つかんだぞ!
処分撤回・原職奪還!
4/28裁判闘争完全勝利!
全関西報告集会


8・26集会に結集を
(フォトアルバムのページに集会報告があります)
 
JPU組合員のみなさん。芦屋局で働く皆さん。芦屋市の労働者のみなさん。 8・26≪つかんだぞ!処分撤回・原職奪還!4・28裁判闘争完全勝利!全関西報告集会≫にすべての闘う労働者は総結集しよう。4・28裁判とは何だったのでしょうか。1978年末、当局の全逓労組に対する組合差別と不当労働行為の数々に対して、現場労働者の怒りは爆発し、郵政マル生【=生産性向上運動という名前の不当労働行為】粉砕、労働組合差別を許すなという順法闘争が開始されました。闘争はついに年賀状の配達を粉砕し、配達されない郵便物がうずたかく積まれ滞貨4億3000万通という大闘争に発展しました。全逓中央本部がマル生攻撃に屈服し、全逓を闘わない組合に作り変えようとしていることへの現場組合員の怒りの爆発でもありました。


闘争の拡大の展望  
その闘いがさらに拡大して行こうとしたことに対して、郵政省は1979年4月28日、懲戒免職58人、解雇3人、停職286人、減給1464人、戒告1363人、訓告5009人という大量処分を発令しました。これを4・28処分といいます。それに対して、闘う執行部を確立できなかった全逓は、当局に対して屈服路線をとりました。処分に対して反処分の闘いを取るのではなく、『闘えば負けるから闘わない』という敗北主義路線をひた走ったのです。そのような執行部の屈服路線に対して、闘う執行部を確立した全逓西阪神支部青年部をはじめとして闘う全逓組合員は、次の闘いに向けて着々と準備を進めていきました。


現場組合員に依拠し  
その闘いは、当局の攻撃と、当局の尖兵となった一部労組執行部のために、いったんの停滞と後退を強いられましたが、4・28闘争をはじめとして現場組合員の闘う意志は堅持されました。全逓中央が完全屈服し裁判を取り下げるという裏切りを乗り越えて4・28裁判は闘われました。2007年2月13日、最高裁勝利判決によって、原告7人の完全勝利が確定しました。全逓中央の裏切りがいかにでたらめなものであったかということでもあります。

  その原告7人を関西に迎え、勝利報告集会を行ないます。闘うJPU組合員をはじめすべての労働者はこの集会に結集し、JPUを闘う組合に作り変え、郵政民営化による不当労働行為をはじめとする攻撃を粉砕しましょう。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで