悲観的感情を持つのではないかと思います。ある種の絶望感です。これに対して医療者が見守り支える関わりをしないでただ反省のみを求めるのであれば、より大きな絶望に追い込まれてしまいます。医療が絶望を拡大していくのです。「評価項目」にはその医療のもたらす絶望を汲み取る項目が存在しません。実際に、それがために死ぬしかないというまでに追いつめられたのが肥前の事件ではないか。

ここにはうたい文句である「社会復帰のための医療」というのが本人を支えていくのではなく、ただひたすらに事件への後悔の念を強化し、事件への反省を求める姿が現れています。「社会復帰」という本人の利益のためではなく、あくまで「社会防衛が本人の利益である」という屁理屈に基づいているのです。目的は社会防衛です。

この法が「保安処分ではない」などというのは全くのペテンであることは明らかです。


新・保安処分法  
新自由主義潮流が医療観察法では満足できずに、刑期満了者などを対象とした「新・保安処分法を作るべき」と、『保安処分で何が悪い』と居直っていることにどう対抗するか?という問題がある。これはあくまで人間尊重を訴えて、新自由主義と対決するしかないのではないか。(この項未完)





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234