肥前事件の事実公開を逃げる厚労省


病院の報告書を秘匿  
今年の1月7日の週には、肥前病院の報告書が厚生労働省に届いている。もし仮に厚生労働省が真相を究明する立場なら直ちに公開すべきものです。国会議員が請求しているにもかかわらず、なかなか提出しないという議会制民主主義にも反したことをしています。プライバシーにかかわるところを隠すというのはいいが、プライバシーを盾にして全体を公開しないというのは明らかに不当です。


絶望に追いやったのは誰だ  
厚生労働省や推進派は、「医療観察法は保安処分ではない」とペテンを弄してきた。「社会復帰させるために高度の医療を施すのだから本人の利益になることだ」と言ってきた。しかし実際にやっていたことは、患者を絶望においやり、死を決意させるという行為だったのです。厚生労働省と病院は全事態を公開し、批判を受けなければなりません。批判を恐れて事実を秘匿するという今の行為は断じて許せません。患者を絶望のふちに追いやる継続した行為があったから自殺と言う最大の悲劇があったと推測されます。厚生労働省のするべきことは、全事実を公開して医療観察法全体に対する批判を組織することです。批判を恐れて事実を秘匿するというのは最低の行為です。再び三度、自殺という事態を繰り返すのかどうかが問われているのです。


「医療観察法」は保安処分だ  
事実の示すことは医療観察法が保安処分だということです。事細かに決められた評価基準そのものが、犯罪を繰り返さないということに絞られていて、患者の病気を改善するということとは反した基準になっているのではないか。犯した犯罪への反省が強要され、心神喪失・心神耗弱をもたらした病気の改善ということとは違うことをしているのではないのか。患者を人質に取り、解放されたければ医師の気に入られるようにしろという「人質医療」が行なわれているのではないのか。


厚労省は事実を公表しろ  
何を論ずるにせよ、病院の報告書を公開することが第一歩です。自殺の原因を「精神障害者」や精神科医に公開することが始まりです。厚労省が事実を秘匿して嵐の過ぎ去るのを待っているのであれば、思い違いです。事実が秘匿されればそれだけ医療観察法への不信は広がり、真相究明の要求は高まるのです。

なぜなら現状が続くことは患者が絶望の中に置かれ、自殺に追い込まれる人が出てくる可能性が強いからです。自殺にいたらなくとも絶望の中に多くの患者が置かれているなら許しがたいことです。

患者の自殺は医療の敗北です。その人が死をもって糾弾した病院の実態があるのです。これ以上の秘匿は許せません。直ちに報告書を公開すべきです。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで