民営化会社に闘う労働運動を築こう!
4・28闘争勝利報集会に85人が結集

 


8・26集会は大成功  
8月26日、「つかんだぞ! 処分撤回・現職奪還!4・28裁判闘争完全勝利!全関西報告集会」(同集会実行委員会)が、会場の収容人員を遙かに超える80余名の大結集で成功裏に開催されました。集会は、「関西の闘い」の報告としてJPU元阪神東支部長の酒井浩二氏の闘争報告が行われました。「郵政職場の不当労働行為を正す会」の代表として、冒頭に4・28闘争が解雇・首切りという労働者にとって最も重い攻撃を闘い抜いて、解雇撤回・現職復帰を勝ち取ったことについてのお祝いがありました。JPUが民営化を前に全郵政と統一するということは、旗の色を変え過去の運動と訣別することであると弾劾しました。ハワイの諺「ノーレイン、ノーレインボー」闘わなければ虹も架からないと締めくくりました。

続いて関西合同労組関西トランスポート分会の辻本分会長が発言に立ちました。郵便局の下請け労働者が労働条件改善を求めて労働組合を作った途端に全員解雇されました。現在は裁判闘争と中労委闘争を闘っています。地労委では勝利したが、中労委では公益委員が悪質で労働者側の意見を聞かないという態度でした。職場に闘いを、そして地域に共闘をと訴えました。

「連帯の挨拶」として全日建関西生コン支部より闘えば勝てるとの希望が持てたと報告。佐賀・国労闘争団(兵庫常駐)からは鉄建公団を相手に裁判闘争を闘っていることが報告された。今年で分割民営化から21年になるが早期解決はしたいが納得のいかない解決はないと報告。


4・28当該が報告  
現職復帰・処分撤回をつかんだ4・28元原告の発言が続きました。徳差清氏は全国のなかまの支援のもとで職場復帰できたことに感謝を述べた。闘い続けている限りは負けない。職場の状況を変えていくため精一杯闘うと挨拶しました。黒瀬英之氏、斉藤昇氏、神矢努氏、池田実氏と発言が続きました。全逓から排除されてからの困難な闘いをともに闘った全国の仲間と連帯していくという報告が多くありました。28年ぶりの復職で困難なことも多々あるそうです。新たに導入されたシステムについていくので精一杯だそうです。そのなかでもがんばっていると報告されました。

その後第二部では、ビールを飲みながらの歓談となった。その後も五次会は午前1時まであったそうです。

うれしいことにこの日、4・28連絡会から、高見さんを支える会に赤旗の贈呈がありました。高見闘争が旗を持つのは初めてのことです。変わらぬ好意を寄せていただいている4・28連絡会にお礼申し上げます。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:yfd35986