ともに生きる2を読んで下さい


07.9.30集会報告集  
昨年、9月30日に私たち怒りネット関西が呼びかけ、集会実行委が開催した「障害者と労働者の力で『障害者自立支援法』の撤廃を求める集い」の報告集(『ともに生きる2』)ができました。

集会タイトルのとおり、障害者と労働者の多数の発言を収録してあります。ぜひご購読ください。この中に、勝利に向けてのヒントがあると思います。この報告集を、ぜひとも障害者、労働者の中に広げてください。集いに参加された方も、ぜひもう一度報告集を読んで勝利の道を読み取ってください。そして、「自立支援法撤廃」の力とするために、さらに周りの労働者と障害者に勧めてください。


障害者と労働者の団結の力で  
「障害者自立支援法」という、障害者から必要な介助を奪う法律が施行されてから、二年になろうとしています。かたや、介助・福祉労働者は、極めて低賃金の下に置かれています。「障害者自立支援法」は、生きていくための支援であるからそれまで無料で行なわれていた介助を一割負担とし、15000円から37200円以上を徴収するものです。しかも低額の障害年金の中で月収66000円しかない人からも徴収するのです。

さらに「ワーキングプアより収入が多い」ということを口実にして、生活保護費の削減の動きがあります。また、政府は「都市部の生活保護費は高い」という何の根拠もない理由で、2009年度から生活保護費を削減しようとしています。争うべきは底辺労働者と障害者ではありません。私たちは労働者の賃上げと非正規雇用労働者の正規雇用化などのワーキングプアの労働者が生きていける賃金を要求すると共に、生活保護受給者や障害者が真の意味で健康で文化的で幸福な生活が出来るだけの所得保障を求めるものです。

底辺の労働者と障害者はともに生きるべき存在であるということを指し示したのが昨年の9・30の集いでした。お互いに争い反目しあうのではなく、ともに共通の相手に向けて要求していくととらえたときに、「ともに生きる」という真の意味が明らかになります。障害者と労働者が力をあわせるため、ぜひこのパンフレットを読み、広めていってください。


お申し込み方法  
・一部400円(送料は当方で負担いたします)

・お申し込み先ご送金方法:郵便振替にてお願いいたします。

   郵便振替 口座番号 00960−1−140519

   加入者名 共生舎







バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで