御手洗日本経団連会長就任の挨拶を批判する


社会保障解体の要求  
5月24日、日本経団連会長に就任した御手洗は会長としての抱負を述べました。キャッチフレーズは「INNOVATE(変革) 日本」だといいます。資本家のトップが日本をどのような国にしようとしているのかがむき出しの言葉で語られています。以下その批判を書きます。

以下あいさつ文からの引用です。

「一人ひとりが自らの責任において、自らの未来を切り拓く気概を持つということは、とりもなおさず、官や国への安易な依存心を持たないということであります。現在焦点となっております社会保障制度改革もその一例であります。自ら支払ったものを大幅に越える給付を受けられる制度が、恒久的に維持できないことは明らかであります。そのような制度が設計された背景には、どこかに官依存の甘えがあったからに他なりません。しかし、一見優しく見える制度は、子々孫々への負担の付け回しでしかありません。社会保障給付につきましては、少なくとも現在の経済の身の丈にあった水準にまで合わせ込んでいくことが必要であると考えております。(略)

例えば、いわゆる格差の拡大が問題視されておりますが、公正な競争の結果として経済的な格差が生じることは当然のことであります。この場合、格差は問題というよりも、むしろ経済活力の源であり、そのために必要なことは競争に敗れた者に再挑戦の機会が何度でも与えられるということであります。」

以上が引用。


弱者を痛めつける社会が理想だと主張  
政府や財界によって、政府財政の崩壊的危機の原因を社会保障に求めるすりかえの暴論が続いていますが、御手洗もその延長上にいます。それにとどまらないのは格差は当然と開き直っていることです。何十兆円もの税金を投入して銀行を救済したことや、国家独占資本主義政策が国家財政を崩壊的危機に落とし込んでいる原因です。

「格差社会」と名づけられた階級分裂が激しく進んでおり、若者や女性の半数は正規雇用につくことができません。一生に得る賃金の格差は4倍以上です。まともに働いていても老後の生活が成り立たちません。そのなかで、憲法25条で「健康で文化的な生活」しているのを破棄しようというのです。資本家によるむき出しの搾取と収奪に任せる日本に「変革」することが御手洗日本経団連会長のめざすところなのです。

労働のできない障害者が「支払うより多く受け取る」というのは当然の権利ではないですか。それが「福祉」という意味です。御手洗はそれを保険制度のようなものに変えてしまいたいのです。日本経団連などの資本家達はもはや、社会を維持することもできず、国民を生かしておくこともできないまでに危機に陥っているのです。

日本経団連による「イノベート(変革)日本」という政策と真っ向対決するしか私達に生きる道はありません。







バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234