肥前病院の自殺事件を糾弾する


保安処分とは  
2003年7月10日成立した法律です。2005年に施行されました。法律の名前は「心神喪失等医療観察法」といいます。

2007年10月15日の時点で14病院に指定入院機関の専門病棟が完成し354床になります。4ヵ所が建設中です。指定通院機関は260ヵ所になります。鑑定入院機関は236ヶ所です。本格的に推進されている割には建設されたところが少ないのは、私たちの反対と地元住民が反対しているからです。

この法は、2001年6月8日におきた池田小事件を契機に法作成が進みました。当時の小泉首相の主導したものです。近代刑法は犯した罪に相当する罰を加えるというものです。前近代では王や領主などの支配者の思うように罰していました。近代では、刑法という法律にどのような罪に対してはどのような罰を加えるかを決めてあるのです。これに対して保安処分は将来罪を犯すかもしれないからいま隔離収容するというものです。予防拘禁と不定期刑、と呼ばれます。


マスコミが流布する説に反論する  
マスコミでは「精神障害者」の事件がことさらセンセーショナルに取り上げられます。それは実態を反映しているのでしょうか。

「精神障害者」の再犯率と一般の再犯率の比較を見てみます。

精神障害者が逮捕者全体に占める率は0.67%、人口に占める「精神障害者の率は1.67%です。また。「精神障害者」のうちの犯罪をした者の比率は0.09%。一般人の犯罪を犯した者の比率は0.25%と、あきらかに犯罪率は「精神障害者」の方が低いのです。

それでは再犯率はどうでしょうか。一度犯罪をした人の再犯率は「精神障害者」で21.9%、一般で45%です。殺人では「精神障害者」の再犯率は6.8%、一般の人の再犯率は28.0%です。放火では「精神障害者」の再犯率は.9.4%、一般は34.6%です。これも明らかに精神障害者のほうが再犯率は低いのです。

マスコミ報道の多さと事件の数は対比していないと言えます。最近増えてきているかのように言われている少年犯罪の場合では、むしろ報道の多さと犯罪の多さは逆比例しています。少年の殺人事件は1946年から50年には1532件、51年から55年で1980件、71年から75年で606件、76年から79年で345件です。これに比して報道された件数の比率はそれぞれ、24件(1.56%)、35件(1.76%)、33件(5.44%)、33件(9.56%)です。( )内は報道された比率です。事件が減っている割に報道されている率が5倍に増えています。


事件を起こしても自由放免か  
事件を起こしても「精神障害者」は自由放免になっているというキャンペーンがなされました。これは本当でしょうか。実際には事件を起こして簡易鑑定で「精神障害」ゆえに不起訴となった人の大多数は強制入院となっていて「犯罪者が野放しに」なっているわけではなかったのです。

1986年から90年までの統計で、起訴以前の鑑定(簡易鑑定)になった人は、殺人事件の7300人の容疑者中約800人。簡易鑑定で「精神障害者」とされ不起訴となった人が約690人。110人は責任能力ありとされました。『容疑者』ということであり残りの全員が起訴されたわけではありません。

不起訴の内約540人が措置入院、約120人がその他の入院となっています。ほとんどの人が強制入院となっており、自由放免となっているわけではないのです。

不起訴の内には、アルコール中毒、覚せい剤などの薬物中毒が含まれています。これらは本来は強制入院の対象とならないのですが、実際には強制入院になっている人が多くいます。

保安処分以前の制度が、医療の必要な人は刑事罰を加えない、ということであり、自由放免を前程としていないのです。


肥前病院の自殺事件を糾弾する  
医療観察法の制定過程で当時の厚生労働大臣坂口力は「イギリスの医学教科書に精神障害者の再犯予測は可能と書いてある」と国会で発言しました。

実際にはその教科書には「再犯予測はきわめて困難」と書いてあったことから、「再犯予測」を理由とした法律に出来なくなりました。そこで「再び同様の行為をすることなく社会に復帰させる」と日本語としてもおかしな条文となったのです。「社会復帰」と「本人の利益のための医療である」というペテンを弄して保安処分ではないと言い逃れたのです。

そのなかで肥前精神医療センターの収容者がの自殺するという事件が起きました。2007年12月14日のことです。精神病院での自殺は珍しくはないが、保安施設ではじめての自殺です。「社会復帰と本人のため」の医療でなぜ自殺者が出るのでしょうか。真相を究明し、保安処分のペテンを究明しないといけません。病院や厚生労働省の調査では翼賛報告になるのは明らかです。保安処分反対派の医師を調査のための専門委員会にいれる必要があります。


「人間的」環境ではない  
肥前病院といえば「暴力マニュアル」を作った所です。「暴力マニュアル」というのはおとなしく言うことを聞かない患者を暴力的に組み敷くというものです。患者を支配と管理の対象と見ているということです。

政府が先頭に立って「精神障害者」は危険だと扇動しているのが保安処分です。これは「人質医療」と言うべきものです。「解放されたければ逆らわずに医者の言うことを聞け」ということだからです。まるで患者が人質にされているような状況です。医者の言うことをなんでも素直に聞くのが良い患者とされます。一方で治療方針に疑問をもつ者の退院はことさら遠のくことになります。治療を試してフィードバックさせて改善していくという医療本来のあり方は存在しないのです。医者と患者の信頼関係も成立しません。そこにあるのは主従関係関係だけです。

普通の精神医療でもそうだという意見がありえます。しかしそれは措置入院などが保安処分として使われているということを意味するだけです。

医療を患者の手に取り戻すことは保安処分廃絶によってこそ実現できるのです。

総じて、「精神障害者」の一人の人間としての権利を勝ち取ることです。

生存権、労働権、人権を奪われている「精神障害者」が一人の人間であると声をあげることです。その下に精神科医を始め、多くの労働者民衆を獲得していきましょう。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234