関西トランスポート闘争
兵庫県労働委員会審問傍聴記



公社・会社の嘘とペテンは暴かれた  
3月16日の関西合同労組関西トランスポート分会の不当解雇事案の兵庫県労働委員会審問を傍聴した。当日は、全逓(JPU)加古川分会総分会長の江渡さん、関西トランスポート会社常務の田中千秋(47歳)、専務の田中英治(29歳)、郵政公社加古川局総務課長の小牧和弘の審問だった。審問は主尋問を先にまとめてやるというシステムらしく、すべて主尋問のみだった。江渡さんが事実に基づいて一つ一つパズルを埋めるように話を詰めていくのに対して、会社側と小牧は嘘のストーリーにそって話を作っているというのが見え見えだった。細かな点でも嘘が多いらしく、「うそつけ」というヤジが何度もとんでいた。私には細かな事実は分からなかったのだが本筋として言っている大きなストーリー自体が大嘘であるのは明らかだった。


関西トランスポート闘争  
関西トランスポート分会の闘いは、最低賃金以下で働かされていた加古川郵便局の小包配達の「偽装請負」の労働者が「俺たちも労働者だ」と立ち上がり昨年5月を結成したとたん、全員解雇されたというものだ。労働組合結成を嫌悪した不当労働行為であることはあまりにも明らかであり、神戸地裁も昨年12月に地位保全の決定を出している。労働組合結成が全国の小包職場に広がることを恐れ、小さいうちにたたきつぶそうとした事案だ。それゆえに不当労働行為性があまりにも明らかなのだ。公社の指示であることは明らかであり、公社が労働者をいくらひどくいじめても不当労働行為とされないから図に乗って大失敗をやらかしたといえる。


公社・会社側のストーリー  
公社・会社側のストーリーは、募集しても人が集まらず契約を続けていたら加古川局に迷惑がかかるから契約を打ち切り全員解雇したのだということなのだ。だが事実の問題として、契約を打ち切り、代わりにスト破り会社の「福栄」が入ったことで、業務は大混乱しているのだ。会社も認めざるを得なかった超ベテランの関西トランスポート分会員の首を切ってしまった結果、職務の継承性がなくなり全くの素人に置き換えられてしまった。朝8時から深夜11時12時まで配達しているのが通常になってしまい、公社の管理職も総出で小包配達をしている。遅出の労働者が深夜2時まで働かされ家に帰れずに「健康ランド」に泊まったという事態まで引き起こされている。福栄物流がいかにでたらめな会社であるのかが江渡さんの口から明らかにされ、また、加古川局がどんなにひどい状態になっているのかが明らかにされた。真実に勝る説得はないのだ。


ストーリーの崩壊  
比べて会社側のストーリーはでたらめなのがあまりに明らかだった。「人員が集まらないから首切り」ということ自体が矛盾している。関西トランスポートは4局の下請けをしているが、なぜ加古川局だけを切ったのかの説明は一切なかった。田中英治にいたっては、業務困難になっていたのは神戸中郵などの他局だという始末だ。他局が困難になったからなぜ加古川局を切るのだ。その説明は一切なかった。困難になったと言うのも、彼らが社員だという各局一人配置している「リーダー」が病気などで入院したり倒れたりしたからだという。それなら新たなリーダーを作ればよいだけの話ではないのか、ベテランの労働者はいっぱいいるのだから彼らの中から新たなリーダーを作れば良いだけの話だ。

田中千秋は、分会員が労働者だと認定される一つの根拠になっている雇用保険に入っていたという重い事実に打ちのめされている。それに反駁して言うことがひどい。労災保険に入りたかったが「一人親方」の保険の入れるには仕事を休ませねばならずそれを嫌って労働者の入る雇用保険に入れたというのだ。もしこれが本当なら詐欺罪ではないか。嘘をついて利得を得るという行為は立派な犯罪だ。事実は労働者だと思っていたから雇用保険に入れたということでしかないのだ。

ところで、この専務とか常務という連中は一体どんな仕事をしているのだろうか。この日の審問では、会社代理人はどういう仕事をしている人であるかという普通はおこなわれる人定作業を一切しなかった。ピンはねしているだけだから聞けなかったのではないか。反対尋問が楽しみだ。


公社・小牧の大嘘  
公社の小牧の嘘はとくにひどかった。関西トランスポートの時代にも業務混乱はあったから福栄に変わって混乱しているのではないと強弁した。しかし、それは規模が違うだろう。こんな嘘は反対尋問に耐えうるしろものではない。

また関西トランスポート分会の労働条件を決めるのは加古川局ではないというが、小包一個いくらを決めているのは公社ではないのか。朝8時に出社して夜8時の便まで拘束すると決めているのは公社ではないか。夜早く勝手に帰っても良いとでも言う気か。

また、毎朝のミーティングに出席させていたという事実を突きつけられて、毎朝ではないという言い逃れをしている。これは、全逓加古川分会の組合員多数に聞いてみればすぐに分かる作り話だ。加古川局に雇用主性があるのはあまりに明らかだ。

嘘をつかないといけないという事実こそが分会員の正当性を証明しているのだ。事実関係については全く知らない私でもこれだけの嘘が見て取れた。次回からは反対尋問が始まる。嘘を完全に暴露するのが楽しみだ。

この日には分会員4人全員が参加し、全体で10人くらいの傍聴だった。分会員はそれぞれ嘘に怒り反対尋問で真実を明らかにすると決意を述べていた。真実に勝る武器はない。分会員の決意がある限り最終的勝利の展望はある。今後も共に闘っていきたい。

次回審問は4月26日水曜日午前10時から12時までです。兵庫県県庁にて。関西トランスポート分会員の反対尋問です。多くの傍聴をお願いします。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234