04.5.8第6回関西保安処分学習会の記録




報告の要旨
≪厚労省ガイドライン批判≫
小川紘医師
 
もくじ
講演抄録
質疑




関西保安処分問題学習会運動
事務局電話:090−305−40947
郵便振替00960―1―140519共生舎 通信欄に「学習会運動」と記入して下さい


 



批判の視点  
「精神障害者」の犯罪といえども、もちろんその原因は病気だけではない。苦しい追込まれた状況が病状の悪化とからんで犯罪という形を取る。他殺と自殺は密着としている。過去の差別への怒り、人間不信、社会不信など。再犯を防ぐということを考えると、対人的信頼感の芽生え、自己評価の高まり(=周りがどう見るか)が必要である。

特別法廷は冤罪を生む。なぜならば「必要のある場合は事実の取調べをすることができる」と事実調べをしなくても良いことになっている。また、「簡易裁判所に嘱託することができる」と警察の思うがままの捜査・逮捕礼状を出すところに事実調べを任すことになっている。鑑定期間が2〜3ヶ月とされているが、そこでは治療は後回しにされ診断が重視される。急性期の一番大事な時に。入院決定が出ると住所地から遠隔地に入院しなければならない。これは退院・社会復帰を困難にする。

厚労省ガイドライン全体として、非常に美化して作った苦心の跡がうかがえる。「週一回ミーティングや評価をやれ」とか「デポ剤(*)をうつ時は倫理委にかける」とか。治療者との「信頼関係」の構築とか「連帯の形成」とか、極めて重要な事柄が繰り返し登場する。しかし、いくら装いを凝らしても、これは刑期の決まっていない特別医療収容所であり、職員にこびる従順な患者や、表面と内心をうまく使い分ける患者や、患者のなかのボス的存在を生み出し医療従事者は疲労し、堕落していくだろう。(*デポ剤=有効成分を油で溶かした注射薬。通常の注射薬が半日か1日で効果がなくなるのに対して、半月や一ヶ月も効果が持続する。薬を飲まない人に対する対策である面が強い)


資料T「総括的事項」批判  
新法の目的のひとつに被害者等への配慮をあげているが、本当にそうしたいならばまず国家補償制度を考えるべきである。「社会復帰を主眼として危険人物のレッテルを貼られないようにした」と国会での修正点を強調している。しかし、このような施設に収容されていたということ自体が「危険人物」とされるのではないのか。国会での修正点として一般の精神医療の水準を向上させるとうたっているが、医療法特例(医師は患者49人に一人と一般科の3分の1、看護師も少なくていいとされている)を廃止せず、社会復帰施設関係予算を削減するなど欺瞞もはなはだしい。また地域監視網を形成するなど自殺に追い込むことになりかねない。退院時の最大の問題は住居の確保が難しいこと。

統合失調症についてストレス脆弱性理論を採用している。全否定はしないが、発病の原因を関係性の病と見ずに、患者の個体にもっぱら原因を求めるものだ。葛藤のなか、会社、地域の関係性に病因はある。


指定医療機関
指定医療機関における医療の目的
 
「様々な問題を前向きに解決する意欲や社会で安定して生活する力を高める」。意欲は本人が周囲からどう扱われているか、処遇や本人の自己評価の高まりと関係がある。「被害者に対する共感性を養う」と言って被害者に対する罪の意識を植え付ける。被害者や家族の苦しみの声や状況を聞かせるという、かなり残酷なプロセスになる。社会がその人を暖かく迎えていくときこそ、犯罪を犯した人も本当に後悔し、前向きに生きていこうとするのではないか。アメリカの受刑者にイスラム教徒が増えているが、僧侶は「あなたが過去に犯した罪は問わない、これから友になりましょう」と言う。

「こうした医療で得られる社会復帰のノウハウを一般精神医療に活かし、地域の医療水準の向上に資する」。これは精神医療の治安化になっていくことになる。治安政策の突破口は、「精神病者」、やくざ、「過激派」だ。今後「司法精神医学」の重要性が声高に叫ばれ、いまの東京医科歯科大学だけではなく、全国の大学精神科で「司法精神医学」を看板とするところが増えていくのではないか。

「対象者との信頼関係を構築」することが大事だと言っている。精神医療で大切なものは対人的信頼感の回復と安堵の気持ち(安心感)である。それが強制的・差別的な収容所的医療のなかでかもし出されるとでも思っているのであろうか。

退院後は保護観察所の監視下に置かれる。また退院後の医療機関は本人が選択できない。

入院者数の推計が行なわれている。標準として入院期間は18ヶ月。重症者は5年間だ。過去にそういう人とで会っていないが、4年経っても「安心」できない人は7年経っても安心できないのではないか。入院者の2割は早くて3年の入院期間が必要だろうとしているが、濃密な医療を1年半もやってなお「危険な」患者とはどんな人か。

定常状態で600〜700人の入院者数(例えば10年後)とこのプログラムは推計しているが、多分ゆっくりと増えていく。こういう施設に入れることで「扱いの困難な人」が作られていく。一般の刑務所や少年院で「常習犯」が作られていくように。


資料U「指定医療機関に関わる事項」  
電気けいれん療法が行なわれる。反抗的入院者への懲罰的色彩を帯びていくだろう。治療内容について患者の同意を取るとかかれているが電気治療にもそうするのかどうかは逃げている。電撃療法は再発を繰り返しやすいので廃れていったが最近復活してきている。本人には記憶が残らずなぜ寛解したのかがさっぱり分からない。闘病は苦しいものであるけれど、その過程を通して得られるものが大切なものである。家族には通知するが本人には告知しない場合が多い。また本人に対する恐怖感は大きいものがある。

「治療への動機付けを深めるためにインフォームドコンセントを重視(必要に応じて対象者が参加する治療評議会も実施)する」と一見良い事を言うなという感じだが、拒否権のない同意とは何か。治療評議会への参加にしても、多数のものから説得され迫られて、なお拒否すれば「協調性に乏しい」「病識がない」「罪の意識が薄い」とされ入院期間が延長される恐れがある。

回復期の目標に病識の獲得があげられている。確かに一部の患者には病識がないものがいるが、これは教え込み植え付けるものではない。治療者への信頼感や安堵の気持ち、ゆとりの中でかもし出されるものである。

病状の安定から退院決定という手順に関して、「病状の再発が9ヶ月の社会復帰期に見られないこと」が目安とされている。社会復帰期の投薬量の決定、本人の維持量の決定はその後の退院後での再発防止を考えて考慮されるだろうということは、一般に高用量の維持に傾斜せざるを得ないであろう。なぜなら、再発したら医療が槍玉にあげられるからである。

急性期3ヶ月、回復期9ヶ月という設定をはじめとして治療スケジュールが画一的である。治療内容や治療スケジュールは一人一人異なるはずである。また、各職種や会議によって点検が繰り返しなされるがこのような厳重な採点に患者はさらされることになる。また、急性期の3ヶ月は院内外出さえ認められない。急性期ユニットそのものが重隔離されている。

回復期の9ヶ月も永く設定されている。社会復帰期にデポ剤等への移行とある。治療を拒否しているような期間でもないのにデポ剤を使用することは何を意味するか。退院後もデポ剤の使用を重要な管理手段と考えていることがうかがえる。

「認知行動療法(怒りのマネジメント)を通した感情の抑制と対処法の多様化」とある。怒りをコントロールすることなどできるだろうか。それは意志が弱いなどと「犯罪者」の気性、性格の欠陥が原因であるとすることだ。しかし、人の怒りの爆発にはそれなりの理由が存在している。「他人の痛みが分かる」「連帯感」が強調されている。そんなものが閉じ込められた空間や、自分の意思で退院できない関係性の中で育まれるだろうか。入所者は半ば儀式の如くに「被害者の方々に申し分けないことをした、お詫びしたい、償いたい」と言わされるのだろう。心から言うかどうかは別のことだ。

回復期の到達目標が、「自己評価を高める」「向社会的な安全な対人関係を学習する」とある。犯罪やその人の個人史の中に凝縮されている社会的不公平、不正義や矛盾から目をそらせることが行なわれる。


今後何が生まれていくか  
こんな美辞麗句を連ねた作文どおりには行かない。様々な矛盾が噴出していく。

為政者はいずれ人格障害を入れていくだろう。施設は(反対運動が弱ければ)どんどんと増えていくだろう。そして、初犯が問題となり、精神障害者全般に目を光らせよという動きが出てくる。精神医療が元来そうであったように病者のためのものではなく、社会の治安のためのものに近代的に先祖帰りしていくだろう。それをめぐっての分岐と対立が深まる。この法体制との闘いを通して障害者解放の闘いの質を高め、広がりを獲得しよう。(以上)

もくじへ戻る



討議の要旨  
(要旨のみの収録です。要約者が理解した範囲での収録となっています。)

・「精神障害者」の犯罪を人格の問題としてみている。個人の内側に問題があるとなる。犯罪につながりやすい「病者」、初犯を犯しやすい人の特徴とかいうふうに発展していく。

・犯罪を犯しやすいというラベリングが全「精神障害者」に広がっていく

・人間は誰でも追い詰められたら犯罪もやる。僕も人を殺す場合を否定できない。妻子のことを考えてやらないだけ。追い詰められたら自殺もする。犯罪を犯さぬという保障はどこにもない。

・犯罪精神学派は医学として成り立つのか。医学は患者のためにあるのではないのか。

・犯罪精神学派は連綿としてある。統計でなりたっており、生活史がまったく検討されない。

・学問らしく装うために統計を使っている。精神医学の歴史はもともと司法精神医学から始まった。それを患者のための医療に転換していくのが精神医療の歴史。始めから社会治安を背負わせられている。

・政策がまずあり、医学がついていく。強制わいせつへの断種など。

・「行動療法」というのは判断の仕方、次の行動の選び方が間違っていたからそこさえ治せば良いというもの。アルコール依存の治療から生まれた。それをうつ病にまで広げている。それを全「精神障害者」に適用する。緻密なプログラムがある。「ほらそんなふうに考える」と指摘して考え方を直させるようなこと。

・人格改造ですね。

・社会的、家族的生活史があっての病気だが、そこをネグレクトする。その場面その場面で、今から君はどう考えるかでこれからの君は決まるよ、新しい自分を見つけなさい、とする。しかし、家族を殺してしまったような人の場合、そう簡単にその手法で向き合えない。統合失調症の人にとって、とても残酷な手法となる。

・このプログラムは酷い。治療ではない。自殺に追い込むことになるのでは。

・人間の主体性を破壊し、主体性をなくする手法。

・人格破壊。ロボトミーとは違うが「思想的外科手術」とも言うべきもの。

・ちっぽけな自由も奪ってしまう。全「精神障害者」に向かっていくのが怖い。急性期ということで3ヶ月入院したが、3ヶ月の入院期間のスケジュールがビシッと決まっていてステップを登っていくプログラムになっている。ちょっとでもはずれるとスタートからやり直しとなる。急性期病棟はそれで回っている。昔のムラ的あり方がまったくなくなっている。共同体的要素があったがそれがなくなっている。古くからの入院患者が新規の患者を世話するような要素が亡くなってしまっている。

・3ヶ月でないと経営が成り立たない仕組みになっているから。ベルトコンベア式になっている。

・連帯性など吹き飛ばされている。

・他の患者によって支えられ、いやされる面があったがそれが消えている。鑑定の期間苦しむだけ苦しまされて、医療に対する不信をもつのは当り前。心を開かせて医療にたどり着くまでが大変になる。

・「認知行動療法」が治療効果があるのなら、批判があっても一つの医学としてありうるのだろうが、そういうものとして成り立つのか。統合失調症に当てはまらないなら大半に適用できないものを適用させることになる。

・飴と鞭を麗々しい名前を名乗っているだけ。

・間違った生活スタイルだということを直させる。アルコールからうつに広げた。統合失調症に間違った生活スタイルということが当てはまるか。生活史がありそれが間違っているのだといわれてもどうしようもない。過去が間違っていると指摘されても変えようがない。洗脳テクニックで、入れたいことをどんどん入れて行くことにしかならない。間違った生活スタイルを変えましょうということは統合失調症では適用できない。

・物事の認識方法そのものを変えさせようとする。

・洗脳のテクニックでもある。

・ストレス脆弱性理論も認知行動療法も社会性を見ない、問わない。覆い隠し原因を問わない。

・貧困な環境で家庭崩壊、離婚、サラ金などで苦しんでうつになっている人に、考え方を変えなさいとはよう言わん。

・子供の頃からの社会との関わり、そのなかに病気の原因がある。統合失調症の治療として一つの体系となりうるのか。

・一人の人間を見るのではなく統計に表れたことへの対応をする。なかには病気が良くなることもある。決して個々の個人は見ない。プログラムを消化していくだけ。プログラムに乗り切れずにドロップアウトしていく人は必ずいる。それは仕方ないと割り切ることになるだろう。例えば100人のうち30人が救えたらいいということに存在意義を見出している。ガイドラインにもうまく行かないケースには言及がない。少なくとも5%は良くならないとされている。相対的有効性があるから良いとなっている。ドロップアウトして収容延長となる人は必ずいる。それに対するプログラムは一切書いていない。18ヶ月のプログラムを延々と延長するのだろう。あくまで率での有効性だ。

・野田正彰は許しがたい。保安処分推進派だったがいま色々ともてはやされている。




もくじへ戻る




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234