「心神喪失等医療観察法」撤廃関西集会に52人が参加


 
兵庫県で行われた、「心神喪失等医療観察法撤廃の集い」に52人の「精神障害者」や労働者が参加しました。集いは、保安処分病棟に反対する有志連絡会の主催、兵庫県精神障害者連絡会の共催です。「肥前病院自殺事件から収容所列島日本を問う」と題した学習集会です。

集いは兵庫県精神障害者連絡会の高見から医療観察法の概要、自殺事件の概要の報告、社会的入院の解消に関する政府のペテンの報告をしました。昨年の学習会以降、御遺族と連絡がつき、また発病原因が自衛隊内のでいじめとわかりました。医療観察法は「再犯予測はきわめて難しい」と認めながら事実上は再犯予測をするという矛盾、政府やマスコミが「精神障害者」は危険だというキャンペーンを行ったがそれがいかに事実に反しているかを数字を挙げて具体的に示しました。その後、若干の質疑をした後、兵庫県立光風病院精神科医師の柴田明さんのお話を受けました。

柴田さんの発言の要旨は以下のものです。


近代精神医療は保安処分に流れる傾向  
「精神医療というのは、明治以降、医療より保安的流れが先だった。うちの病院の創立には警察(内務省)が関与している。近代精神医療は、ほっておくと保安処分に流れてしまう傾向があり、注意が必要です。

医療観察法では強制通院処遇の決定でありながら精神病院に入院という、一般の人が理解できない判定があります。通院処遇なのにどうして入院という話が通るのでしょう?保安処分が医療の装いをしている医療観察法のほころびがそこに出ています。『通院』を保安処分施設への通所命令と置き直すとハッキリします。医療の衣を被せる前の姿がそこに出て来ます。

医療の場にいると、医療観察法にはだましの流れがあるのが分かります。再犯予測が出来ないのに出来ると読み誤って作成した法律なので細部に無理があります。法を通すときは『再犯予測は極めて困難』と認めながらごまかして、表面の言葉を取り繕って通してしまった。根拠が180度変わっても構成は全く同じというのは変です。そもそもがうさんくさい出来方で、その影響があちこちに波及してゆきます。まず県です。うちの病院にも、利益になるから指定入院機関を受けるように打診があった。しかし、利益は保証されていないことが途中で分かり、危うく国に県がだまされるところでした。国のだましはさらに続きます。次は指定通院機関の話です。国は途中でこそっと条件を変えました。訪問看護が必要だと後出しで入れてきた。たまたま見つけて、訪問看護ステーションはないのでできないと言うと、『訪問看護ステーションの名前だけ書いておいてください。黙っていれば分かりませんから』と私たちにだましをやらそうとしてきた。それはさすがに出来ないでしょうと断ると、ある訪問看護ステーションを指名して、そこに無理矢理させるやり方をしてきました。そのようなだましの流れがあります。それが今回の自殺事件の処理で、ついに医療現場まで波及してきたのです。うちの病院でも自殺はあったが、患者に死なれたら医者は落ち込んで悔やむものです。信頼関係はあったと開き直らずに、真摯に事件を受け止めるのが普通です。今回の自殺に関して第3者機関が医療上の問題はないし信頼関係もあったと言いきっている。信頼関係は患者側が言うもので医療側が言うべきことではない。


医療のモラルの崩壊  
以下は私の推測を交えた考えです。今厚労省としては、医療観察法に非があることを認めるわけに行かないし、医療観察法を担っている医師を傷つけるわけに行かない。医療観察法を担っている関係者に、決められたチェックリストを手順通りたどっていれば患者が自殺しても、信頼関係まで含めて問題ないことになるのですよ、と強いメッセージを送ろうとしたのですね。患者との関係より、チェックリストの手順を追えばいい、その方が大事だと。医療の普通の受け止め方を厚労省が医療観察法を守るために歪めたわけです。それに麻痺させられてしまうと医師のモラルを崩壊させる危険な話です。

この事件では、入院後、職場であり発病原因だった自衛隊のことを自殺した患者が言っても取り合ってもらえなかったのではないか。反省が先、起こした事件が問題だとされてしまったのではないか。妄想として病気扱いされたかも知れない。医療内容が公開されないので永久にチェックが入らない仕組みになっている。この方の自殺に至る深い絶望には、医療観察法の仕組みが関与している。それは第三者機関の結論の出し方に象徴されている。『信頼関係はあった。何の問題もない』と。追い込まれた側の言い分はシステム的に圧殺されました。真相は公開されず、そんな結論で締めくくられる以上、医療観察法に対する不信感は益々強くなる。

この方の発病にいたる自衛隊時代の苦しみ、発病、自衛隊に対する思い、入院処遇への無念の思いを汲んでいかないといけない。医療観察法の問題を批判する根拠としてこの方の自殺を記憶にとどめておかないといけない。この方の親の無念の思い、亡くなった方の無念を晴らすためにも医療観察法を廃止にもっていきたい」


「医療観察法」は保安処分  
討議では、柴田さんから「処罰的にではなく、苦しんでいる人を医者として楽にする、幸せにすることが出来ないか、見通しを与えながら、どう生きるかを提示していきたい。」「病を抱えた人間の生き方を模索する、しんどさを共感していくことてはないか。若い医者は薬で病を抽象化して対処する人が多い。入院させればよくなるという根拠のない発想だ。何十年も入っている人がおり入院させれば良いということはない。」とまとめられました。

討議では「医療観察法は医療で対応するからよい法律だと思っていた。しかし、自殺があり保安処分だとするとよくないと思う」という意見や、「高見の方から精神病院の解体と言われたが、精神病院は必要ではないか」という意見がありました。これに対しては高見から「20年30年と収容されているあり方を解体しないといけない。イタリアで『自由こそ治療だ』というスローガンで精神病院が解体された地域がある。しんどいときに休む場所は必要だが」と答えました。その他にも、熱心な議論がなされました。参加した「精神障害者」や労働者は医療観察法の問題性から「精神医療の問題性」にも思いをはせる学習会となりました。「精神障害者」の生き方を模索する、生き様に思いをいたす学習会などを今後企画して行きたいと思います。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで