心神喪失等医療観察法施行1周年弾劾・三者協議会



医療観察法によらない強制入院にも反対  
7月15日土曜日、医療観察法施行からちょうど1周年の日、関西で「医療観察法三者協議会」を行ないました。三者とは精神科医、弁護士、「精神病者」です。弁護士の方々は、医療観察法の実務を担ってこられた人たちです。精神科医は、また、医療観察法の実務を担わされている方です。施行一周年を前にして、法の施行を許さぬ立場から、実務者の話し合いの場が必要なのではないかという声が上がり、その第一回としてもたれました。

会合では自己紹介の後、弁護士からの提起がありその後討論を中心に進みました。「精神保健福祉法上の入院を前提として医療観察法の強制入院にはしないで強制通院などの決定が出るケースが増えている」という報告がありました。これは「精神病者」には理解しがたいものでした。どちらも強制入院ならほとんど変わらない中身なのではないかと思えるからです。弁護士には「医療観察法による入院がパラダイスのように厚労省サイドは言うがそんなものとは思えない」という気持ちがあるようです。保安施設がひどいところであることは容易に想像できます。しかし、精神保健福祉法に基づく入院で虐待が行なわれることも「精神病者」なら誰でも知っていることです。

精神保健福祉法上の入院は、裁判で「無罪」や「執行猶予」になるのとは違うのです。強制入院は「有罪」の一形態でしかありません。その共通認識が必要と感じました。


保安処分は医療の名を借りた制裁だ  
東京では「人格障害」とされた人が心神耗弱を認められたのに対して、武蔵病院への強制入院決定が出たそうです。武蔵の医者が治療の対象でもないものは困るとして退院請求を書いたという逆転したことが起きています。「人格障害」というのはある種の性格は歪んだものだという決め付けのラベリングです。だから本来、医療の対象ではないのです。

また、心神耗弱などが認められた「知的障害者」が審判に乗せられるケースが多々あります。ひどい場合には強制通院の決定が出ています。いうまでもなく「知的障害者」は精神医療の対象ではありません。

国としたら、心神喪失・心神耗弱を認められて刑務所に入らないですんだ人を「確実に」精神病院へ送るための制度が医療観察法なのです。法の制定過程でも、重大事件を犯した「精神病者」が措置解除で退院しているのはけしからんという議論が行なわれていました。だから医者がこだわるような治療可能性など一切考慮されずにこの法に乗せられているのです。実際イギリスなど古くから保安病棟のあるところでは、治療の効果などないままに退院できず20年30年40年と滞留している患者が多数います。刑罰の代わりに精神病院に入れるという発想です。


事実を否認すると病気のせいにされる  
また、実際にあったケースを基にした議論で、「対象行為を否認している者に対する審判のあり方」ということがあげられました。本来、事実に争いがある場合は、対象者の処遇を判断する合議体とは別の合議体が事実の存否について判断するものとされています。しかし、審判が2ヶ月という短期間で終わらないといけないということも影響しているのか、別の合議体で審理されることは少ないようです。実際に関西であったケースは別の合議体での審理はされませんでした。患者としては事実関係を争いたいのに審議してもらえなかったという気持ちのまま医療の場に来てしまったケースです。警察がありもしないことをでっち上げることは精神科医の間でも知られています。患者が対象行為を否認しているのは本当はやっていないのか、それとも否認していることも病気の症状だと考えて治療にあたるのか、が確定できないということでした。


阻止の展望を作っていこう  
精神病者」の立場からすれば事実関係を争っていても審議してもらえないというのは、裁判を受ける権利が奪われているということです。この法の審議過程で推進側から、「精神病者にも裁判を受ける権利があるから法は必要だ」ということが「精神病者」の一部を巻き込んで言われました。そんなのは大嘘だったのです。そもそもこの法律は「社会復帰させるための施設だ」という大嘘の上に成り立っています。大嘘を暴き、法の正体を広く労働者民衆に知らせていくことが施設の建設阻止、廃止の現実的な道筋ではないでしょうか。地道なことですが奈良県の松籟荘でも真実を知らせるビラ入れなどを今後も行なっていきます。全国各地から共に建設阻止・法の撤廃の展望を作っていきましょう。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234