肥前病院の保安病棟で自殺者


闇から闇へ葬らせてはならない  
「心神喪失等医療観察法」によってとうとう死者がでました。国立病院機構肥前精神医療センター(九州)で、保安病棟(医療観察法病棟)収容患者が自殺したという連絡が有志連絡会に入りました。以下、『』内が社民党阿部国会議員事務所の秘書の方に厚労省から調べていただいたことです。

『14日、外出訓練(職員2名がついて)に出てレンタルビデオ店に入り、目を離したスキに店を出た。11時過ぎ。すぐに追いかけたが不明となった。11時40分に店の前で集合ということになっていたので、1人は店に残りもう一人が付近を探す。警察に連絡。 夕方、自殺者が出た(鉄道飛び込み)が、その時点では本人確認できず。17日に指紋照合し本人確認。男性。年齢、病名、裁判所名、原因となった事件はプライバシーの関係で言えない。罪名も言えないが殺人ではない。

8月に入院、これまでチームを組んで会議を行い、治療してきた。院内散歩を3回した。入院3ヶ月は急性期ということで外出はしないが、3ヶ月過ぎると回復期ということで、治療効果が上がっていれば外出することになる。その人もこの治療方針に沿って12月14日に初めて外出した。

病院の説明では、これまで自殺を伺わせるものはなかった、としている。20日に、本省と九州厚生局の担当者が病院を訪れ、指示をした。その内容は、病院は医学的判断等の検証について年明け早々に本省に報告をする。その後、病院は外部の専門家を加えた委員会を立ち上げ、検証を行い報告を行う。

地元には地元連絡会に報告を行った。

病院の報告が出た段階で、再度説明をしてもらうことになっています。その時にはさらに報告できると思います。検証することを決めたこと自体は評価できますが、外部の専門家がどういう人なのかにもよるし、「報告」といっても「問題なし」という内容かもしれないし、肝心なことは「プライバシー」で話さないかもしれません。問題は少なくないように思います。』以上。


厚生労働省に抗議の申し入れを  
自殺をするというのはよっぽどのことがあったのでしょう。厚生労働省は今まで、「医療観察法では『精神障害者』に再び犯罪をしないように社会復帰していただくための手厚い医療をする」と説明してきました。「手厚い医療」「本人のための医療」といううたい文句からは、今回の自殺は説明できません。実際に行なわれていたのは「死にまで追いつめる医療」です。これが「医療」と言えるのでしょうか。「医療観察法」は患者を人質にとり、「解放されたければ言うことを聞け」と強制するもので、「人質医療」とでも呼ぶべきものです。普通の医療が医師と患者の相互の関係性によって成り立つと考えられているのとは全く相反するものです。医療観察法病棟の関係性の中では、医師と患者の信頼関係も成立しなければ、治療法を試しながら改善していくフィードバックもない、一方的な処遇のみがあると疑われます。しかも、実際にこの病棟で何が行なわれているかは、外部の者には一切明らかにされていないのです。普通の医療をしているのならば何も隠す必要はないはずです。その密室性、暗黒性に疑いをもつのは当然です。

肥前病院といえば、数年前に、入院患者がいうことを聞かないときに、職員が有無を言わさず組み敷き、制圧するという「暴力マニュアル」といわれるものを作成した当事者です。患者の「暴力マニュアルを是正してほしい」という要求に対しても病院は開き直りました。「患者に対する暴力」を正当化しているのですから今回のことと関係がないとは言えません。疑いは濃くなります。

一方で気をつけないといけないのは、病院や厚生労働省が今回の事態で逆の総括をして、「自傷他害の防止」と称した管理強化が行われる可能性が高いことです。いままでなら認められていたリハビリ外出をもやめてしまうかもしれません。管理強化が総括の結論であってはなりません。

また、病院の作る外部の人間を入れた専門委員会に、医療観察法の反対派の医師等を入れなければなりません。推進派・賛成派だけでは翼賛委員会となり、病院と厚生労働省にとって都合の良い結論が出ることが目に見えています。推進派の法案作成過程での非論理性と権力的な開き直りを想起するだけでも明らかです。保安病棟反対派の医師を入れてはじめて公正性、中立性が確保されるのです。

今のところ、名前をあげて厚労省に要求して良いというご了解を得ているのは、九州のくすのきクリニックの藤井洌(きよし)医師、東京の多摩あおば病院の中島直(なおし)医師です。また、より広範な人たちが検討に参加できるように、専門委員会に出される資料を精神科医に公開し、またその情報を可能な限り一般にも明らかにする公開性が必要です。

抗議・申し入れ先は、厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部精神保健福祉課医療観察法医療体制整備推進室 電話・代表03-5253-1111内線3097,3099 ファックス03-3593-2008(医療体制推進室直通です)


私の要求(ファックス送付用見本)  
厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部精神保健福祉課医療観察法医療体制整備推進室 殿

ファックス番号 03―3593―2008



私は、肥前精神医療センターの心神喪失等医療観察法専門病棟の患者の自殺事件の真相究明を求めます。病棟内での処遇の全実態を明らかにしてください。

この自殺事件を≪自傷他害を防止する≫という名目での管理強化に結びつけることは許されません。管理強化をしないことを求めます。

真相究明のために、大宰府のくすのきクリニック医師・藤井洌さん、多摩あおば病院医師・中島直さんを肥前病院の作る専門委員会に加えることを求めます。医療観察法賛成派、推進派だけでは翼賛委員会となり公明正大な結論はでません。反対派の医師を入れることによって始めて中立性が確保されます。

真相究明に加わりたいという意思を持つ精神科医に全情報を公開することを求めます。委員会に参加する医師が情報を公開する自由を持つことを要求します。また、その情報を差し障りのない範囲で一般に公開することを求めます。

ひとこと

名前

住所




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234