民営化会社は矛盾だらけ
 


闘いはこれから  
10月1日、民営郵政が始まりました。おりしも、自民党総裁選が行なわれた直後のことでした。自民党は参議院選挙で歴史的大敗をきっし、安倍が無様に打倒されました。安倍は、「小泉改革」=郵政民営化路線のもっとも忠実な後継者です。その安倍が打倒されたということは、「小泉改革」=郵政民営化が大破産を遂げたことを意味しています。新総裁になった福田は、「小泉改革を引き継ぐ」といいながらその公約では「改革」に様々な修正を加えています。

打倒された自民党「小泉改革」の破産は明らかです。民営郵政の中に闘う旗を立て、合理化施策と対決しよう。民営会社は最初から矛盾に満ちています。


全国大会代議員選挙で地本書記長が落選  
9月27日に開票された「JPU解散大会・全郵政との統合大会」代議員選挙で重大な事態が生まれました。なんとJPU地方本部書記長の藤井氏が落選したのです。

地方本部が組合員から一切信任されていないことの証しです。


民営化のなかで「精神障害者」差別が拡大  
垂水局T君事案を始め、次々と「精神障害者」を生み出しながら、いじめによって職場から追い出そうとする動き、首切りの動きを絶対に許せません。

垂水局では「精神障害者」であるT君に対して、主治医が復職可能と診断しているにもかかわらず、産業医の診断でもって、何の理由もなく3ヶ月間も休職処分するという重大な差別がおきています。これは単発で起きたことではなく、その前後から今に至るまで、パワーハラスメント、上司や会社側に着いた労働者によるいじめ、いやがらせが繰り返し行なわれています。

高見さんを支える会は職場の「精神障害者」差別、追放攻撃と真っ向対決します。


8・26集会が大成功  
8月26日、「つかんだぞ! 処分撤回・現職奪還!4・28裁判闘争完全勝利!全関西報告集会」(同集会実行委員会)が、会場の収容人員を遙かに超える80余名の大結集で成功裏に開催されました。集会は、「関西の闘い」の報告としてJPU元阪神東支部長の酒井浩二氏の闘争報告が行われました。「郵政職場の不当労働行為を正す会」の代表として、JPUが民営化を前に全郵政と統一するということは、旗の色を変え過去の運動と訣別することであると弾劾しました。続いて関西合同労組関西トランスポート分会の辻本分会長が発言に立ちました。職場に闘いを、そして地域に共闘をと訴えました。

「連帯の挨拶」として全日建関西生コン支部と、佐賀・国労闘争団(兵庫常駐)から発言を受けました。

現職復帰・処分撤回をつかんだ4・28当該の発言が続きました。徳差清氏、黒瀬英之氏、斉藤昇氏、神矢努氏、池田実氏と発言が続きました。28年ぶりの復職で困難なことも多々あるそうですが元気に頑張っていることが報告されました。。

郵政労働者は4・28当該の気概を全員が引き受け、民営会社のなかにあって、民営化施策と闘うことを決意しました。


関西トランスポート分会勝利判決  
9月28日、神戸地裁で解雇撤回裁判の判決が下りました。4人の「偽装請負」を偽装であると認め労働者であるとした上で会社の解雇を取り消す判決というです。画期的勝利です。「偽装請負」とされ労働者としての権利も一切認められないということが社会に蔓延しています。それらの人たちにとっても勝利の関門が開かれたのです。不満が残るのは郵政公社の使用者性を認めなかった点です。しかし、兵庫県労委の勝利決定に続く大勝利です。控訴審での勝利を勝ち取ろう。





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで