障害者介助を奪う「自立支援法案」は
廃案あるのみ!






6・5集会から廃案≠ノ打って出よう!
 
怒っているぞ!障害者きりすて・ネットワーク関西結成集会
6月5日(日)午後2時 尼崎市立小田公民館(JR尼崎北東5分)
連絡先  住田雅清


自立支援法を廃案に!
 
2月10日、「障害者自立支援法」案が国会に上程された。すさまじい福祉切りすて法案である。新たに、くまなく1割の応益負担をとり一日4時間程度の上限を設けると言うものである。応益負担導入は来年1月から。精神医療の通院医療費公費負担の廃止にいたっては、今年10月から施行するというのだ。


介助のきりすて  
「自立支援法」成立の先には、地域生活が成り立たなくなる障害者、外出するための金もなく施設に閉じこもらざるをえない障害者、医療費が6倍に値上げされ医療にかかれない精神障害者の姿がある。応益負担とは生存権を否定する与党政府・・権力側の露骨な陰謀だ。法案では、家族(生計を一にする者)の所得も計算に入れられる。

また、制度の狭間で所得保障もない多くの障害者にとって介助の保障は大きく奪われる。実際には労働ができなくとも軽度と診断されるなど、制度の狭間に落ちてしまっているケースは少なくない。手話通訳者の派遣などのコミュニケーション支援事業、要約筆記や指点字通訳なども対象となる。

また、心神喪失等医療観察法を施行前に改悪しようとしている。精神障害者や住民の反対で破産してしまった医療観察法をよりあくどく改悪する攻撃だ。医療観察法は社会防衛のために精神障害者を隔離・収容し抹殺する悪法だ。改悪を許さず法の廃止を求めよう。


関西集会に参集しよう  
4月14日の関西の集いには3800人の障害者と介護者が集まった。問題はその力を自立支援法の廃案の力にすることだ。障害者の声を『参考』にしてもらうだけではだめなのだ。≪廃案に≫を求める障害者と労働者の声を力に転化しよう!6・5関西集会に参集し、国会審議をぶっ止める行動に立とう!すべての障害者・労働者は共に闘おう!


≪施設利用の障害者の場合≫  
施設を利用している障害者は人件費をも含む食費・光熱水費・居住費の実費負担、日用品費、医療費を自己負担したうえで「サービス費用」の1割の自己負担を求められることになる。1級の障害基礎年金(月額8.3万円)の人の費用負担はこれまでの3.4万円から6.8万円に増加すると計算されている。そこで経過措置として、06年度から3年間は2.5万円、その後3年間は2.1万円が手元に残るように「特定障害者特別給付費」を出すというのだ。それでも生活できる金額ではない。


≪地域生活をしている障害者の場合≫  
生活保護の世帯からは利用料は徴収しない。「低所得1 : 市町村民税非課税世帯であって世帯主及び世帯員のいずれも各所得がゼロであり、かつ、世帯主及び世帯員のいずれも収入が80万円(障害者基礎年金2級相当)」の世帯からは徴収の上限は1万5千円。障害者基礎年金が月に6万6千円だが、そこから1万5千円までは徴収できるとしている。「低所得2 : 世帯主及び世帯員の全員が市町村民税の均等割非課税である世帯に属する者」からは2万4600円。障害者基礎年金1級の人はここに属することとされているので、月8万3千円の年金から2万4600円までは取られることになる。そして、1円でも課税されている人や世帯からは4万200円が徴収されるのだ。年間収入が300万円以上ある世帯はここに入る。


≪精神障害者の医療費アップ≫  
精神障害者の通院医療費は、公費負担によってこれまでは5%の負担であったが、10%から30%の応益負担にしようとしている。上述の「低所得1」の人や世帯の場合は、1月当たり2500円。「低所得2」の場合は5000円。住民税のみが課税されている場合は、5000円。所得税課税世帯は経過措置として来年まで1万円で来年から30%負担。所得税額が30万円以上の場合は、30%負担。また入院の場合には、食費を新たに徴収。症状によって対象が「統合失調症、狭義のうつ病、難治性」に限定されている。さらに医療機関が指定される。医師など病院関係者と信頼関係が結べるのかどうかがとりわけ重要なのだが、法案では不本意な指定がされることになっている。


≪医療観察法の施行前改悪≫  
医療観察法が精神障害者と住民の反対によって破産した。そこで政府は、自治体病院の今ある施設を代用し、病院開設者同意がなくとも強制できるようにしようとしている。「代用」と言うがそれが1年2年と続くうちに恒久化するのは明らか。社会防衛のための保安施設に、極めて劣悪な環境の下に隔離・収容されることになる。

「自立支援法」は廃案あるのみだ。国の公的責任の放棄を許すな!介助保障の財源は、いくらでもあるはず、一回の自衛隊の演習、一機の軍用機及び軍用船舶の購入、無駄な高速道路、新幹線の1キロの建設、空港の建設などをやめれば、捻出できる金額である。トコトンたたかって障害者の未来をきりひらこう! 6・5関西集会に参集し、「廃案へ」の大きな闘いを開始しよう。障害者の団結の力で国会審議をぶっとめよう!

小異を残し大同で団結して、力を合わせてたたかおう!




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234