大阪精神医療センターの現状



大阪精神医療センター(旧府立中宮病院)への
医療観察法に基づく指定入院施設の開設について
 
2003年7月10日に成立した、いわゆる医療観察法に基づく保安処分施設の建設に対して、関西では、奈良県の松籟荘病院への建設を、地元住民の反対の力で現在に至るも着工を許していません。関西においてはいまだに指定入院医療機関が存在しない現実の中で、大阪精神医療センターにこの施設を開設する動きがあります。

大阪精神医療センターは、枚方市にある旧府立中宮病院で、現在は地方独立行政法人大阪府立病院機構の大阪精神医療センターとなっています。要するに、医療観察法に基づく指定入院施設は、まず国立病院(独立行政法人国立病院機構の病院)を中心に建設が進められ、ついで都道府県立病院に広げられている、ということです。

本年3月7日に行われた、厚生労働省内部の会議でも、国立の14病院への開設ないし準備とあわせて、4か所の都府県立病院への開設を明記しています。岡山県立岡山病院(今年10月開棟予定)、長崎県立精神医療センター、東京都立松沢病院、そして大阪府立精神医療センターです。

松籟荘への建設を阻止している中で、大阪での保安処分施設建設も、阻止していかなければなりません。そこで、まず現状を問い合わせてみました。以下、その報告です。


1.府への問い合わせ  
まず、大阪府の健康福祉部地域保健福祉室精神保健疾病対策課に電話をしてみました。こちらから医療観察法に基づく指定入院施設を精神医療センターに建設する予定と聞いたが、どうなっているのか知りたい旨を告げたところ、あっさりと「現在準備中」との返答でした。具体的にどのような状況にあるのか聞いたところ、

 ・精神医療センターで受け入れる方向で話を進めている

 ・しかし、現状では法の基準を満たしていない。法では、個室であることや、1部屋10平米以上とかの基準がある。

 ・現存の施設を利用する形での受け入れを考えている。法の基準を満たすよう、改修工事を行い、それから運用となる。

 ・時期については、できるだけ早く、と府は考えている。

等々の返答でした。

 大阪精神医療センターでは、現在全体の改築計画を進めており、その概要はホームページでも公開されていますが、それを見る限り指定入院施設の新設については一切出てこないことなどについて聞いてみたところ、

 ・全体の改築とは必ずしも関係ないから、そちらの計画の方には出ていない。(報告者注:全体の改築の前でも、既存病棟の一部改修が済めば、運用を開始する、ということ)

 ・昨年の1月末の議会で、府から府議会に報告している。やる方向で確認されている。

 ・法の所管は、健康福祉部の地域保健福祉室の精神保健疾病対策課である。

 私は、この電話で抗議等をするつもりはありませんでしたが、医療観察法はそもそも許されない、施設も建設すべきではない、といった私の立場を伝えたところ、相手は「法の制定過程でいろんな議論があったことは承知している」と言ったうえで、「病院の方にもいろいろ働きかけとかされてるのですか?」「こちらに直接来られることはありますか?」などと聞いてきました。松籟荘病院で建設が進んでいない状況を知っているので、反対運動には神経質になっている、という印象を受けました。私は、検討して然るべきかたちで抗議や申入等は考えていく、とだけ答えました。ちなみに電話で応対したのは、担当の野村さんという方でした。(電話06−6941−0351 内線2526)


2.病院への問い合わせ  
次に、精神医療センターにも電話してみました。電話の代表受付で出た人に、医療観察法の指定入院施設の建設について話が聞きたい、とだけ用件を伝えたところ、向こうの判断でどこかにつないでくれました。

電話で応対したのは、この件の担当である、事務局のマネージャーのカワサキさんという方でした。前記の府への問い合わせと同様に状況を聞いてみると、

 ・現在、府と協議しているところである。

 ・病院を一部改修して、整備し、受け入れようとしている。

 ・予定としては5床である。

 予算とかあるだろうし、どのようなペースで考えているのか、来年度とかから動くのか、と聞いたところ、

 ・法に基づいて国として整備するものなので、補助金のことなど、厚生労働省とツメている。

 ・まだ具体化していないので、(病院の側の)担当部署も決まっていない。そこで現在は私(カワサキさん)が担当ということになっている。

といったことでした。

病院に対しても、私は自分の立場を述べたうえで、国や府の決めたことはともかく、「再犯の予測は可能」などといった非科学的な主張に基づく、医療観察法の施設を作ることなど、医療の現場として、私たちと共に反対して欲しい、とだけ意見を伝えました。


3.まとめ  
府と病院への問い合わせで、厚生労働省−府−病院として、建設の方向で動き始めていることが分かりました。しかし、私たちにとってはまだ時間はあります。

精神医療センターに労働組合の支部などは存在しないのか、あるいは組合員はいないのか。それから、枚方市内にも「精神障害者」の作業所や様々な団体等はあるが、そういった団体は知っているのか。もし情報が入っていないのなら、共に反対していけないか。地域住民は知っているのか。全く知らされていないのであれば、宣伝して、ともに反対を呼びかけていくこと。等々、できることを考えて、やっていきたいと思います。





バックナンバーのぺージへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234