6・25社会保障審議会障害者部会の傍聴記



憲法25条を守ろう
報告
 
6月25日、厚労省社会保証審議会・障害者部会が障害者介護・精神障害者ホームヘルプを介護保険と統合するとの中間とりまとめを出すと言われていました。憲法25条を踏みにじり、福祉を国の責任からはずしてしまうという大改悪が行なわれようとしていました。それに反対する行動が行なわれました。

厚労省は、「精神障害者」の福祉が極めて貧弱なのを逆手に取り、他障害並みにして欲しければ介護保険に賛成しろといっています。他障害との分断を持ち込む卑劣な作戦です。それで介護保険にのったとしても実質は大改悪されるのです。私は「身体障害者」などの団体と一緒に傍聴してきました。私たちの怒りネットなどの実行委員会が厚労省前で抗議行動を行い、審議会の傍聴には全体で約50名、実行委から5名の傍聴がありました。

憲法第25条〔生存権、国の生存権保障義務〕
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
(2)国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。



結論的には、京極座長案が最終的に採択されました。修正を求める意見と修正しないでほしいという意見が出て、それは京極氏に任せるという形の話がありました。採択されたのは京極氏の原案で、「介護保険の仕組みを活用することは現実的な選択肢の一つとして広く国民の間で議論されるべきである」というのが採択されたことになります。

6・4案の「有力な選択肢」というのが「現実的選択肢」と変わったことを評価するという意見が出ていました。(福島氏)京極案は玉虫色でそこが評価できるという意見も出ていました。

京極氏は介護保険部会に対して賛成も反対もしませんでしたと説明するのかといわれて、「検討せよと球を投げる。両論併記でない、限りなく賛成に近い、」と発言。「何も決まっていないでは介護保険部会から返される。」とも発言。「それでは反対する。ヒアリングで多いのは判断材料が少ないので言いようがないというのが4団体、賛成2団体、反対2団体だったではないか」と福島氏が言ったのに対して、「気持ちはそういう気持ちをもっているが失言としていただきたい。現実的選択肢として検討しないといけない。市町村にもボールを投げている。国民的議論が必要だ、各分野で検討進めていただきたい」と返しました。ヒアリングで反対する団体、賛成しない団体が多数を占めたことは大きな力になっていると感じました。

また京極氏が「今回の見直し(介護保険の)では広げてやるところに至っていない。当面の問題ではない」と05年の見直しでは「障害者」を入れないという趣旨のことを言っていました。これはどう評価したらいいのでしょうか。これからの動きを見ていったら分かると思うのですが。議論する議論するという言葉が乱発されていました。反対と賛成しない団体に意見を変えさせるのはそんなに簡単ではないことを反映しているのではないか、意見を変えさせるためにいろいろ今後圧力含めてかけて行くのではないかと感じました。財界委員が福祉削減の方向で反対意見を言っていたのもその一つなのでしょう。障害者団体が障害者の利益を守るという立場をはっきりさせるように、私たちからも働きかけていく必要を感じます。財界が反動の立場から反対していることに対抗し、労働者・労働組合を獲得していくことも大事と思います。財界や推進派が世論を動かそうとしているなかで、私たちも世論といえる規模で働きかけていくこと、私たちの立場を労働者民衆に訴えている場を広く持つことを提案したいと思います。

財源問題では厚労省委員が、「今後128億を上回る不足が出る可能性がある。予算が厳しいなか省内の流用は困難だ。財源確保は単価低減など工夫して対応していきたい」といっています。単価を下げて事業所が成り立つのか、それだけで128億も浮くのか非常に疑問の多い発言です。結局自治体にまる投げとなるのでしょうか。

全家連は、これまで「精神障害者」がおかれてきた福祉なき状態を正す機会が介護保険の導入だと、賛成を表明しました。少なくとも他障害と同等の福祉が必要ということは良いのですが、そのためには他障害の団体が反対している制度を推進するのではなく、他障害の団体と共に福祉を実現せよと厚労省を糾弾することが必要だと思います。全家連の立場は私たち「精神障害者」を裏切り、踏みにじるものです。


朝日新聞04年6月26日  
●介護保険と障害者福祉統合「選択肢の一つ」厚労省部会長が案示す

厚生労働省の社会保障審議会障害者部会(部会長・京極高宣日本社会事業大学長)は25日、介護保険と障害者福祉の統合について「現実的な選択肢の一つ」とする部会長案を示した。28日に介護保険の見直しを話し合う介護保険部会に報告する。今後、同部会でも統合や介護保険の被保険者(現在40歳以上)の範囲拡大を議論することにしており、年末の介護制度改革大綱策定に向けて統合論議が本格化する。

部会長案は障害者福祉政策について、「障害の種別や年齢などにかかわりなく、同じ地域に住む一入の住民として等しく支え合うという地域福祉の考え方が重要」と指摘。「介護保険制度の仕組みを活用することは現実的な選択肢の一つ」とし、国民の間で広く議論されるべきだとした。

厚労省は、被保険者の年齢を引き下げ、若い障害者らをサービス給付の対象にするかどうかを一体的に協議する。障害者部会と介護保険部会が7月から8月にかけてそれぞれまとめる報告書をもとに、統合の是非を含めた介護保険制度見直しの厚労省試案を9月に公表。12月には具体的な見直し内容を盛り込んだ政府の大綱を示す。坂口厚労相は「7月までに骨格を固めたい」としているが、どのような内容になるか決まっていない。

―介護保険制度見直しの今後の日程―

7月下旬社会保障審議会障害者部会が障害者政策に関する報告書をとりまとめ7月下旬〜8月上旬同審議会介護保険部会が介護保険見直しに関する報告書とりまとめ

9月両部会報告などをもとに厚労省が試案公表

12月介護制度改革大綱策定

05年2月介護保険法などの改正法案を国会に提出


朝日新聞04年6月29日  
●介護保険部会に「選択肢」案報告 障害者福祉と統合

厚生労働省の社会保障審議会介護保険部会が28日開かれ、障害者福祉と介護保険の統合について「選択肢の一つ」とした障害者部会の部会長案が報告された。次回の7月16日以降、統合問題に関連して、介護保険の被保険者や給付対象の範囲を広げることについて議論する。

介護保険部会では、日本経団連の委員が「障害者支援費制度は始まって1年。支援費の効率化が優先されるべきだ」と統合に反対を表明、連合の委員は「(介護保険の対象に)障害者も入れるべきだ」と述べ、基本的に賛成した。また、「国は一方的に統合を進めることなく、市町村の意見を十分尊重するよう」求めた全国市長会と全国町村会の申入書も提出された。




傍聴記  
京極部会長(社会事業大学長)―――障害者部会と介護保険部会はピッチャーとキャッチャーの関係。障害者部会からボールを投げないと議論も始まらない。今後議論を進めていきたい。

丹下(障害者雇用部会顧問・日本経団連)――――介護保険への組み入れは時期早しょう。すでに決まったような方向だが委員の構成は国民ニーズと対応していない。産業界からの委員は一人。年金改革法の時、社会保障のグランドデザインが描かれるべきだった。社会保障全体が描かれるべき。介護保険への組み入れは不適当。保険料負担が20―39歳で増える。勤め人だけが負担することになる。産業界として福祉、社会保障の合理化を追及して欲しい。ムダの排除。グランドデザインの提示が必要。産業界は乾いた雑巾を搾るようにやっている。どうしたらいいか。支援費制度の再生の議論があるべき。1、雇用をめぐる法整備。就労できる人を就労させる。2、自助努力効果。本当に必要な人に絞る。3、過剰、重複の解消。どこにどういう不具合があるか。4、給付に対して地域の不当な拡大を止めろ。5、支援費、精神障害者含めて過当を防ぐ。ケアマネージメントの役割。公正性。産業界の大方が同意見だ。介護保険のと統合反対。支援費再生のための材料の公表を要求する。

京極―――「有力な案」ではない。20歳からの徴収は議論していない。

安藤(日本聾唖連盟)―――統合は心配してきた問題。支援費の存続も選択肢の一つ。

福島(東京大学助教授)―――支援費存続も選択肢の一つとして記述も有っていい。介護保険だけを向いているように読める。全体として妥当だと思う。「有力」から「現実的選択肢の一つ」と変わったこと。介護保険を排除するのは適当ではないから。介護保険でできないことを他制度で補うとある。明確な方向性を示しえない。様々な意見が錯綜している。極めて穏当な案だ。中間とりまとめが明確な方向性を示さないのが妥当な取りまとめだ。

京極―――介護保険部会のほうから検討してもらう必要がある。選択肢の一つとする必要がある。

丹下―――議論の余地がなければ選択していい。

松友(育成会)―――介護保険部会できちんと議論して欲しい。統合でなく、議論を棚上げにしてきたものを棚おろしする。

徳川(全国身体障害者施設協)―――丹下の意見は産業界で何が問題なのか。介護保険に提示することに賛成だ。

高橋紘(立教大学教授)―――産業界が障害者にどうコミットするのか。第3者の意見だ。どうコミットするか。障害者部会の議論は終わりではない。丹下の意見検討していきたい。コミットしていただきたい。

猪俣(自治体病院協精神科特別部会)―――どちらとも取れるという意見があったが、それでは意味がない。もっと具体的に出してもらう意味合いは重い。支援費の財源不足というが障害者サービスをどう考えているのか。

厚労省―――確たる数字を持っていない。今後昨年と同じように移行すると128億を上回る不足が出る可能性がある予算が厳しいなか省内の流用は困難。財源確保は単価低減など工夫していきたい。

武田(桑友)―――精神障害者のことを言わせてもらう。ほとんどが就労した後病気になり職を失う。支援費でもない。障害者数に見合った4作でない。2000人の退院というが退院した人が人らしく生きる手立てがなされていない。ここで議論されていることすらこれまで議論されてこなかった。介護保険の議論を始めていただきたい。

新保(精神障害者社会復帰施設協)―――国民的課題にすべき。すべての障害者間で対等に置かれていない。精神障害者施策を3障害共通とすべきと願っている。支援費にも入っていない。裁量経費のなかでまかなわれている介護保険という選択肢があるのであれば活用できると思っている。介護保険の導入に賛成。そうでないなら支援費に入れてもらえるか。今後のグランドでサインを一緒に議論していきたい。

高橋清(国立精神・神経センター)―――いろいろ比較した上で介護保険が良いとした。経済的理由だけでない。理念的に議論した。介護保険によって障害者を身近に感じるようになる。ノーマライゼイションが進む。国の責任とすべきという意見があるが、介護保険では国は50%負担する分責任を持つ。ケアマネージメントは、セルフマネージメント、当事者の判断が第一にある。当事者自身がケアマネージメントする。

高橋紘―――介護保険では介護保険だけでまかなえないものをどうケアするかという議論をしており、ケアマネージメンとの手法は同じ。制度としては今後議論すべきこと。

岡谷(看護協会)―――保険だけでするのかどこまで税でするのかが判断する材料が出ていない。こちらからボールを投げた時、介護保険部会でどう議論が進むか。

京極―――在宅を重視している。ボールを投げて向こうからどう打ち返してくるか。市町村、経済界と詰めた議論をしたい。

厚労省―――ここでは中間取りまとめをしていただく。介護保険部会の結論を見てこちらも議論の仕方を決めたい。

北岡(滋賀県市社会福祉事業団)―――現実的選択肢の一つとして介護保険部会に投げかけていきたい。支援費の財政的欠陥の問題。介護保険がどこまで改革されるのか。基本的方向性の中で障害者施策の充実が必要。ユニバーサルな制度と出していってはどうか。

広田和子(精神医療サバイバー)―――介護保険部会に投げ入れていただくさいに、介護保険がベストか、呼び方はいろいろあろう。介護保険だと考えている。丹下委員の協力をいただいた。企業の役割がある。いつ障害者になっても安心して暮らしていける社会保障制度を。マスコミはダイナミックに報じていただきたい。

堂本(千葉県知事)―――地方自治体の立場。市町村の主体性を生かせるよう柔軟な制度にしていただきたい。制度がかっちりしていると、地方の自主性が狭くなる。

福島―――精神障害者の問題。介護保険になり場含まれる、支援費では残されるという議論はおかしい。(修正案を提示)

京極―――文章は変わる。

堂本―――「地域の特性に対応して主体的に」と入れて欲しい。

妻屋(脊髄損傷者連合会)―――ケアマネージメントの問題。障害者は自らでプランを立てるというのを最終目標とすべき。それが自立だ。

笹川(盲人会連合)―――修正しないでいただきたい。視覚障害者の移動介護は簡単なことではない。支援費にムダがある。統合は今まで議論されていない。今日が初めてだ。

江上(全家連)―――利用者側にもあるムダは排除しなければならない。JD役員会に出たとき、24時間介助でもムダがあるという話だった。この中間とりまとめで進めていただきたい。

安藤―――立場によって読み方が違う。玉虫色にまとめて介護保険部会で何のことかといわれるのではないか。京極部会長が出席して、賛成も反対もしませんでしたと説明するのか。

京極―――検討せよと球を投げる。両論併記ではない。限りなく賛成だ。何も決まっていませんでは介護保険部会から返される。両論併記ではない。残っている問題は2回目のとりまとめで出したい。

長尾(精神科病院協)―――「障害特性に応じた」と入れて欲しい。

福島―――部会長の答えは重要。「限りなく賛成の近い」ので有れば反対する。委員の総意でない。ヒアリングで多いのは判断の材料が少ないので言いようがないというのが4団体。賛成2団体、反対2団体だった。

京極―――気持ちはそういう気持ちをもっているが失言としていただきたい。現実的選択肢として検討しないといけない。市町村にもボールを投げている。国民的議論が必要だ。各分野で検討を進めていただきたい。

高橋紘―――当事者の議論でなかった。介護保険部会で判断材料が出てくる。判断材料が出てくるように部会長に意見を言ってもらう。

全家連(名前不明)―――精神障害者は独立しているというなら私たちはいる必要がない。介護保険に賛成と言ったが、介護保険が正しいというのと違う。当面賛成し、他障害と議論できる場を持ちたい。

岸谷―――トータルに論議した上で話を進めてもらいたい。材料が出ていない。

斎藤(社会就労センター)―――就労のあり方、バックアップシステムが抜けている。介護保険部会で投げ込まれるのか。

京極―――そこは明確に議論していない。どう考えたらいいかこれから議論していきたい。

徳川―――介護保険を利用さしてもらうのではなく、国民全体で社会福祉を考えていきたい。3人の意見はまだここで議論されていない。

高橋紘―――高齢者でも全部介護保険でやっているのではなく他制度を使っていることを前提として議論である。キャッチャーがボールを投げ返すところから話が始まる。

京極―――今回の見直しでは障害者まで広げてやるところに至っていない。当面の問題ではない。

福島―――「現実的選択肢」を「将来の選択肢」としてはどうか。

京極―――来週月曜日に介護保険部会がある。諮ります。私の案を提出していいかどうか。

全体ざわつく・反対の声なし。

京極―――ありがとうございます。

事務局―――次回日程を





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234