新たな装いの保安処分


30年ぶりの保安処分のの諮問  
7月27日の新聞各紙に「再犯リスク高い性犯罪者ら、満期出所後、施設入所も」などと報じられました。杉浦法相が法制審議会(法相の諮問機関)に、「性犯罪者」や「薬物犯罪者」で「再犯のおそれがある」満期出所者を対象に、刑期が終了した後も専門施設へ入所させる制度の導入を諮問したのです。保安処分制度を正式に導入するというものです。

保安処分とは、社会防衛(保安)のために施設入所などの形で人権を侵害する制度です。法務省が検討しているのは、「性犯罪」や「薬物中毒」による犯罪で刑を受け満期出所する人のうち「再犯の恐れ」が高いとされた人を対象に、国立の「自立更生保護センター(仮称)」に収容するというものです。

保安処分新設は、1974年に法制審議会が、「薬物常習者」や無罪判決を受けた「精神障害者」を専門施設に収容する制度を盛り込んだ改悪案を法相に答申して以来のものです。このうち「精神障害者」に対する保安処分は形を変えて「心神喪失等医療観察法」として昨年7月に施行されていることは周知の通りです。


「『医療観察法』は保安処分でない」?  
「医療観察法」の制定時には、「この法は保安処分ではない」と政府は言いました。「再犯のおそれがある者」を収容するのではないという言い訳をしたのです。法は、第一条、目的で、「この法律は、心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者に対し、〜その社会復帰を促進することを目的とする。」としました。また、審判の項では「対象行為を行った際の精神障害を改善し、これに伴って同様の行為を行うことなく、社会に復帰することを促進するため、入院をさせてこの法律による医療を受けさせる必要があると認める場合 医療を受けさせるために入院をさせる旨の決定」を行なうとして、「再犯予測を前提とするものではない」「医療が目的である」と言い逃れたのです。 

この背景には、当時の厚生労働大臣の坂口力が「イギリスの医学教科書に精神障害者の再犯予測は可能であると書いてある」と国会で発言した事件がありました。すでに報告したとおり、その教科書には、「再犯予測はきわめて困難である」と書いてあったのです。「再犯予測ができないのに再犯をしないように収容する」というのは明らかな矛盾であることを突きつけられたのです。さきほどの法文の引用部分が、わけの分からない言葉になっているのには、そういう背景があります。


明らかな保安処分  
とにもかくにも「医療観察法」では「保安処分ではない」と言い逃れていたのに比して、今回の諮問では保安処分であると報道されても否定していません。そういう意味では、一段と保安処分の全面導入に道を開くものです。1974年の諮問でもそうであったように、権力者の真の狙いは「人格障害者」への拡大にあり、その中でも思想犯にあることは明らかです。

1974年当事に使われていた「精神病質」という考え方が医学的に的確ではないとされ、代わりに「人格障害」という考え方が導入されました。これは「犯罪を繰り返す人は人格に問題がある」と決めつけ、そこから逆に「ある種の人格の人は犯罪を繰り返す」という考え方をでっちあげたものです。この中に思想犯が含まれています。「法を守らず犯罪を繰り返す。偽名を使う。向こう見ずである」といった「反社会性人格障害者」の診断基準は、左翼的な社会運動家の特徴と重なります。

性犯罪、薬物中毒、思想犯では「再犯予測」が可能なのでしょうか。「反社会性人格障害」の診断基準のように、恣意的運用が予想されます。社会運動をするのは人格が歪んでいるからだと決めつけられて、思想を変えないと「再犯の恐れ」があるとされるのです。思想転向をするまで予防拘禁と不定期刑が科されます。戦争に行きつく弾圧法であった治安維持法の再来です。


保安施設で生じている矛盾  
医療観察法にもとづく収容施設では、実際に「医療」にあたっている医者の中で、「精神医療の対象ではない人が収容されて来るのは本来の趣旨と違う」として、薬物中毒患者や知的障害者を排除しようという意見が主をなしてきつつあります。今の保安施設にはそういう人が多数収容され、退院の可能性がないまま長期収容されているからです。保安施設で働いている医者はゴリゴリの保安処分推進派ではなく、中間派であるという事情もあります。その意見と本来権力者が狙っているのはまさに排除されようとしている薬物中毒であり、知的障害であり、ひいては思想犯であるということの整合性をつけ、あくまでこれらの人たちを保安処分に処すということが、今回の法制審への諮問の背景にあります。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234