「心神喪失等医療観察法」で
初めての犠牲者について


絶望の果ての「自殺」に追いやったのは誰だ  
施行されて2年になる「心神喪失等医療観察法」による初めての犠牲者が出ました。「自殺」といいますが元自宅のあった近くに戻って鉄道自殺をしたのです。衝動的な自殺ではなく、絶望の果てに死に追いやられたと思われます。殺したのは医者であり、また厚生労働省らの推進派です。

この事件を病院当局は事実確認することも拒否しています。許しがたいことです。厚生労働省は事実を認めていますが、事件の詳細を公表することを拒否しています。また、病院では外部の人間を入れた専門委員会を設けて調査すると言っていますが、その陣容は法の賛成派のみで構成されているとみられ、なんらの客観性もない翼賛報告になることは明らかです。

今年間3万人を越える「自殺」者が出ているし、精神病院での「自殺」というのもそう珍しいことではありません。しかし、私はこの犠牲者に拘りたいと考えています。それは法の成立・施行に反対しながら成立を許してしまった私たちの責任があるということが一つの理由です。そればかりではなく、この犠牲者が「医療観察法」の正体を暴露し糾弾するものであり、さらに300人余のこの法による収容者が置かれているあまりにも絶望的な状況を示していると思えるからです。


「医療観察法」は保安処分ではないと強弁する推進派  
厚生労働省や推進派は「『医療観察法』は保安処分ではない」と強弁してきました。「社会復帰を目的とした本人のための濃密な医療を施している」から人権侵害ではないというのが彼らの理屈です。しかし、「本人の利益になる医療」を施していてなぜ絶望の果ての「自殺」が生じるというのでしょうか。この犠牲者こそが「医療観察法」がまぎれもない保安処分であることを示す糾弾者です。「医療観察法」が「予防拘禁と不定期刑」を処する保安処分以外ではないこと、そこで行われている「医療」なるものが「医療」に名を借りて患者を絶望に追いやる行為でしかないことを糾弾しているのです。


「治外法権」の施設  
保安病棟はグアンタナモのムスリムの収容所同様の法外施設なのです。刑務所も精神病院もいっさいの人権が保障されていない日本で、その両方の法さえ及ばない「治外法権」となっています。不当な拘束具(体を縛り付ける道具)の使用や保護室という隔離部屋の使用が繰り返し行なわれています。また外部との連絡は拒否されています。患者会が接近することも出来ません。まったく、保安処分推進派医師による人体実験の場となっているのです。

私は、この犠牲者が生きているうちに繋がれなかったことが残念でなりません。そうすれば最悪の事態は防げたかもしれないからです。そして、この犠牲の真相の究明こそが保安病棟の現実を明らかにするものであると考えています。今なお収容されている300人余の患者に対して人権を保障する道です。厚生労働省が立ちはだかっていて、問題は簡単ではありません。厚労省は病院防衛の盾になることを選択しています。しかし、多くの人たちを結集し、その人たちの力で真相を究明していきたいと思います。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで