障害者自立支援法の成立を許さない!
自民党・公明党の採決強行は独裁だ!

 


障害者は生きるために闘い続けるぞ!  
すべての障害者の皆さん!労働者の皆さん!障害者自立支援法が採決されてしまいました。10月28日午後4時35分、衆院厚生労働委員会で議長職権と言う強権の発動をもって、「私たちのことを私たち抜きで決めるな」と多くの障害者が弾劾の声をからす中で採択されました。そして、10月31日午後1時30分、特別国会の会期ぎりぎりで本会議採択されました。委員会採決のとき、傍聴していた障害者がふりしぼるように「私たちを殺す気か」と言ったのに対して、与党議員はなんと「まだ殺してないだろう」とあざ笑うような野次を飛ばしたのです。

私たちは髪の毛の一本一本から身体中を貫いて足の爪の先まで怒りではちきれんばかりです。私たちの怒りは誰によっても抑えることはできません。私たち自身によっても抑えきることはできず指の先から、眼の球から、唇を切り裂いてあふれ出てしまいます。この怒りを表現する言葉はありません。生きていくことを禁じられた怒りをどのようにすれば表現できますか。それはもう言葉では表しきりません。


自立支援法は障害者に何をもたらすか  
自立支援法によって障害者は介護を奪われます。朝起きてトイレに行き、顔を洗い歯を磨き、食事を取る、着替えをして、日中食事をし、トイレに行き、たまには外の空気を吸いに出、日中は作業所に働きに行き、夜風呂にはいる、そういう人間としての行為の一つ一つに金をとられ、低所得者でも月に2万円にもなります。障害者の収入は月8万円くらいの人が多いのです。月6万円で生活しろというのですか。その上に上限を設けられて一日4時間の決まった時間以外はそういう人間としての行為も禁じられます。作業所では工賃より高い利用料を取られます。働きに行くと逆に金を取られるのです。

精神障害者は今まで5%負担か負担ゼロだった医療費が一気に10%か30%の負担になります。月額数万円にもなる負担が払えなければ医療が奪われます。それは、文字通り殺されることだって起こりえるのです。今でも年間3万人も自殺という形で殺されています。自殺者の7割は精神障害者だと言われています。医療を受けられず混乱の中で自殺することだって起こりえる。薬代が高くて飲めなくて、錯乱に陥って命にかかわることが起きても政府・厚労省はそんなことは知らないと公然と言いました。障害者が生きていけなくなっても、もう政府の責任ではないと言うのです。


再び座敷牢の時代がやってくるのか  
これは江戸や明治の時代の話ではありません。今この時代に起きることなのです。私宅監置という名で座敷労に障害者を閉じ込めていた時代とどこが違うのでしょうか。このまま障害者自立支援法が施行されたらそんな100年以上前の障害者の現実が今の時代に襲ってくるのです。

私たち障害者は4月施行阻止を全力で闘います。私たちの気持ちは、19世紀のラッダイトが機械を打ち壊したように、アナーキストが皇帝にダイナマイトを投げつけたように、政府機関を打ち壊してでも自立支援法の施行を止めたい気持ちです。


労働者との連帯と団結の中に勝利の道がある  
労働者の皆さん、私たちの気持ちをわかってください。そして、障害者自立支援法の施行阻止を共に闘って下さい。皆さんが共に闘ってくれることで、機械の打ち壊しではなく、ダイナマイトを投げつけるのでもなく、団結した労働者の実力行使と一体になって勝つことができます。政府・厚労省に譲歩させるには、団結した労働者・労働組合の実力の闘いと結びつく以外ありません。労働組合の団結した闘いが始まるまでは、労働者民衆は機械の打ち壊しやダイナマイトを投げるしか、怒りの表現方法がなかったのです。団結を禁止されていた労働者が団結を取り戻したとき、福祉の権利獲得も可能となりました。民衆が個々バラバラに分断されていたら非力です。しかし、それがひとつの力に結びつくことで社会を揺り動かす力が湧いてきます。その架け橋が労働組合です。私たち障害者は、労働者・労働組合という巨龍が障害者の闘いに参加し、共に闘うことを強く強く、心から訴えます。

私たちの思いを受け止め、一致団結し、共に勝利を勝ち取るまで闘いましょう。





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234