フォトアルバム

NEWS 2010年5月30日A

NEWS 2010年5月30日@

 2009年6月14日B

 2009年6月14日A

 2009年6月14日@

 2008年10月31日B

 2008年10月31日A

 2008年10月31日@

 2008年9月21日A

 2008年9月21日@

 2008年7月7日A

 2008年7月7日@

 2008年7月5日B

 2008年7月5日A

 2008年7月5日@

2008年6月25日B

2008年6月25日A

 2008年6月25日@

2008年6月12日

 2008年5月24日A

 2008年5月24日@

 2008年3月8日A

 2008年3月8日@

2008年2月10日A

2008年2月10日@

2007年9月30日A

2007年9月30日@

 2007年9月28日

2007年8月26日

 2007年4月11日A

2007年4月11日@

  2007年3月24日

 2007年3月21日A

 2007年3月21日@

 2007年2月21日

 2006年12月5日

 2006年11月9日@

 2006年11月9日A

 2006年11月5日@

 2006年11月5日A

 2006年10月31日@

 2006年10月31日A

 2006年10月17日@

 2006年10月17日A

 2006年9月28日

2006年9月15日@

2006年9月15日A

 2006年9月12日@

 2006年9月12日A

2006年8月26日

 2006年7月5日@

 2006年7月5日A

 2006年7月5日B

 2006年7月4日@

 2006年7月4日A

 2006年7月4日B

2006年5月19日@

2006年5月19日A

 2006年5月7日@

 2006年5月7日A

 2006年5月7日B

 2006年4月9日

 2006年1月29日@

 2006年1月29日A

 2006年1月1日@

 2006年1月1日A

 2006年1月1日B

 2005年11月6日@

 2005年11月6日A

 2005年11月6日B

 2005年11月6日C

 2005年10月28日

 2005年10月28日A

 2005年10月26日

 2005年10月25日

 2005年10月23日

 2005年10月18日

 2005年10月18日A

 2005年10月7日

 10月7日A

 10月7日B

 05年2月16日

 05年2月15日

 05年2月15日A

 05年2月11日

 05年2月11日A

 04年11月7日

 04年11月7日A

 04年10月6日

2010年5月30日A

★長蛇のデモ

 

1000人を越える集会とデモンストレーションに対して、普段は大言壮語して「集会粉砕」を叫ぶ在特会は、日の丸3本と数人で彼方の方で弱々しく叫ぶだけでまったく迫力はなかった。弱きをくじき強気に屈するという排外主義者特有の感性なのだろう。デモは多くの市民に排外主義を許すなと訴えながら大阪の中心部を縦断した。

2010年5月30日@

★排外主義を許さぬ1050人

 

在日特権を許さない会(在特会)、主権回復などの新しいファシズムが、在日外国人への差別を煽り、差別主義的な襲撃を始めている中、関西の労働運動と市民運動の戦闘的潮流が一同に会し、1050人の集会とデモンストレーションを行なった。在特会などは戦争責任、戦後責任を問う日本人の運動と在日朝鮮人をはじめとする在日外国人を敵視し、差別主義的な襲撃を繰り返している。個別の反撃はそのつど行なわれているが、排外主義の跳梁を許さないという一つの運動としてこの日の闘争は闘われた。

2009年6月14日B

★国会近くをデモンストレーション

 

デモの第二てい団は関西からの参加者が先頭だ。国会を包むように進むデモ隊。「障害者」はこの日の闘争に参加し差別糾弾と憲法改悪阻止は一体のものであることを示した。憲法25条など無きに等しい中、「障害者」が決起することにはさまざまな困難がある。そのなかで憲法9条、25条改悪阻止を訴える「障害者」のビラが全員に配布され、「障害者自立支援法」撤廃を訴えた。

2009年6月14日A

★アピールする知花昌一さん

 

集会では知花さんも発言。憲法9条は沖縄には存在してこなかったと糾し、その9条を亡き者にする改憲に反対することをアピールした。沖縄・岩国・三里塚は改憲の最先端の攻撃であり、軍事基地強化が進められている。そこから改憲・戦争体制化に反対する運動が巻き起こっている。沖縄・岩国・三里塚を改憲阻止の拠点として大衆的大闘争を作り上げよう。

2009年6月14日@

★憲法改悪阻止集会に550人

 

統一戦線の元、憲法9条改訂に反対する集会が東京・社会文化会館ホールで開かれた。関西からは約100人が上京した。総務省がいまだ何も決まっていない憲法改定を進めるためのパンフレットを国民に配布するなど、法も、憲法もない状態になっている。憲法改悪は来年からの話ではない。今すでに開始されている改憲の攻撃と対決する大運動が求められている。この日の統一戦線から、さらに大きな共闘へと闘いを進めることが求められている。

2008年10月31日B

★国会前をデモ

 

国会前と東京駅コースに分かれてデモンストレーション国会前では多数の国会議員が迎えた。

2008年10月31日A

★自立支援法にレッドカード

 

「自立支援法にNO」というレッドカードをみんなで高く上げた。法は修正の余地などない、廃止しかありえないとみんなが訴えた。

2008年10月31日@

★立錐の余地のない日比谷野音

 

「もうやめようよ!障害者自立支援法」集会は東京日比谷野音を満杯にし6500人が参加した。法の廃止を真正面から訴えるアピールが続いた。

2008年9月21日A

★池田弁護士の講演

 

池田直樹弁護士は、「自立支援法」でいかに「障害者」が生き難くなっているか、応益分に反対する訴訟、介助時間削減に反対する訴訟が起こされていることを報告しました。それらの訴訟は1960年の生活保護の抜本的な見直しにつながった朝日訴訟にたとえられるべき「生存権訴訟」です。また「障害者差別禁止法」が検討されている中で、民間同士の差別・被差別には合理的な線が引かれるべきだが、国による差別は全面的に禁止されるべきであることも語られました。「自立支援法」の抜本的見直しを要求する大集会が今年は10月31日に行われます。過去二回の大集会は低所得者への大幅減免措置を勝ち取るものでした。今回はそれにとどまらず、法の廃止を勝ち取るべく大結集で闘いましょう。

2008年9月21日@

★「自立支援法」撤廃集会に130人参加

 

9・21「障害者も福祉労働者も生きさせろ!『障害者自立支援法』の撤廃を求める集い」に130人の参加がありました。「身体障害者」「精神障害者」をはじめ、高槻医療福祉労働組合と患者さんたち、福祉労働者を始めとする関西合同労組、「精神障害者」と福祉労働者をはじめとする部落解放同盟全国連合会、地域の労働者、「障害者」などが参加しました。それぞれの立場からの発言があり、中身の濃い集会でした。「障害者」も福祉労働者もこのままでは生きて行くことができない状態に追い込まれています、「自立支援法」撤廃しか生きていけないというところからの発言が多かったのです。

2008年7月7日A

★サミット会場へ向かう道を封鎖する機動隊

 

サミット会場への道は各所に機動隊が配置されていた。写真はその検問所のひとつ。兵庫県警のトイレ車が来ていた。少し先では、この町道から折れてウィンザーホテルに向かう道は全て完全に封鎖されていた。ホテル周辺5キロは完全に封鎖され、農地のある農民もいちいち許可証を示さないと入れないというあり様だった。権力は何に怯えているのだろうか。  サミットの結論は原発建設の推進だった。『CO2による地球温暖化』のキャンペーンには原発企業が大金を出している。アメリカ元副大統領が先頭に立つこのキャンペーンの目的と結論は一つだった。CO2が地球温暖化の原因なのかどうかというところから問いなおす落ちついた議論が必要だ。乱開発と森林火災で森林が失われていることの方がCO2増加の最大の原因という議論もある。マスコミによる扇動から離れたところで新社会の姿はどうあるべきかという根本的な議論が必要であろう。CO2削減キャンペーンの結論が見えた中で、一から問いなおすことが可能であろう。

2008年7月7日@

★洞爺湖は警察官だらけだ

 

JR洞爺駅は私服警官で埋め尽くされていた。駅構内から外にも私服が一杯という状況だった。町は機動隊で各所が封鎖されていた。百万人署名運動関西は、洞爺を取り巻くキャンプ地に入ってそこからサミット会場のウィンザーホテルを目指して山道を行軍したが、高見はそれは無理ということで別行動をとった。洞爺駅からウィンザーホテルを目指して進んだ。キャンプ地はウィンザーホテルを取り巻くように展開され、330人が入りそこから歩いて会場に向かった。権力は機動隊を山道に配置して行進を阻んだが、公道を歩くことも許さぬという権利が誰にあるのか。事実上の戒厳令を敷くことによってしか、サミットを守れないという状態を強制したこと自体が、労働者民衆と国家権力の力技による勝負という関係を作り出したことだ。ウィンザーホテルを取り巻いた情勢は完全に非和解の状態に入っている労働者民衆と支配階級の対決構造だった。本格的大衆決起を実現したときには、帝国主義を打倒することが出来ると確信させるものだった。

2008年7月5日B

★道一杯に広がってフランスデモ

 

5000人の大衆的デモンストレーションを支配階級は警察力で抑え込もうとしたが、抑えきれず、デモの前半は街頭を労働者市民が支配し、道一杯に広がったフランスデモを行なった。権力はデモ隊に襲い掛かり、新聞記者を含め何もしていない4人の不当な逮捕で鎮圧しようとしたがそんなことは怒りを拡大しただけだった。デモは終止戦闘的に闘われた。百万人署名運動関西の労働者は、関西合同労組、高槻医療福祉労組などの22人で参加した。部落解放同盟全国連合会からも数人が参加した。高見支える会は当該の高見を代表として送り出した。「病気」である高見が闘争に参加するには「健康な人」の想像を絶する困難があるがそれを押して闘うことで「障害者」解放闘争の明日を切り開く決意で闘った。4日から7日までの強行軍になり最後にはボロボロになっていたが、「障害者」がその困難の中で「健康な人」の闘いと合流し共に、あるいは違う形で共に闘う道を切り開いた。 写真は革命的共産主義者同盟関西地方委員会の横断幕。労働者の大きな注目を浴びた。重たい旗を最後まで持った方々、大変だったと思います。ご苦労様でした。

2008年7月5日A

★韓国・民主労総の発言

 

19人の韓国農民、4人の民主労総組合員の入管制度を使った入国阻止、一人の公務執行妨害を口実とした逮捕を乗り越えて、入国を果たした韓国民主労総が発言した。このほかにもアジア、アフリカの各地からの発言が続いた。貧困と格差の拡大は新興国、旧植民地諸国に大きな犠牲をもたらしている。しかし、韓国での100万人の労働者市民、中高生による大衆的デモに示されるようにこれらの諸国では帝国主義の世界支配にこうした闘いが進められている。アメリカ帝国主義に支持された軍事政権を大衆的闘いで転覆し民主革命を成し遂げた韓国の民衆にとって、アメリカ帝国主義など恐れるに足りない。狂牛病に感染している可能性のある牛肉の輸入という、アメリカの利益のみを追求するイミョンバク政権に対して、韓国民衆は100万人のデモで応えた。その闘いをもって日本の労働者と連帯しようとしている民主労総に対して、日本の労働者は自国政府の打倒をもって応えよう。日本の労働者も「新自由主義」「民営化・規制緩和」との闘いに立ち上がっている。自国政府を労働者民衆の実力で打ち倒す方針こそが求められている。

2008年7月5日@

★洞爺湖サミット反対集会

 

7月5日、全国各地から、また、支持政党や立場を超えてサミット反対という一致点で5000人の労働者・市民が集まった。サミットは帝国主義列強による支配という20世紀の生み出した支配構造を全世界の労働者人民に強制するという許しがたいものだ。「新自由主義」の価値観で世界を支配するわずか8カ国のトップが集まり、全世界の支配のありようを決定するというものだ。「グローバリゼーション」が世界にもたらしているのは貧困の拡大であり格差の拡大だ。人間が生きていく基本である農業を破壊し、一握りの超大金持ちのために工業化をおしすすめ、「民営化・規制緩和」という強者がやりたい放題の世界にしようとするものだ。 集会場は怒りと熱気で溢れていた。外国からの参加者は鋭くFTA、EPAによる「先進国」の支配を許さぬという発言が続いた。農業問題のG8的解決策とは、穀物メジャーが新興国、旧植民諸国を蹂躙するのに任せるということだ。食料を金儲けの道具にするのが「新自由主義」だ。

2008年6月25日B

★京都G8サミット反対のデモ

 

集会後のデモでは私服刑事が弾圧の機会をうかがい、機動隊が挑発を繰り返すなど、反対運動を認めないという異常な弾圧体制がひかれていた。デモ隊は毅然として対応し不当な逮捕を許さなかった。京都最大の繁華街に「サミット財務相会談粉砕!京都迎賓館に攻め上るぞ!洞爺湖現地にかけつけるぞ!7・5札幌1万人デモに参加するぞ!格差と貧困をもたらすサミット反対!」という掛け声がとどろいた。観光に来ている人を含めて大勢の人がデモに注目していた。デモは集会場から、祇園、四条河原町、三条河原町、鴨川三条河川敷まで。左翼勢力の総転向を作り出そうという支配権力の思惑は完全に粉砕されつつある。7・5―7北海道現地、5日札幌1万人デモ、7日洞爺湖現地闘争に全国から総結集しよう。サミットに反対する全世界の労働者人民と連帯して闘おう。

2008年6月25日A

★京都G8サミット反対集会からデモに出発

 

集会には、沖縄、岩国、神奈川の反基地闘争を闘う諸団体の代表が一堂に会した。沖縄からは「ヘリ基地反対協」の安次富浩さん。岩国から「住民投票の成果を生かす岩国市民の会」の大川清さん。神奈川から「基地撤去をめざす県央共闘」の檜鼻達実さん、が参加して発言した。韓国から「民主労総・全国地域業種一般労組」のチョン・ウィホンさんが参加を表明していたが日本政府が入管制度を悪用し、入国を阻止するという許せないことがあった。集会には外国人の姿も多かった。また神戸から「市民が提案するもう一つの環境サミット実行委員会」、大阪からも報告の発言があり、北海道からは「反G8サミット北海道(アイヌモシリ)連絡会」からの呼びかけがあった。

2008年6月25日@

★京都G8サミット反対集会

 

6月26日から27日に行なわれるG8サミット外務相会議に反対して25日夕刻から京都円山野外音楽堂で集会が行なわれた。「戦争と貧困をおしすすめるサミット外相会談反対!」というスローガンの下500人が全関西から集まった。新自由主義の凶暴な攻撃に対して、左翼勢力の総転向状況を打ち破るべく、地元京都の団体の外、関西合同労組、高槻医療福祉労組、全日建関西生コン支部などが労働組合として参加、高見支える会や百万人署名運動などの団体が集まった。サミットへの総翼賛を作り出そうという目的の、でっちあげ不当逮捕の攻撃があり、事務局事務所などに対する異常な規模の家宅捜査が加えられたが逮捕当該が釈放されて集会で発言した。世界中に貧困と飢餓、餓死を強制しながら一握りの超大金持ちの利益を追求するための会議こそがサミットだ。「強盗会議」とも呼ばれている。世界のたった8人が今後も世界に飢餓と餓死を強制し続けることを決めようとし、そのために150億円以上の警備費などの無駄金が使われる。都会で開くと抗議デモに包囲されるからと周囲に住民もいない洞爺湖畔で開かれるのだ。いかに反対行動を恐れているかを示すものだ。敵は強大なようでいて、実はきわめて脆弱なのだ。労働者人民の反対行動が叩きつけられたら体制を維持することも出来はしない。だからこそ既存の左翼勢力指導部を総屈服させているのだ。転向を拒否したときに敵は脆弱なのだ。この日の集会に対する異常な弾圧体制はそのことに怯える支配権力の姿なのだ。新自由主義は労働組合敵視、労働運動つぶしを本質としている。それに屈せず組織的闘いがあれば無数のプレカリアートが闘いに結集してくるのは明らかだ。札幌から洞爺湖にかけつけ、1万人の反対デモを実現しよう。その時勝利はわがものとなるのだ。

2008年6月12日

★大阪G8サミット反対集会

 

6月13日から14日まで大阪市内で行なわれるG8財務省会議に反対し、「とめよう戦争への道、百万人署名運動、関西連絡会」の主催する集会とデモンストレーションが闘われた。多くの勢力が一切の闘争を組まずにサミット戒厳令に屈服する中、人数は少なかったが地元大阪で開かれるサミットに反対して行動に起った。多数の警官隊の闘争弾圧に屈せず、闘いぬいた。高見さんを支える会からも赤旗をもって参加した。レーニンの言うところの第二インターの崩壊が、戦争が始まる前には戦争反対といっていた左翼勢力が、いざ戦争が始まると戦争協力勢力になってしまったというのと全く同じ構図がここにある。少数でも戦争反対を言い続けることで多数の労働者人民を獲得していくことができるのだ。6・25京都G8外相会議反対から、7・5―7札幌―洞爺湖での首脳会議反対行動に起とう。7・5には1万人の反対集会が開かれる。その現場から洞爺湖現地に向け、反対行動を叩きつけよう。

2008年5月24日A

★G8サミット粉砕・洞爺湖に行こう

 

5月24日雨中のデモンストレーション。神戸三ノ宮駅頭で。神戸環境相サミットを糾弾しデモンストレーション。サミット本番は北海道洞爺湖サミットだ。7月5日から7日まで札幌と洞爺湖現地で反対闘争が闘われる。全国から北海道現地へ駆けつけてサミット本番を糾弾しよう。政府は入管制度を活用してサミット粉砕のために駆けつけようとしている外国人労働者・農民の入国を阻んでいる。このこと一つをもってしても現地闘争をいかに恐れているかは明らかだ。関西や全国各地で開かれる事前サミットを糾弾して闘う一方で本番は北海道だということをハッキリさせよう。全国各地から札幌へ洞爺湖へ駆けつけよう。

2008年5月24日@

★G8サミット粉砕・神戸環境サミット糾弾

 

5月24日神戸環境サミットを糾弾し、元町から三ノ宮駅へと繁華街のアーケードを行進するデモ隊。神戸環境サミットは、今年のG8サミットの中心テーマといわれる環境問題をアピールするものだ。「環境問題」ということほど人民を騙(だま)すものはない。実際にあるのは企業の生み出す公害であり、労働者人民はその被害者なのだ。「公害」は加害者と被害者が明確に分かれる。ところがこれを「環境問題」といってしまうとその区別がなくなるのだ。CO2を作り出すのは大半が企業であるのに、環境問題としてしまうと労働者人民もCO2を生み出している、太陽電池をつけようといった話になってしまう。極めつけは家庭での電力消費が問題だから原子力発電所を増やそうということになってしまうのだ。発電企業にCO2削減努力をさせるのではなく、火力が問題だということから一足飛びに、水力も風力も潮力も吹っ飛んでしまって原発だと言う話のなってしまう。この地震列島に原発があることなどチェルノブイリ以上の事故を起こす可能性100%だというのにである。東海にせよ南海にせよ合わさったものにせよ今後の30年間で起きる可能性は80%を超えているのである。その地震帯の上に原発のある危険性はがあることなど中国の放射性物質行方不明の比ではないのだ。チェルノブイリをすうヒャク倍する原発事故が起きる可能性100%なのである。これも公害問題を「環境問題」と言い換え、加害者と被害者の区別をなくしてしまい、労働者人民にも加担意識を持たせることで原発を全面否定できなくしてしまうという世論操作のなせる業なのだ。今一度問題は公害であり、加害企業と被害労働者人民がいるという区別性をハッキリさせることから議論を掘り起こそう

2008年3月8日A

★郵政反対する会主催で勝利報告集会

 

関西合同労組からは「なぜ職場復帰できたか」と設問し、「分会の団結の強さ、本人たちの頑張りです」と述べられた。「負けても団結が強まればよい、という設定をしなかった。勝ちに行った。組合の力量の中、地労委、本裁判を闘いの武器にした。現場にこだわった。08春闘では非正規職の撤廃を要求している。関西トランスポート分会を常用労働者として勝ち取った意義は大きい。加古川分会の本務者の分会を挙げた応援はありがたかった。いま尼崎市役所で非正規職労働者が雇用継続を求めてストライキをしている。職場の団結を作っていくうえで重要な闘いだ。」と訴えられた。集会には国労闘争団からも参加があり、3月のハンガーストライキへの支援が呼びかけられた。また主催者の反対する会の基調報告では「絶対的な窮乏化が進んでいる。JP労組の「パイの理論は完全に破産している。パイの理論とは全体の生産量が大きくなれば労働者の取り分も大きくなるという理論。しかし、労働組合が闘わなければ労働者への分配はない。それが高度成長時代といまの違い。いま会社は儲かっているのに賃金は実質切り下げになっている。ワーキングプアからの闘いが起こっている中で反対する会が問われている」と問題提起されました。加古川分会からの青年部長の発言など現場からの発言が続きました。

2008年3月8日@

★関西トランスポート分会勝利報告集会

 

関西トランスポート分会の3人。一人は体調不良で不参加でした。強制配転に反対するる近畿郵政労働者の会主催で、正規=非正規を貫いて共闘しようという設定の下30人が参加した。当該分会からは「人間らしい生活がしたいと労働組合を結成したら、労働組合を嫌った郵政当局の指示の下での不当労働行為で全員解雇された。ストライキで闘い、また地労委闘争、本裁判で全員の解雇取り消し判決を勝ち取った。だがこれは第一ラウンドの勝利だ。第二ラウンドは職場に戻ったが時給800円、一日6時間の勤務で月収は12万円にしかならない。保険はないと意図的な攻撃だ。これを改善させるのが第二ラウンドです。10年先を見たときに社会を変えることのできる闘いです」と訴えられた。

2008年2月10日A

★デモで改憲阻止を訴え

 

2・10集会後のデモンストレーション。梅田の繁華街をデモし、憲法改悪阻止、福田をたおせ、自衛隊はインド洋から撤退しろ、というシュプレヒコールが響いた。また、高見さんを支える会は旗をもって参加、赤旗をひるがえさせた。「障害者」解放の闘いを反戦、憲法改悪阻止の闘いと結合していく決意を示した。肥前病院の保安処分犠牲者の真相究明の闘い、「障害者自立支援法」撤廃を求める集いを反戦集会で訴えられるようになりたいものです。

2008年2月10日@

★改憲阻止集会に240人参加

 

改憲阻止、福田をたおせという集会で講演する知花昌一さん。沖縄読谷村村議で日の丸焼き捨てや反戦地主として活躍されている。集会は関西各地からの発言があった。どの発言もこれからの2年間で改憲阻止の闘いを現実に作り、憲法改悪を阻止するという意思に溢れていた。また、3・30三里塚への総決起が訴えられ、今年最大の闘いであるサミット粉砕闘争への決起も訴えられた。

2007年9月30日A

★「障害者自立支援法」撤廃を勝ち取ろう

 

「障害者自立支援法」撤廃を求める集いは、怒りネットの呼びかけのもと、集い実行委の主催で開かれた。実行委へは、障害者の外自治体労働者、医療・福祉労働者、養護学校の労働者、地域の労働者などが参加し、主体的に集いの成功を担いきった。「自立支援法」撤廃へ向けた陣形として豊かな陣容が形成された。写真は左から、講演者の古賀典夫さん、高見さん、1人おいて怒りネット関西代表の住田雅清さん。

2007年9月30日@

★「障害者自立支援法」撤廃集会に151人参加

 

怒りネット関西呼びかけの実行委の主催で「障害者自立支援法」撤廃集いが151人の参加を得て開催された。集会では各種の障害当事者から発言が続き、「自立支援法」への怒りを次々と発言された。撤廃への現実的展望があるなか、見通しがどうであれ「撤廃しかない」という意欲に溢れる発言が多かった。10・30日比谷集会へ向けて、集会の成功を勝ち取ろうということが確認された。

2007年9月28日

★関西トランスポート勝利判決

 

「偽装請負」が争われた関西トランスポート分会の神戸地裁判決公判が行なわれた。判決は、自車持込の2人を含めて勝利判決だった。「偽装請負」を偽装と認め労働者と認定。労働組合結成を嫌った不当労働行為に対して、解雇を撤回し、さかのぼって賃金を支払えという画期的内容の判決だった。しかし、郵政公社の使用者性は認められず、分会では控訴して闘うということだった。写真は判決を喜び合う分会員たち。

2007年8月26日

★4・28闘争勝利報告集会

 

全逓4・28闘争の最高裁勝利判決を勝ち取った闘争当該5人を招いて関西の勝利報告集会が勝ち取られた。原告7人中の2日は都合で不参加。関西各地からJPU(全逓)組合員を始め85人が結集し、4・28闘争への関心の高さを示した。壇上で発言しているのは、全逓4・28連絡会の神矢さん。高見闘争もいろいろとお世話になっている方。今回の勝利の記念に高見さんを支える会の赤旗を作ってくれました。

2007年4月11日A

★怒りネットの厚生労働省交渉

 

怒りネットは、厚生労働省に対して抗議の交渉を行なった。写真は追い詰められてうなだれる厚労省の役人。予算削減のためにヘルパーの資格によって費用に差をつけ、自撰介護人にはさらに差をつけるなど、障害者の実態に反した施策に抗議が続いた。さらに国庫補助基準が自治体の支給上限の引き下げにつながっている実態に対しても抗議が続いた。精神障害者に対する退院支援施設の問題では、社会復帰の施策が貧弱な実態を認めざるをえなかった。厚労省は答えられなくなって同じ言葉を繰り返すしかなくなるなど破綻をさらした。次回の交渉を求めて「納得できない」の言葉を最後に交渉を終えた。

2007年4月11日@

★憲法改悪法=国民投票法強行採決阻止国会行動

 

憲法改悪を実行するための法律である国民投票法案の強行採決を阻止するために国会前で300人の集会が行なわれた。弁護士らが呼びかけ、夜のデモには弁護士をはじめとして労働者800人が集まった。関西からも多数の労働者が上京し闘った。改憲投票法は公務員、教員など多数の労働者の反対運動を禁止し、金にあかした改憲推進のテレビ宣伝をできるようにするという、まさに改憲を実行するための法律だ。しかも国民のうちの2割が賛成すれば改憲できるようにされている。民主党も改憲推進政党だ。労働者民衆の改憲阻止闘争で闘おう。

2007年3月24日

★関西合同労組日本管検分会弾圧粉砕勝利報告集会

 

関西合同労組日本管検分会は2月7日の5名不当逮捕を粉砕し、全員が黙秘を貫き不起訴釈放を勝ち取った。失業保険の詐欺取得という今まで2度繰り返されてきた弾圧だった。漆間警察庁長官は「『ここまでやるか』と思われるほどの」権力行使をすると言っている。直接には朝鮮総連弾圧のことを言ったのだが、労働組合に対しても全日建関生支部の委員長に対して不当弾圧で実刑判決を出すなど、抵抗するものは全て弾圧でつぶさんとする攻撃を行なっている。写真は奪還された組合員と家族。

2007年3月21日A

★関西トランスポート分会職場復帰要求集会

 

関西合同労組関西トランスポート分会は、県労働委員会勝利決定をもって職場復帰を勝ち取るため、集会を開いた。関西の闘う労働組合など80人が参加した。写真は発言する当該の4人。県労委が郵政公社と郵便局の不当労働行為を認めなかったため、地位確認の裁判と、中央労働委員会に提訴し、郵政公社、加古川郵便局の使用者性を認めさせ、不当労働行為を認めさせるために闘いを継続する。あくまで加古川郵便局への復帰を求めて闘うことが報告された。全逓加古川分会の分会長は、分会の局への要求書で関西トランスポート組合員の加古川での就労を要求したと報告した。

2007年3月21日@

★怒りネット関西、尼崎10団体とビラまき

 

怒りネット関西は、尼崎障害10団体の一つとして市民に訴えるビラまきに参加した。尼崎障害10団体は幅広い団結体です。対市交渉を求める一環として、障害者自立支援法闘争に市民の結集を呼びかけるビラまき行動を市一帯で行ないました。怒りネットの尼崎在住者は、この行動に参加しました。

2007年2月21日

★「心神喪失等医療観察法」の撤廃求め厚生労働省交渉

 

矛盾の拡大している「心神喪失等医療観察法」の撤廃を求め厚生労働省と交渉しました。「処遇困難者専門病棟」新設阻止共闘会議の呼びかけによるもの。奈良県の松籟荘病院で建設が阻止されている問題や、国立病院で「知的障害者」が医療の必要性がないのに「再犯のおそれ」があるということで入院させられている文字通りの保安処分事例が出ている問題などで追求。言を左右にしてその場逃れを図る厚生労働省に怒りが湧いた。

2006年12月5日

★障害者自立支援法撤廃を求め、国会闘争

 

参議院厚生労働委員会で障害者自立支援法の審議が行われるということで全国から20人の障害者が国会に駆けつけた。審議では与党が補正予算を提起している中、「激変緩和」を許さず法の撤廃を求める質問が行なわれた。社民党の福島議員は、「言わんこっちゃない。破綻すると言ったとおりになった」と批判。10・31、1万5千人結集の力は自民党を支持する障害者団体の立場を脅かし、自民党も「抜本的見直し」と言わざるを得ないところに追い詰めている。与党は、介護福祉師に新たな「差別化」を要求し、政府も新たな専門資格を設ける方向であると答えた。障害者が介護者を育てるのが一番良いに決まっている。専門資格化では政府の言いなりになる人を育てるだけだ。教育産業を育成するだけの専門資格化に反対です。

2006年11月9日@

★障害者自立支援法出直せ、兵庫県集会に600人参加

 

写真左側の池を囲んでの集会となった。写っていないところにも沢山の人がいます。兵庫県下の障害者団体などが集まっての集会となった。各障害種別の発言などがあり、障害者自立支援法は出直せという意見が全体を占めた。怒りネット関西は9・15関西集会、10・31日比谷公園1万5千人集会を報じるビラを全員に撒き、法の撤廃を訴えた。

2006年11月9日A

★障害者自立支援法撤廃のために労働組合も決起した

 

写真は、兵庫県庁を一周するデモを行なう関西合同労働組合関西トランスポート分会と怒りネットの障害者など。自立支援法は労働者の力もあわせないと撤廃できない。この日も関西トランスポート分会を始め、関西労働組合交流センターの組合員が、怒りネットの障害者・家族と共に決起した。集会で唯一の労働組合旗であったが、一際目を引いた。障害者と労働者の連帯で自立支援法の撤廃を勝ち取ろう。

2006年11月5日@

★国際連帯労働者集会に4900人結集

 

日韓米国際連帯のもと、全国金属機械港合同、全日建運輸連帯労組関西生コン支部、国鉄千葉動力車労組の呼びかけた労働者総決起集会に全国から多くの労働者が集まり、会場の東京日比谷野外音楽堂を埋め尽くした。連合、全労連などが安倍政権に屈服し、闘いの旗を投げ捨てている中、労働者集会への結集は毎年増え続けている。≪革命≫を実現するのは労働者だ。安倍政権に対抗しうるのは労働者の革命だ。

2006年11月5日A

★11・5集会に怒りネットは有志約50人が結集した

 

障害者解放は労働者による革命と一体でその中で実現される。車椅子障害者15人を始め、知的障害者、精神障害者、介助者など約50人が結集した。写真はデモ出発のときのもの。この後東京駅まで約1時間のデモで沿道の労働者市民に、障害者自立支援法撤廃、障害者の生きる権利を実力で勝ち取ろうと訴えた。

2006年10月31日@

★出直してよ!障害者自立支援法、10・31大フォーラム

 

10月31日、障害者自立支援法強行採決による成立から一周年の日、大フォーラムが開かれた。1万5千人の障害者が結集。「出直してよ」を求めて、障害者が全国から集まった。私たちの言葉で言えば≪撤廃≫だ。障害者は怒りと自信にあふれている。支援法のでたらめさに怒り、法案撤廃に向けた確かな手ごたえを感じている。全国に怒れる障害者がいる限り、法がこのまま行くことはない。怒りの強さが法撤廃の道だ。

2006年10月31日A

★出直してよ!障害者自立支援法集会に1万5千人が結集

 

日比谷公園一帯を障害者が埋めつくした。日比谷野外音楽堂、日比谷公会堂を満杯にし、にれの木広場、厚生労働省前も障害者と家族などでいっぱいになった。結集の多さは、法の問題性の大きさの反映だ。北は北海道、南は九州まで、全国各地から法の出直しを求めて結集したのだ。「道を歩くのに、話をするのに金を取られるとはどういうことか」と怒りの声が続いた。また「病院敷地内に退院促進施設を作って退院したことにするという数合わせに一病棟一億円も使われるのは許せない」という発言もあった。怒りの大きさが法撤廃の展望を示している。全国各地でさらに法撤廃の闘いを強めよう。

 

2006年10月17日@

★郵政民営化阻止・伊丹局闘争

 

10・17「強制配転に反対する近畿郵政労働者の会」が民営化施策の結果業務破綻に陥った伊丹郵便局前で宣伝活動を行った。兵庫県伊丹郵便局では、民営化のために非常勤労働者=ゆうメイトの労働条件を切り下げた結果、15人ものゆうメイトが抗議の意思を表すために大量退職し、業務が破綻してしまった。マスコミでは15000通の郵便が一日遅れで配達されていると報じたが実態はその数倍の滞貨が生じている。

2006年10月17日A

★伊丹局闘争に集まった郵政労働者

 

非常勤労働者の反乱が退職という形で現れたが、この事態は、JPU(全逓)が本気で闘えば民営化など実力で粉砕できるということを示したものだ。労働者が闘う武器である団結とストライキこそが情勢を切り開く。JPUに闘う執行部を作り上げよう。民営化の屈服しその尖兵となっている現執行部を打倒しよう。労働者の団結こそが情勢を切り開く。

2006年9月28日

★9・28きょうされん集会とデモ

 

9・28きょうされん大阪などの呼びかけた支援法に抗議する大阪集会が大阪城公園で約800人の参加で行なわれた。怒りネット関係も高槻医療福祉労組や八尾北医療センターなど約20人が参加した。怒りネットの≪撤廃≫署名は250筆集まった。支援法を撤廃せよと言う声はますます大きくなっている。支持政党を超えた大同団結で闘って行きたいところです。写真は高槻医療労組などのデモ隊列。

2006年9月15日@

★怒りネット関西集会に167人

 

9・15怒りネット関西主催、「自立支援法の撤廃を求める集会」に167人が結集した。尼崎市立小田公民館のホールを埋め尽くす結集。関西のメンバーの発言を受け怒りネット全国の古賀さんが報告を行ない、討論を行なった。熱気にあふれる集会で、撤廃の展望を作り出した。撤廃の展望をどう作り出すかという苦悩を持ちながら、大同団結した集会となり、そのことが展望を作り出すという集会だった。

2006年9月15日A

★障害者の怒りはすさまじい

 

障害者の怒りはすさまじい。撤廃しか生きていく道はない。さまざまな妨害や都合・トラブルなどで参加できなかった障害者も多かったが、その意思も結集した。撤廃要求集会の大成功は、障害者の多くが撤廃を求める中、労働者、労働組合が共に闘う立場を表明し、撤廃の具体的展望を作り出すものとなった。生活保護を担当する自治体労働者の苦悩する発言がとくに関心を引いた。また、高槻医療福祉労働組合や関西合同労組が多人数で結集した。いずれの組合も障害者福祉に関わる労働者がおり、労働者の立場からどう関わるかという悩みを発言した。

2006年9月12日@

★高槻市での自立支援法集会

 

障害者自立支援法の10月施行に対して高槻市でも集会が行なわれた。高障連などの呼びかけによる。市に対して介助の引き下がりが無いように求めるもの。怒りネット関西もいっしょに参加し、9・15を呼びかけるビラを配布した。

2006年9月12日A

★みんなの気持ちは撤廃

 

色々に表現されるがみんなの気持ちは「撤廃」だ。障害者の自己負担は耐えがたいものだ。支給量の削減があれば地域で生きていけない。支給量を超えてしまえば全額自己負担になるからだ。集会では労働組合から9・15集会の呼びかけも行なわれた。9・15撤廃集会を全力で成功させよう。

2006年8月26日

★怒りネット全国集会

 

障害者自立支援法の10月全面施行を許さないという全国集会が行なわれた。車椅子障害者など100人が参加した。集会では全国各地から施行を許さない取り組みが報告された。10月を前にして怒りは高まるばかりだ。障害者は負けていない。この怒りを国会へ、厚労省へとぶつけよう。

2006年7月5日@

★関西トランスポート解雇一周年

 

関西トランスポート分会の解雇から早くも一年が過ぎた。解雇一周年を弾劾して加古川郵便局前で集会を行なった。組合結成を嫌悪した不当解雇に対し当該分会員4人は団結を固めて闘っている。集会には関西合同労組を始めとする中小企業労組のほか、連合傘下の労働者、解雇撤回を闘うスタンダードバキューム自主労働組合、郵政の被解雇者の高見などがかけつけ発言した。写真は集会で発言する当該組合員4人。

2006年7月5日A

★申し入れに知らんふりをする加古川局管理者

 

分会員の申し入れに対して、加古川局管理者は知らんふりをして申し入れ書の受け取りも拒否した。関西トランスポート会社の不当解雇はそもそもは組合結成を嫌悪した郵政公社の意図にもとづくものだ。解雇した側の当該の加古川局は追い詰められている。この日の闘争に対しても加古川局の管理職を総動員して監視・弾圧体制を取った。県労働委員会にも加古川局は引きずり出されている。追い詰められているのは郵政公社だ。全逓加古川分会とも連帯し団結しながら不当解雇を撤回させよう。

2006年7月5日B

★当該先頭に元気よく練り歩き

 

当該を先頭に元気よく加古川局の周りをねりあるいた。組合員が一周年を迎えながら元気に団結を維持していることが何よりの勝利の原動力だ。団結がある限り裁判がどういう結果になろうと勝利できる。全金本山闘争のように35年を経て全面勝利した闘争もある。高見免職も16年を迎えて闘っている。関西トランスポート分会は県労働委員会闘争で会社のあまりにでたらめなうそを暴き、組合結成を嫌悪した不当労働行為だという真実を暴きだしている。会社や公社はウソにウソを重ねながらそのウソが暴かれ破綻している。勝利はわれらのものだ。

2006年7月4 日@

★障害者自立支援法大阪府庁包囲闘争

 

障大連、きょうされんなどが呼びかけた大阪府庁への要請行動が06年7月4日に行なわれた。主催者の呼びかけの倍以上の2100人の障害者や介助者が結集した。障害者は法の施行に負けていないことを示す行動だった。最初に大阪城公園に集結したときの写真。赤い旗は怒りネットと共に参加した高槻医療福祉労働組合のもの。

2006年7月4日A

★怒りネットも参加

 

怒っているぞ!障害者切りすて!ネットワーク関西は10名で参加、高槻医療福祉労組と合わせて約20人で闘った。自立支援法撤廃要求署名が短時間に334人分集まった。障害者も介助者も家族もみんな法の撤廃を望んでいることを示すものだった。

2006年7月4日B

★大阪府庁を四重に包囲

 

≪人間の鎖≫で府庁を包囲した。輪は4重にもなった。対面の歩道上もデモ隊が埋めた。国と行政は障害者介助を後退させるなという要求を掲げ、一歩も引かない行政交渉を闘いとろう。障害者が生きていくことも困難にさせる悪法を葬り去ろう。法の制定時に厚生労働大臣が言った「介助を後退させない」という約束を守らせよう。

2006年5月19 日@

★障害者自立支援法撤廃署名提出

 

障害者自立支援法撤廃署名は5月19日現在で6174人分となった。この日衆参で分割し、参議院分として2674人分を福島瑞穂社民党党首に直接渡した。福島議員は約10人の障害者らを議員室に招きいれ、私たちの声を直接聞いてくれた。障害者自立支援法撤廃に向け、議員としてもともに闘う立場が表明された。私たちの何人かも撤廃に向けた要求を直接議員に話した。福島議員は署名を社民党議員の総意として提出すると約束してくれた。

2006年5月19 日A

★署名を社民党阿部事務所に提出

 

衆議院社民党阿部知子議員秘書でこの間怒りネットの厚労省交渉などをセットし共に参加していただいている秘書の栗原さんに分割した署名3500人分を提出した。署名総数6174人と言うのは私たちが靴をすり減らして集めたものだ。議員も当事者の声がないと質問もできないといっておられた。もっともっと多くの障害者の声を集めて本気で法の撤廃を勝ち取ろう。この日は関西からは2人が上京し東京・関東の仲間と共に闘った。

2006年5月7 日@

★地元自治会の大看板

 

奈良県の国立病院機構松籟荘病院の保安病棟新設に対して、地元住民は大看板をバス停など二ヶ所に立て、各戸門前にも何枚もの看板を出して絶対反対の意思を表している。政府はさんざん「危険な精神障害者がいるからその連中を特別立法で新病棟に収容しなければならない」と煽り立てた口の端も乾かぬうちに、今度は「犯罪を犯した精神障害者は今までも普通の病棟に入院しているし、再犯率も低い」などと言い出している。『保安病棟の建設のためにうそをついて「危険だ!危険だ!」と煽ったけれど本当は危険な人たちではない』と意味だ。ふざけるのもいい加減にしろ!さんざん精神障害者差別を煽った責任をどう取るのだ!

2006年5月7 日A

★5・7地元住民の緊急決起集会

 

5月7日に、時に激しく降る雨の中、足元は靴下からズボンのすそまでぬれながら、地元住民は松籟荘新病棟に反対する緊急決起集会を開催した。270人の住民が一人一人の意志をもって参加した。4月4日に新聞発表で厚労省が着工を公表したことを知り、また4月7日にはインターネット上で病院当局が工事入札の公告をしていることを知った住民は怒りに怒っている。「地元住民の合意なしに着工しない」という約束を地元住民と交わしておきながら、それは真っ赤なウソだったのだ。地元の条件賛成派を利用して分断を図る政府の常套手段だ。地元自治会は結束して反対の意志を表明している。私たち保安処分病棟に反対する有志連絡会は連帯するビラまきを行った。

2006年5月7 日B

★門前を行進する地元住民ら

 

病院の敷地内でシュプレヒコールを上げたあと、病院の門前を行進する住民ら。愛知県の東尾張病院の地元の反対論は「今ある病院も含めて精神障害者は危険だから地域から出て行け」という差別むき出しのものだった。だから国が強行に出たときにも他の地域の住民の支持を得られず建設されてしまったのだ。松籟荘の反対運動はその点違いがあり、差別主義とは一線を画している。

2006年4月9 日

★障害者の自己解放として4・9怒りネット関西集会に40人が参加

 

障害者自立支援法という名前の障害者圧殺法が4月から半分施行されたのに対して、実力闘争で法の廃止を闘いとろうとする怒りネット関西の集会が開かれた。4月から介助に対する1割負担が始まった。その額は2万4千円にも3万7千円にもなる。政府は高額の利用料が払えないで介助をあきらめるのを待っているのだ。10月からは支給量の制限も始まる。関西の各地からの参加者は文字通りの自己解放のためにもてる力を発揮している。2月から始めた法の撤廃を求める署名は4800人をこえて集まり続けている。自治労の中からも署名に取り組むところが出てきている。この日はほんの出発点に過ぎない。自己解放のエネルギーを解き放てばできないことはない。自立支援法の撤廃をかちとるまで闘い続けよう。

2006年1月29 日@

★全逓本部の郵政民営化推進に反対する全逓労働者

 

全逓(JPU)本部が郵政民営化推進のための臨時全国大会を開こうとする中、民営化絶対反対を掲げて50人の全逓組合員、下請け労働者、非常勤労働者、地域労働者が結集した。民営化絶対反対派の拡大と「闘う全逓近畿地本を創ろう」という熱意あふれる集会を勝ち取った。

2006年1月29日A

★民営化絶対反対集会に50人が結集

 

"闘う全逓(JPU)近畿地本を創ろう”というスローガンのもと、全逓内左派の完全結集を目指す幅の広い共闘が成功した。JPU臨大闘争を闘い、民営化に反対する者の総結集を勝ち取ろう。意見の違いを乗り越えて団結することは全く可能だ。国鉄1047名闘争に続く闘う全逓労働者の幅広い結集を勝ち取ろう。

2006年1月1日@

★2006年元旦・関西トランスポート分会闘争

 

2006年の元旦、朝7時から加古川郵便局の通用門前で、不当解雇に抗議する関西トランスポート分会の職場門前闘争が闘われた。抗議行動には関西合同労組や全逓関係者など30人が集まり、全逓加古川分会の10人以上での元旦ビラまきと合流した。早朝各地から集まり、初日の出は局前で向かえた。

2006年1月1日A

★加古川局当局と会社を弾劾する辻本分会長

 

写真は辻本分会長。郵政民営化攻撃とは、本務者の大量削減と非正規雇用労働者への入れ替えだ。いったん全員解雇・選別再雇用が行なわれ、本務者7万人の削減=首切りが行なわれるといわれている。民営化を前にしたアクションプランT・Uでは計30000人の削減が行なわれる。それに対して、非正規雇用、「偽装請負」の労働者が労働組合を結成し、団結を開始したことに恐怖した郵政公社と、結託した当該下請け会社の関西トランスポートは2005年6月30日に組合員を含む全員を解雇するという攻撃に出た。組合員4人は不当解雇撤回を求めて就労闘争、裁判闘争、労働委員会闘争を闘っている。

2006年1月1日B

★加古川局門前闘争に集まった組合員

 

神戸地裁で争われた地位保全の仮処分闘争では、2005年11月11日に解雇は不当であるとして組合員1人の地位を保全するという画期的決定が出ている。「偽装請負」は労働契約であると認め、解雇は労働組合の結成を嫌った全く不当なものであるという決定を出した。この決定を労働委員会闘争に生かし、解雇撤回を勝ち取っていこう。

2005年11月6日@

★全国労働者集会でビラをまく怒りネット

 

全国の怒りネット(怒っているぞ!障害者切りすて!全国ネットワーク)の「障害者」は全国労働者総決起集会に参加し、会場入り口で参加者にビラを配布した。「障害者」の解放と労働者の解放は一体だ。労働者は「障害者」解放の事業に決起し、共に勝利しようと訴えた。

2005年11月6日A

★労働者集会に4600人が集まった

 

この集会には全国各地から4600人が参加した。連合・全労連が労働者の利益を裏切り、資本の手先となる中で、真の労働者のための労働組合を作ろうと結集した。全日建運輸連帯労組関生支部、全国金属機械労組港合同、動労千葉という、戦争と民営化に反対する労働組合の呼びかけに応え、全国各地の労働組合などが参加した。

2005年11月6日B

★国際労働者集会・韓国民主労総

 

この集会は同時に国際連帯集会として勝ち取られた。写真は民主労総文化宣伝隊「宣言」の律動・労働歌。エネルギッシュな律動は資本家を打ち倒す労働者の怒りを表現している。民主労総ソウル地域本部、、ソウル大学病院支部労働組合、公務員労働組合ソウル本部が参加し発言した。≪戦争と民営化に反対≫するのは全世界の労働組合の共通の課題だ。国際連帯で勝利しよう。

2005年11月6日C

★アメリカ国際港湾倉庫労働組合、航空整備士労働組合

 

ILWU(国際港湾倉庫労働組合)ローカル10、ローカル34、AMFA(航空整備士労働組合)ローカル9から国際連帯の発言を受けた。資本のグローバル化に伴い、労働者の闘いも国境を越えて連帯しなければ勝利しえない。アメリカの戦闘的労働組合は、日本の動労千葉などと連帯し、帝国主義の世界支配に抗して闘う。世界戦争の元凶であるブッシュ・小泉と対決するのはわれわれだ。

2005年10月28日

★障害者自立支援法案の衆院委員会採択を弾劾・議員面会所前で怒りの声上げる

 

郵政民営化の是非を問うたにすぎない選挙で多数を占めた自民・公明が、一度廃案になったものと同じ法律案を採択するという暴挙に怒りの声を上げる怒りネットの障害者。国会は民衆の意思を代弁していない!金持ちが幸せになれば良い、貧乏人は介護もうけられずにのたれ死ね!というのがブルジョワジーなら、そんな国家は滅びるしかない!この日は亡国記念日だ!

2005年10月28日A

★怒りネットの弾劾集会での国会議員・自立支援法廃止の闘いの開始だ

 

写真は社民党の阿部知子議員。この他に民主党の山井和則議員、村井宗明議員、共産党の笠井亮議員から報告を受けた。署名数はこの日までに7746人に達した。闘いはこの日をもって始まったのだ。数万数十万人に障害者の決起を実現すれば法は廃止できる。闘って勝とう。

2005年10月26日

★怒りネットの署名提出行動・内閣府に提出

 

怒りネットの署名提出。内閣府に提出行動。署名は6987筆集まった。1ヶ月という短期間で東京は国会行動に忙しい中、関西が中心になって集めた。「植物状態」といわれる障害者の団体も全国で取り組んだ。約7000人の意志を背後に怒りネットは闘っている。

2005年10月25日

★怒りネットの国会前行動
座り込みの写真

 

国会前では連日にわたって、座り込み、泊り込みが闘われている。泊り込むのは怒りネットと知的障害者の団体であるピープルファースト。障害者の怒りは大きい。自民党・公明党・小泉が数の力で押し通そうとしても障害者の意志を砕くことはできない。自立支援法は成立前から破綻することが明らかだ。

2005年10月23日

★医療観察法=保安処分反対集会

 

医療観察法は施行されたもののすでに破綻が明らかになっている。この日は精神科医と弁護士の講演があり各地報告と盛りだくさんの集会だった。法が施行されても誰も負けていない。法の破綻を拡大して廃止に追い込む展望は確実にある。精神障害者は屈服しないぞ。

2005年10月18日

★自立支援法反対!
大阪3000人集会

 

自立支援法反対の大阪集会に全関西から3000人が集まった。法案は参議院を通過し、200人の議員の差のある衆議院に回された。しかし、障害者は生きるためには負けられない。生きることに負けられない。その思いを表しに参加した。

2005年10月18日A

★自立支援法反対!
大阪3000人集会

 

怒りネット関西は30人で参加。ビラ2000枚をまき、署名も200人を越えて集まった。闘いはこれから闘いは今からと訴えた。法案が成立しても闘いはそこからこそ始まる。御堂筋をデモする怒りネット。

2005年10月7日

★自立支援法反対!
大阪公聴会闘争

 

参議院厚労委員会の審議の一環としてアリバイ作りの地方公聴会が唯一大阪で開かれた。怒りネット関西は法案を廃案にせよと訴える行動をおこなった。会場のホテル前でシュプレヒコールをあげる怒りネット関西。関西合同労組が組織参加した。怒りネット関西は20人が参加した。

10月7日

★大行動実行委員会の全体集会で発言する住田さん

 

トーキングエイドにマイクを当てている。この後の屋内集会では高見が発言した。大行動実行委員会の集会で発言することができた。住田さんは廃案を勝ち取ろう、署名を集めようと訴えた。高見は国会闘争を報告し法案に負けず実力で闘おうと発言した。

10月7日

★大行動実行委員会の障害者達

 

雨の中、150人から200人の障害者と介護者が集まり、法案への反対を訴えた。採決間近と言われる中、敗北主義とは無縁の熱気に溢れていた。

ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ

2005年2月16日

★氷雨の中をデモする「障害者」隊列
関西の部隊が全体を牽引した

 

厚労省前で徹夜した150人をはじめ、1000人以上の「障害者」が冬の冷たい雨の中都心をデモンストレイション。「精神障害者」の医療費アップなどにも反対し、ホームへムプの拡充を要求するデモ。厚労省による福祉大削減に反対しようと訴えた。  05.2.16

2005年2月15日

★「障害者自律支援法案粉砕!」
「障害者」1200人が厚労省抗議

「障害者」の介護の応益負担化(有料化)や、支給上限を新たに設ける「グランドデザイン」=障害者自立支援法の制定に反対し、1200人の「障害者」が厚労省前に集まった。05.2.15

2005年2月15日

★「障害者」の怒りを思い知れ
厚労省を糾弾

 対面の歩道上も車椅子の「障害者」が埋めた。「障害者」の生きるがためのエネルギーはすごい。指導部の中には「公聴会」を要求するなど闘争を歪曲化させようとしているかのようだったが、そんなものは吹き飛ばしてしまうだろう。05.2.15

ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ

2005年2月11日

★医療観察法粉砕
「精神障害者」の敵になるのか!

 

2月11日から3日間、大阪で開かれる心神喪失等医療観察法に従事する医師、看護士、保護司などの研修会を弾劾。会場前で抗議のビラまきとマイク宣伝を行なった。  05.2.11

2005年2月11日

★研修会弾劾
ボロボロの医療観察法体制を更に粉砕するぞ!

 

厚労省は保安病棟建設が大きな反対に会い、2ヶ所以外では頓挫していることを開き直り、判定医らの研修がうまくいっていると強弁している。しかし、参加者のほとんどが抗議のビラを受け取り、われわれを激励していく人もいた。病棟建設が破綻すれば判定医等も厚労省に協力しなくなる。闘いはこれから、今からだ。  05.2.11

2004年11月7日

★国際連帯労働者集会
3600名が結集した

 

11月労働者集会に3600人結集。資本・権力の分断・過激派キャンペーンはねのけて、日韓米の国際連帯集会の大成功勝ち取った。全逓労働者も多数が参加した。  04.11.7

2004年11月7日

★新たなる労働運動の潮流
アメリカ・韓国・日本の労働者が参加

 

アメリカからはILWU・国際港湾倉庫労働組合第10支部、韓国からは世界最強の労働組合である民主労総ソウル本部が参加。ILWUはアメリカでミリオンワーカーマーチを成功させた呼びかけ団体でもある。  04.11.7

2004年10月6日

★郵政民営化を阻止するぞ!
人間性破壊の郵政当局に反撃

 

人事交流=強制配転に反対し、JPS方式=立ち作業方式の導入された神戸中央局の労働者と連帯して局前抗議闘争を闘う。高見さんも差別免職を糾弾する発言。敵の攻撃は労働者をよりいっそう強固に団結させている。  04.10.6




トップページへ戻る次へ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ご意見ご感想はこちらまで