07年度医療観察法関連予算概算要求


厚生労働省の要求  
医療観察法関連予算概算要求は厚生労働省分最高裁分、法務省分合わせて216億円以上、かつての精神保健予算の2割以上です。厚生労働省分189億円

心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者に関する医療体制の整備;189億円  ※他局計上分含む。

 心神喪失者等医療観察法を適切に施行するため、引き続き、指定入院医療機関の確保を図るとともに、医療従事者等の研修を行うなど医療の提供体制の整備を推進する。

○ 189億円は医療観察法関連の厚生労働省分の全ての経費が含まれている。('06年度予算;137億円)


厚労省の要求の内訳  
○ (内訳;積算根拠)

○ 運営費(人件費含む);23億円('06年度予算;27億円)

○ 研修費;1.4億円('06年度予算;1.4億円)

○ 医療費;124億円('06年度予算;63億円)

   ⇒ 年間の対象者予測数;400人(うち、入院300人、通院100人)

  ⇒ 入院患者数推計;638人

     (うち、'06年度が425人、'07年度新規が300人分)

       ※ '06年度患者のうち87人[注]が退院するものとして積算

○ 施設・設備整備費;39億円('06年度予算;43億円)

   ⇒ 国立・独法での建設予定分2ヵ所+都道府県分5〜6ヵ所の見込

○ その他(対象者の移送、等々);2億円('06年度予算;2億円)

[注]

入院患者は18ヵ月の入院治療後、18ヵ月をかけて徐々に退院するものと仮定(入院後36月で全員退院)。このため、入院後19ヵ月目から毎月1人〜2人の退院者が発生するものとして算出。これにより、'05年10月に入院した25人は'07年4月に退院者1名、5月に2名… '05年11月に入院した25人は'07年5月に退院者1名、6月に1名… として'07年度中の退院者を算出した結果、87人と積算


その他  
最高裁分 22億8千8百万円強

  法務省分2億円強 




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234