不当解雇15年目の出発 


屈せず闘う。高見元博  
今年の9月14日で不当解雇より14年が過ぎました。次々と襲った強制配転で芦屋局にいた話のできる人はいなくなってしまっています。芦屋局前で毎月門前闘争をするようになってから6年くらいがたつでしょうか。そのなかで僕とすれ違いに局に入ってきた人が応援をしてくれるようになっています。門前闘争でマイクアジテーションを始めると局の二階から手をふって応えたり、声がよく聞こえるようにと、二階の窓を全部開けて行ったりしてくれます。また、おそらく強制配転で芦屋に来た人でしょうか、僕とあまり変わらない年配の人で激励をしていってくれる人も居ます。

芦屋にもいろいろな人がいたし、すべてが味方してくれるわけではありません。僕が病気になったあと、僕より若い者で嫌がらせをしてくる人もいました。廊下ですれ違うと体当たりしてきたり、嫌味を言ったりと。後に、その彼が自殺したと聞きました。理由は聞いていません。もし何らかの病気になったのだとしたら、自分で自分を差別するしかなかったろうし、選ぶべき道も少なかったことでしょう。

芦屋局でよく話をした人は、政治的なことは話さない人で、だから長続きしたのかもしれません。いまは尼崎局にいて、Aさんのよき仲間となっているようです。


民営化は人間破壊  
民営化を前にして、公社化攻撃のなかで既得権というべきものはほとんどすべて吐き出してしまい、無権利状態といったほうがよい職場になっています。「民間より優遇されている」とはどこを見たら言えるのでしょうか。ノルマノルマで追いまくられ、営業をして一人前と言われ、ふるさと小包を自分で買ってノルマを果たす。強制配転も激しく行われています。阪神東支部の支部長が県外へ強制配転させられました。以前にも、西阪神支部の支部長が支部内へ配転されたということがありました。これほどの不当労働行為に対してもJPU地本は弾圧されるようなことをしてきた支部長が悪い、反省すべきは支部だということを露骨に言っています。地本は用無しとみなしているのでしょうか。

僕は強制配転に反対する会という大衆組織を基盤にして、もう一度全逓運動の再興を果たそうと考えています。関西トランスポート分会支援の闘いも重要です。下請け労働者の闘いを支えきれずに、本務者の権利だけを主張しているようでは、連合とたいして変わらないのではないでしょうか。いま若者の2分の1は非正規雇用ですし、労働者全体でも3分の1が非正規雇用です。そのなかでも最も非人間的状態に置かれているのが「偽装請負」の労働者です。その最底辺からの決起が始まったとき、資本は最も露骨な不当労働行為に訴えてきました。この闘いに勝利したら郵政労働者全体の劣勢を挽回するだけの起爆力となるでしょう。そうした大きな流れのなかでしか、僕の復職の道は開かれません。民営化阻止を実現するような闘いが無ければ僕の復職は展望しえませんが、その具体的な道筋は関西トランスポート分会の闘いの勝利の中から見えてくるのではないかと思っています。資本はあまりに露骨な不当労働行為に訴えた結果「下手をうって」います。個別の勝利から全体の勝利へ、その展望が開かれています。「一人への攻撃はすべてへの攻撃」というスローガンが生きる時代です。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234