自立支援法は障害者を苦しめる悪法だ
撤廃するまで闘うぞ!

 


撤廃署名にご協力を!  
多くの障害者が反対する中、≪障害者自立支援法≫が4月1日から部分施行されました。4月から始まったのは介助費・医療費の一割負担です。その金額はきわめて高額で、月収6万6千円しかない人から月1万5千円、月収8万の人から月24600円、9万円以上の月収の人からは月37200円取るのです。

政府の言い分は、「健常者が電気・ガス・水道の費用を払うのだから、障害者は介助の費用を払え。商品社会なのだからサービスも金を出して買うのは当然だ」というものです。怒りなしには聞けません。トイレに行くこと、食事を摂ること、風呂に入ること、歩くことに健常者は金を払いますか。なぜ障害者だけが生きるための最低限の行為に金を払わないといけないのですか。


障害者を孤立させないで  
労働者のみなさん、障害者を孤立させないで共に闘ってください。

障害者自立支援法や介護保険料の24%アップ、もしこれがフランスであればゼネストが何回も闘われているのではないですか。日本でも1970年代に総評が「障害者春闘」を闘いました。労働者はその魂を忘れてしまったのですか?総評がつぶされて「連合」になったら労働者も考えが変わったのですか?

いま障害者は生きるために必死になって闘っています。法の成立に反対するために、1万2千人の障害者による国会を包囲するデモンストレーションが闘われ、徹夜泊まり込み闘争で国会前がテント村のようになっていました。関西でも3千人の障害者などによる御堂筋デモが闘われました。

法の成立後も障害者は闘い続けています。法の撤廃を掲げた4・9怒りネットの集会に40人の実力闘争を闘う障害者などが結集しました。介護職場、病院などの労働者・労働組合も闘っています。4・9集会に参加した若い施設労働者は「僕は障害者差別という切り口から今の社会を変えて行きたい」という力強い決意を述べました。


ナチスの時代は始まっている  
ナチスの時代は「まだ先のこと」ではないのです。ナチスは障害者は金がかかるからという理由で30万人も殺しました。いま起きていることはそれとどこが違うのでしょうか。ナチスが殺したことと、障害者がトイレにもいけない、風呂にも入れない、食事も満足に摂れない、外出もできないこととどちらが残酷か比べられますか。劣悪で非人間的な施設に収容されたり「座敷牢」に閉じ込められることと、ナチスの強制収容所とどこが違うのですか。国会傍聴で必死の思いで「人殺し」と抗議した障害者に対して、自民党議員(小泉チルドレン)の一人は「まだ殺していないだろう」とヤジを飛ばしました。絶対に許せません。


10月全面施行(介助の引き下げ)に反対しよう  
10月からは介助時間の引き下げが始まります。いま24時間的介助を受けているような人たちは社会では暮らせなくなります。4月施行では生活保護の障害者は対象となりませんが、10月全面施行は全部の介助が対象となります。

10月全面施行反対をもう一つの大きな山場にしながら、1割負担に反対する闘いを広げていきましょう。法の撤廃をかちとるため、新たに開始した法の撤廃要求署名をひろげ、厚生労働省交渉にかけつけ、小泉政権への抗議行動を共に闘いましょう。数万人のデモで厚労省を包囲しよう。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234