9・15集会が大成功
167人が参加・熱気あふれる集会に



9・15障害者自立支援法撤廃を求める集い・167人が参加  
障害者と福祉労働者は自立支援法の撤廃を求めている事がこの日の結集のすごさによって明らかになりました。厚生労働省や政府はこの事実を直視すべきです。「撤廃とまでは言えない」と思ってきた多数の障害者にとっても、大いに力づけ、「撤廃しかないんだ」と思うことのできる結集でした。尼崎市立小田公民館の大ホールをびっしりと埋め尽くす167人の結集は、予想をはるかに越えるものでした。

集会では、障害者が次々と発言に立ち、《撤廃》への思いのたけを語りました。1割負担が重くのしかかり、地域自立生活は困難になっています。施設にいる障害者も生活に余裕が無くなり、実家に仕送りしていた人も送金をやめざるをえなくなっています。


福祉労働者も決意を表す  
また、福祉職場で障害者切捨てを担わされている自治体労働者、精神科診療所で自立支援医療の実務をしている医療労働者、障害者施設で働く労働者、養護学校で働く労働者などが発言し、障害者と共生するためにどうしたら良いかを悩みながら障害者と共に闘うと誓いました。生活保護の実務をしている自治体労働者は、「受給申請者を疑え」と言われ、生活保護を受けている人は嘘をつくから言う事を疑ってかかれと教育されるという実態を語りました。「自分はそうではないと思う」と葛藤しながら障害者と共に生きる立場を表明しました。障害者と連帯する労働者の大きな流れとなった決起が始まっていることを示しました。この集会を出発点にさらに大きな障害者、労働者の自立支援法撤廃の運動へ拡大していきましょう。自信と確信を持って《撤廃》と言い切ろうではありませんか。


安倍改憲政権と対決しよう  
この日の結集には、自民党の安倍が政権につくことへの危機感も大きいのではないかと思います。安倍は「戦争を始める決断ができる政治家が勇気のある政治家」「任期中に改憲をやり遂げる」と著書で公言しています。戦争の時代に真っ先に抹殺されるのは障害者です。また、「終末期医療をやめる事で9000億円が節約できる」などと言っています。これは「生きる価値なき生命が存在している、殺してもいい生命がある」という明らかな優生攻撃です。障害者自立支援法は序曲に過ぎず、これから本格的な障害者抹殺攻撃が始まろうとしているのではないかと思います。安倍政権による憲法9条、25条(最低限の健康で文化的な生活を保障した条項)の改悪に怒るあらゆる人たちと共闘していかねばなりません。


憲法9条、25条改憲反対の障害者の隊列を登場させよう  
各地で憲法9条、25条改憲に反対する障害者の決起が始まっています。9月24日には大阪の集いが開かれたので参加してきました。全部が「歌と踊り」なのには少し疲れましたが、同じ思いを持つ障害者が350人も集まったのは心強いものでした。


自民総裁選(ニッケイネット9.4より引用)
終末期医療の見直しを・安倍氏、歳出削減で
 
自民党総裁選に出馬を表明している安倍晋三官房長官は4日、福岡市内で開いた九州ブロック大会で、社会保障関係費の抑制に関連して、「終末期医療は見直していかないといけない」と述べた。終末期の在宅医療促進などで抑制を図っているが、歳出削減の徹底に向けて一段の見直しが必要との認識を示したものだ。ただ、具体的な方法には触れなかった。終末期医療は高齢化の進展や医療技術の進歩などで、医療費に占める割合が高くなる傾向にある。死亡前1カ月の終末期医療費は総額約9000億円とされる。安倍氏は社会保障費の抑制に向けて(1)介護予防の強化(2)年金、医療、介護を含めた社会保障の一体的な見直しの検討――もあげた。





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234