心神喪失等医療観察法をなくす全国集会に参加して


120人が参加  
    高見元博

7月26日東京芸術劇場にて、「なくせ!差別と拘禁の医療観察法・全国集会」が開かれた。心神喪失等医療観察法をなくすという一点での共闘を実現した集会だ。集会は左翼党派から民主党応援者まで幅の広い人々が集結し、120人で会場を満杯にした。主催は「医療観察法をなくす会」など観察法を廃止するために活動してきた4団体だ。

医療観察法は、2005年7月に施行された「精神障害者」取締法だ。殺人・傷害等5つの罪名の刑事事件を起こしたか、未遂とされた「精神障害者」で、「心神喪失(錯乱状態など意識を失った状態)」か「心神耗弱(意識レベルの低い精神的な混乱状態)」であったという精神鑑定を受けて、刑務所に行かなかった人の内、検事が申し立てた人が対象だ。精神病院に併設された重隔離の専門病棟か一般精神病院への強制入院か、指定通院機関である精神病院への強制通院となるか、不処遇かに分かれる。「再犯のおそれ」という医学的根拠のない予測で、不定期刑と予防拘禁を科すものだ。「精神障害者」は重大犯罪を繰り返すというデマゴギーに基づく。しかし、「精神障害者」の犯罪率も再犯率も一般人の半分以下だ。事件を起こした「精神障害者」は、社会の矛盾ゆえに発病したのであり、事件そのものにも合理的根拠があるものだ。肥前自殺問題のように事件の根っこを追えば社会の矛盾に行き当たる。

集会の前半は「精神障害者」が司会を勤めた。最初に、観察法によって収容された当該が発言し、収容施設での体験を語った。外出がなかなか許可されず、それも二人の監視がつくという不自由さが苦しかった。自分の病気の症状が出るシグナルを分かるようにし、自覚・他覚症状が出たら入院するという訓練をさせられたそうだ。二番目に僕が発言した。収容施設の自殺者についての報告を行なった。「重厚な医療を施す」といううたい文句とは裏腹の絶望を作り出すところとなっている観察法病棟で入院と通院を含めて12人の自殺者が出ている。1%というきわめて高率な自殺だ。システムの矛盾を厚生労働省は隠蔽している。自殺した人の無念の思いを我が物として観察法をなくして行こうと訴えた。続いて精神神経学会理事の富田さんは収容主義、低医療費主義、大量収容主義、治安主義の日本の精神医療の改革が必要。その際たる観察法は廃止しかない。30万床以上ある精神病床を15万床は削減できる。それが精神医療の底上げに繋がると訴えた。法律家の立場から足立弁護士が裁判官の関与をなくし、医療的判断が重視されるべきだと述べた。人権市民会議の山崎さんは、観察法は拷問だと訴えた。

後半はフリートークで各地から参加した「精神障害者」や精神科医などの発言や、観察法の対象となった方からのビデオレターによるピアノ演奏があった。こもごもに語られることが法をなくすしかないということを照らし出した。発言には、これから民主党政権が出来ていっても「なくすという一点で」結集し続けることの重要性を訴えるものや、法をなくす市民立法を考えているという「精神障害者」からの発言もあった。


民主党に幻想はもてない  
民主党は総選挙のマニュフェストでも観察法のことには触れていない。法の成立時に民主党は反対したが、すでに稼動している法律をなくす立場に立っているわけではない。議員が法を廃止してくれると思うのは幻想だ。「精神障害者」や労働者・市民の大衆運動の力がなければ法の撤廃はない。10月に予定されている国会院内集会、11月の全国集会が重要だ。

法が約束した、「重厚な医療」も、「車の両輪としての精神医療の底上げ」も嘘だった。このような悪法は廃止しかない。「精神障害者」、労働者をさらに獲得していって、法の廃止という一点の共闘をさらに広め、深めていくことが求められている。







バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで