人質医療



大阪で5病床が稼動  
 9月に大阪精神医療センターで5病床の保安施設が完成し稼動し始めました。関西では奈良県の松籟荘病院で保安施設が建設中です。こちらの方は建築を請け負っていた業者が倒産するといううきめにあっています。完成予定は来年の7月です。5病床とはいえ、施設の稼動を許すことは出来ません。ここでも「病院地域連絡会」が作られて、地域住民を動員する態勢がとられています。「無断離院者」対策などのためです。この呼び方にはまったく賛成できませんが。


「人質医療」  
この「無断離院者」という存在そのものが「本人の意思に反しての収容」という事実を示しています。「本人の意思に反しての収容」「再犯予測にもとづく収容」(再び同様の行為云々というペテンをろうしているが)という事実こそは、医療が保安処分を目的として使われていることを証明しています。そもそも「本人の意思に反して」行われる医療というものが成立しないのです。「解放されたければ言うことを聞け」という脅迫によってのみ成立している医療が果たして医療と言えるのか。「人質医療」とでも呼ぶべきものです。「患者」を人質にとって、「解放」とひきかえに「医療」を強制するわけです。

この場合、今までの措置や医療保護入院と同じことではないかという反論があります。しかし、それは措置等の入院が「人質医療」であったことを主張しているにすぎません。私たちは「措置入院は保安処分である」と主張してきましたが、それを逆の立場から主張しているだけなのです。

司法の場でも「人質司法」とよばれているものがあります。容疑者とされた人を長期間拘置所・留置所に隔離収容し、「釈放されたければ罪を認めろ」と迫るものです。これが冤罪の温床となっていることが問題視されています。

司法医療の場合でも、「二度と再び罪を犯さない」と証明できるまで収容されるなかで、医者の言うことをおとなしく聞いているものが良い患者とされて、医者の治療方針に疑問をていする患者は釈放から遠のくのです。医者と患者の間の信頼関係の醸成とはまったく反したものです。これが医療と言えないことは誰の目にも明らかです。


地域自立生活への敵対  
しかも、国は、保安施設に収容されているのが「危険極まりない『精神障害者』だから特別措置が必要である」という説明をしています。それが地域住民に浸透しているから「危険な者が近くに来てもらっては困る」という反応になっているだけなのです。国が住民に対して「危険だ、危険だ」と扇動しているのです。これは、国家がいかに「『精神障害者』の地域自立生活」に敵対し、隔離収容を本音としているかを示すものです。厚生労働省が「『精神障害者』の中には危険極まりない者がいる」と言っているのですから、グループホームの建設等で地域住民が「精神障害者」の地域自立生活に反対するのは差別ではなく「正当な理由がある」区別だということになります。そうでなくとも地域で暮らす「精神障害者」は、夜中、昼日中大声を上げたり、奇行をしたり、働いていなかったりして地域から異常視されています。それがいじめや嫌がらせや排除の口実にされているケースが少なくありません。その差別視は国が作り出したものなのです。


「敵味方医療」  
いま、刑法の世界で「敵味方刑法」と呼ばれているものがあります。支配者にとって「わけの分からない者」に対しては、ありとあらゆる刑法を動員して拘置所や刑務所に送り込んでいるのです。労働運動へのありとあらゆる刑法を動員した弾圧などがそれです。支配者が味方とみなした人たちには適用しない刑法を敵とみなした人には適用するものです。ある人が罪には問われないことを「敵」とみなされた人がすると犯罪にされてしまうということが起きています。誰を「敵」とみなすかは、階級対立によっていますが、支配者にとって「訳の分からない者」というほうが正確だそうです。

いまや医療の世界でも「敵味方医療」とでも呼ぶべきことが導入されているのです。支配者にとっての都合で医療が隔離収容と地域からの排除を目的として使われているのです。「精神障害者」は訳の分からない存在としてみなされ隔離収容の対象化されています。そこに現れたのは、国家にとって都合の悪い者は医療を使って抹殺していく社会です。支配に抵抗するものは隔離収容の対象としているのです。もう少し先には、スターリン主義支配下のソ連のように社会全体がラーゲリ(収容所)であるような社会になろうとしているのです。

私たちはこのような国家ぐるみの攻撃に対して、地域で生き続けることをもって反撃します。     




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで