武蔵病院見学報告 05.7.23  
 
 
武蔵保安処分施設の住民見学会報告 2005.07.23 by n.k


(1)コメント  
武蔵の住民見学会がありました。阻止共闘でビラ撒きをやりました。私とTさんが中に入りました。報告します。

@ 入口玄関

入口は二重ドアになっていて一度に両方開かないようになっている。玄関すぐ左に制服のガードマン3人が24時間座る警備員室があり、いきなり圧迫感がある。

A 二重フェンス+保安灯

建物の周りには2重フェンスがあるが、外側以外の内側フェンスは全部ではなく要所々々に設置されている。内側が高く。振動センサーがネズミ返しの部分に載っていて触れるとセンサーが鳴る。外側に2.3メートルの黒塗りのフェンス。フェンスとフェンスの間に4メートル近くのモニターカメラ付きの保安灯がところどころにある。

B 電話

電話は各ユニットには無く全体で「アトリウム」という十字形の建物中央部共有ロビーに一台しかない。しかも看護師詰め所のすぐそばにある。

C 急性期ユニット6床

個室に外からカギが外からかけられる。のぞき窓あり。トイレはある部屋と無い部屋がある。「症状で分ける」と説明。無い場合は部屋外にトイレ、風呂あり。

D 回復期ユニット14床(内、合併症室1)

個室に外からカギが外からかけられる。のぞき窓あり。トイレ・風呂は別。食堂では作物を植ことが出来るという4×2メートル位の中庭がありどこにでることができる。

E 社会復帰期ユニット8床

個室に外からカギが外からかけられる。のぞき窓あり。室内にトイレ・シャワー付き。「テレビも置けば見れる」と説明。喫煙コーナーもある。

F 共用ユニット5床

社会復帰期ユニットの部屋と同じつくり。

G 保護室1床

全館で1個だけ。二重ドアになっていて、ドアとドアの間に使用時に看護師が見張りで付くという。時間単位で使用し2〜3時間位という。

H 生活療法部門

室内スポーツ場とジムがある。各ユニットの共用で床が若干柔らかい。ジムには筋力トレーニング用器材がある。

I 強化ガラス

8ミリ厚2枚の強化ガラスで、バットで叩いても割れない。鉄格子を置かない代わりという。ドアは中庭に出られる所以外は10センチしか開けられない。

J ロッカー

突起物無いようにフックは付いていない

K 24時間モニター

24時間モニターは「スタッフステーション」に1台常時作動。各ユニットの天井に360度見渡せるカメラが付いている。

L 売店

「ここは5〜6年にもなる長期収容ではなく18ヶ月が基本なので、売店は必要としない」という説明だった。

M スタッフ

30床に対して医者3人、看護師43人、その他数人。看護師数は通常の3倍。

N 処置室、診察室、集団療法室、作業療法室

機械類は入っていないので不明

O 洗濯室

共用で1個

P 中庭の仕分け

急性期ユニットと回復期ユニットは中庭でつながるって外には出られないがお互いが見えるが、植木が育てば遮断されるという。

Q 部屋内の突起物

酸素吸引口など突起物は全部フタをして壁に埋める。電気コードも3,5メートルの天井からつるっている。ただし、窓のカギ部分は開けると(10センチだが)唯一突起になっている。

R 管理部門ユニット

見学できなかった

S 面会室

全体で1か所しかない。




(2)まとめ  
@ 全個室・各ユニット分け、その上患者対看護師=1:1.5であれば職員の管理上の都合だけが優先され、患者には孤立を強い仲間同士という安心感を奪ってしまう。そういう心理的・精神的孤立状態に追い込むことをあえてしている。「しょく罪意識を植え付ける」「自殺に追い込むかも知れない」という強制治療・矯正治療を居直った集団的虐待病棟になるのではないか!何が医療か!

A 電話も1か所、「売店も必要ない」、最新の医療とは何か?薬物や精神療法だけのことか?

B 何かにつけ「医療」と言うが、24時間の警備員の配置やモニターカメラ、ドア・ユニット施錠、センサー等に依存して、医療が自力で判断し責任を持つことを放棄している。スタッフは治安協力にならざるをえない。

C 精神医療が「再犯を防げる」と勝手に思い描こうとしているが、たとえ収容期間が短かろうと、これは実際には「『病者』の矯正」と称して懲罰を加えながら調教し、虐待を行う「結果」を招くしかなくなる。誰のための医療か?研究か?

D ちなみに保安処分施設の真ん前には新たに精神医学研究所が新築中でした。何の研究か?国会では尾辻が武蔵に「自殺予防」の研究を依頼したと答弁しているが・・・

E 尾辻の最近(7/19)の国会答弁では

・国立関係は700床の3分の2としていたが、今後は2分の1にすると言っている。これは30床計算だと国立関係12個に匹敵する。

・また「鑑定ガイドライン」の中の「リスクアセスメント」の用語を「社会復帰要因の評価」に改めると答弁している。社会復帰が再犯予測防止と同義であることを言い表したのか?

・また法適用対象者は年間300〜400人と言っている。1日1人である。

・この10月には花巻が開設、来年2月には北陸が開設予定。

これらをみても保安処分施設を18ヶ月で回転できなければ長期収容施設になるし、また回転したとしても他の医療機関を動員してつなぎ的に使うか、死亡(事故)か自殺に追い込むのが十分予想される。どちらであっても問題なのだ。保安処分適用の中止を勝ち取ろう。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234