04.11.15全医労との話し合い報告  
 
 
保安処分病棟に反対する有志連洛会
04年11月


話し合い  
04年11月15日午後3時から約一時間、全医労近畿地協書記長の高橋さんと話し合いを持ちました。全医労は全労連傘下の組合です。高橋さんとは極めて率直な話し合いができました。「重度心身障害者」施設で働いておられたということで私たちの問題意識をすんなりと受け止めてくださいました。

はじめに、参加した4人からそれぞれ保安病棟に反対する心情を述べました。

「おそれ」で収容されるという問題など率直な意見が出たのは良かったです。


主なやり取り  
有志連(Y)松籟荘の組合員は何人ですか

高橋さん(T)――20人で組織率20%位です。

Y 直接私たちと松籟荘職員のコンタクトを取りたいのですが

T――2年前までは支部があったのですが退職や配転で役員のなり手がいなくなっています。支部として機能しておらず事務的なことだけ地協が直接やっています。

T――私個人として勉強不足です。問題点を松籟荘の職員と話したい。上部や産別と相談したい。松籟荘の看護師と連絡取ってどこまでリンクできるか検討したい。

Y 地協としての保安処分に対する判断はいかがですか

T――中央と協議して決めます。産別組織とも協議します。

Y まだ施設ができていない以上反対の立場でがんばっていただきたいのですが。

T――はい。

T――舞鶴にも国立があるのですがなぜ松籟荘になったのでしょうか。

Y 舞鶴は早くから松籟荘に決まっていると言っていました。敷地面積の問題などではないでしょうか。

T――行政には組合として動くより、有志連のような市民団体のほうが受け入れられやすい面があります。

Y 大和郡山市議会が12月に開かれるので陳情を考えています。

T――独立行政法人化で病院長の権限がなくなってきています。権限は機構本部が握っていて、組合で交渉しても「権限外事項」といわれます。

T――職員の学習が必要です。情報については連絡を欲しい。

Y 職員の労働条件は患者の待遇と密接に結びついています。大和川では職員も奴隷労働させられていて感覚が麻痺していました。

T――はい。そう思います。

Y 「おそれ」があるということで入れられる。

T――私は重度心身障害者施設で働いていた。一日中囲い付きのベッドに入れられていた。松籟荘もドアが二重の閉鎖です。

T――独立行政法人に変わったばかりで混乱がある。

Y 今後も密接に連絡をとって行きたいです。

T――具体的には電話連絡を取り合い、次の話合いなども決めたいです。




総括  
労働者を「精神障害者」と国家権力が取り合っている状況です。法の制定過程と法によって、多くの国民が「精神障害者」に敵対させられています。これはマスコミ操作が大きく影響しています。「精神障害者」は危険なものだというすさまじい宣伝が行なわれました。その宣伝に多くの国民が取り込まれてしまったのが現実です。自民党・公明党支持者はもとより、民主党なども対案路線に取り込まれました。この国民全体といっても過言ではないほどの敵対の中から、医療従事者や国民をわれわれの陣営に取り戻すことが求められています。その中で有志連絡会は15人の医療従事者(医者を含む)など27人と6団体を会員に獲得しています。この陣形をさらに広げることが必要です。

何よりも松籟荘病院の労働者を獲得することが必要です。松籟荘の労働者も孤立させられていることでは私たちの立場とよく似ています。誰も保安病棟の職員になりたい人間はいません。司法精神医学派などはごく少数派です。松籟荘職員も反対したくても声を挙げられない状態におかれています。私たちが外から反対の声を幅広く広めて行くことは松籟荘職員の利益でもあるのです。

そのような中身のある共闘関係をこれからも強めていきたいところです。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234