9・15自立支援法の撤廃を求める集いへの参加・賛同のお願い


命が危ない!人間性が奪われる!
「障害者自立支援法」は≪自立させない法≫だ!10月全面施行反対!
 
日時:9月15日(金曜日)午後6時より

会場:尼崎市立小田公民館(JR尼崎駅北東に徒歩5分)

主催:怒っているぞ!障害者切りすて!ネットワーク関西

代表:住田雅清 兵庫県西宮市上之町34−10

電話:090−3054−0947

講演:古賀典夫さん

(怒りネット(全国)世話人)


趣旨  
660万人の障害者の解放のために活動している「怒りネット関西」から、9月15日に開く集会へのご参加・ご賛同のお願いをさせていただきます。怒りネット関西では、9月15日に法の全面施行を許さず、撤廃を勝ち取ることを目標とした集会を行ないます。究極的な法の撤廃の展望を作っていきましょう。

障害者自立支援法という名前の≪自立させない法≫=障害者抹殺法が昨年10月に自民・公明党による強行採決で成立し、今年4月から半分施行されています。10月からは全面施行されます。4月から介助費用の自己負担が始まっており、その上限は3万7千円にもなります。手取り6万6千円の年金の人からも上限1万5千円を徴収しているのです。それがために介助をあきらめざるをえなくなった人が多数います。分かっているだけで全国で4件の、事態に悲観した心中事件がおきています。闇の中ではもっと悲惨なことがおきていることでしょう。


10月全面施行を許さない  
10月全面施行では、介助時間の大幅な制限が始まります。経過措置の後には、24時間介助が必要な最重度の障害者でも一日4時間以下しか介助が受けられなくなります。このままでは施設に収容されるしかなくなり、1970年代以来の闘いで勝ち取ってきた「施設から地域へ」という流れが30年も昔に逆戻りさせられてしまいます。

障害者に介助が必要なことは言うまでもありません。1970年代以来「施設から地域へ」を合言葉に、多くの障害者が自ら介助者を組織していき、地域自立生活を勝ち取ってきました。これらの介助者は文字通り障害者が苦闘しながら作ってきたものです。介助者が介助を職業とすることができるように、財政的に介助者の生活を保障する制度として細々としたものでしたが措置制度がありました。2003年の支援費制度導入でそれらの介助者は事業所に雇用される形を取らざるをえなくなりました。介助の「民営化」が行なわれたのです。この民営化で介助は国の責任事項ではなくなり、介助者を雇用している事業所と障害者の契約関係になりました。国に苦情を言っても取り合わない体制にしたのです。そして、それでも金がかかりすぎると言って行なうのが「民営化」の完成とも言うべき自立支援法です。介助時間を大幅に制限することで障害者から介助者を奪ってしまい、地域自立生活を不可能にしてしまうのです。介助者は事業所に雇用されているので自由に障害者との関係を築くことができなくなっています。雇用され障害者のもとへ派遣されるという時間の中でしか障害者との関係は築けないようにされた上に、その時間を極端に短くされてしまい、もっと介助したくともできなくされてしまうのです。障害者と介助者の有機的連帯性は解体されてしまいます。


法の撤廃の展望を作ろう  
ある障害者関係団体が大勢参加してくれることになりました。「厚労省の言うべき事を代弁したり、『大変や大変や』というようなことを言う集会は今までもあった。『撤廃』を掲げているところに期待している」とのことでした。いま、私たちに求められているのは具体的・現実的な≪撤廃≫の展望を作ることだと思います。「昨年11000人の障害者と介助者で国会を包囲しても法は作られた」という現実があります。でも今年7月4日の大阪行動には2200人集まりました。障害者は誰もあきらめていないのです。政府による懐柔策は完全破綻し、1970年以来の障害者解放運動の歴史的高揚局面が再び到来しています。10月を前にして絶望するのか、そうでなく闘って展望を作り出すのか、多くの障害者がこの集会に注目しています。


労働者の本格的な決起を  
撤廃の展望を示すには、なによりも労働者が決起することです。去年の闘いに欠如していたものは労働者の本格的な決起だと総括しています。まずは知るために行動してください。9・15集会にぜひご参加ください。労働者の一人でも多い参加が私たちの勝利の証です。障害者の皆さん。この集会は広く労働者に訴えていくための第一歩です。ぜひとも集会に参加いただき発言もしてください。この集会をほんの第一歩とする障害者と労働者の共闘を作っていきましょう。障害者のひとりでも多くの参加と発言が労働者に訴える力となります。

10月全面施行を許さぬ大衆的決起のときです。障害者殺しを黙って見ているわけには行きません。今こそ起つべきときです。

障害者、労働者の皆さん、ぜひとも9月15日午後6時、JR尼崎駅から北東徒歩5分の小田公民館に結集して下さい。





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234