04.6.7
兵庫県立光風病院岩本院長との
話し合いのまとめ

 
 
テープを2回聞いて間違いないことを確認していますが、テープ全文の起こしではありません。要約者が要約しています。

(*)内は要約者による説明。

最初に、岩本氏から申し入れ文の説明をして欲しいということで説明していますがそこは略します。

岩本―――光風がこういう病棟(*1)をやって欲しいと民間から言われている。公立はこういうケースだけやってくださいという要望を受けている。前の院長が受けるといっていた。誰がやるか。医者がやる。やりたい医者はいない。積極的には手を上げていない。別なところで決まって降りてくる。人口500万人に一施設とあるが兵庫県は人口500万人いる。拒否しますとどれくらいできるのか。今でも「触法患者」(*2)は取らされてきている。それに対する認知行動療法はやっていない。いかに地域に帰していくかをやっている。法で決まった以上、命令的に降りてくるだろう。その時どうするか。一人の考えで何もかも決めることはしない。幸地副院長、岩尾部長、柴田部長の4役で相談しながら対応していきたい。非常に状況はシビア。拒否できるだけの力というか理由がうまくできるかどうかというところ。

   (*1)保安処分病棟。(*2)法律を犯して収容される「病者」のこと。

小川―――上の方で決まってくる前に先制的に医局で討議した上で光風は受け入れないとできないか。受けることによって泥沼化していく。非人間的に置かれていくだろう。

岩本―――他のところは助かっちゃうところがある。戦術的問題であるかもしれないが。そういうことは上に言ったことがある。救急をどうするか。民間からすれば大阪方式(*3)が望ましいという民間の声がある。2次救急を光風が引き受けてくれないかという話がある。2次救急、「触法」とか「処遇困難」ですね。それをやって、中宮(*4)が医者が来なくなってしまった轍は踏みたくない。国から方針決めて県に降ろしてくるから県がどう動くかわからないが、うちが断ったら、じゃあどこかへもって行くという話になるかもしれない。考えておかねばならない。無しで済ませるのかどうか。兵精協(*5)が言っているように光風は「処遇困難」(*6)と「触法」だけやってくれたらいいんですよ、救急含めていつでも引き受ける体制作ってくれ、と。「心神喪失」を引き受けたら医者も看護師もつくんですよと、それは教えてくれる。それをやっておれば赤字を何ぼ出そうと、政策医療でやっておるんだから当り前でしょうと、われわれ納税者としても納得できるというのが民間病院の先生方ですよね。でもそれをやっちゃうと医者が来なくなっちゃうだろうと思っています。

   (*3)公立病院は救急専門とする方式。(*4)大阪府立精神科病院。(*5)兵庫県下の民間精神病院の協会。(*6)「扱いにくい」とされた患者のこと。

SN―――決まったからやるでは良心は?患者とともに歩む開放医療はどうなるか。

岩本―――それはわかるんですよ。ただ、逆に説明がされている。そういう人たちを公立でピシッと閉じ込めることによって、他の民間の病院は開放的に行なえるんだと、よく聞く話だ。イギリスでは保安処分病棟があるから開放でいけるんだというのはしょっちゅう聞かされてきた。ブロードモア(*7)にしても中身はひどいもんで、そういう部分があるからイギリスと開放的だという説明がよくなされている。

   (*7)イギリスで古くからある保安病棟専門病院。劣悪な環境で知られている。

T―――犯罪を犯したというだけの理由でひどい目にあわなあかんとはならないでしょう。犯罪犯した人は人権保障しなくていいのか。

岩本―――よくそういうふうに言われると言っているだけ。そんなに問題があるならどこかがやらないとあかんなと。

T―――どこも引き受けなければどこにも実施されない。

M―――救われる「病者」と救われない「病者」が出る。症状と関係なく社会がどう見るかで出れなくなる。犯罪犯したものを2年や3年で出すなとなる。治療するから病院で、警察の収容所ではないはずだ。

岩本―――法制度そのものに賛成ではないが無視できるかどうかそのへんは何も言えない。どこも引き受けなければどこにもできないというほど日本の状況は甘くない。ある院長(*8)はもろ手を上げて賛成している。

   (*8)京都府立洛南病院の岡江院長。

T―――保安病棟だからといって特別な医療がありえますか。

岩本―――無いと思います。ケースは一人一人違う。百人おれば百通りというのが精神医療の基本です。ただアルコールだけは特別なプログラムを組んでいる。

T―――普通の医療をやっていくしかないでしょう。特別な治療はないのに、重隔離の特別な病棟を作って何をするのか。

岩本―――同感です。でも私たちの反対が弱かったかもしれないが、できちゃった。T(*9)の問題で。奇妙に彼は医療にはのっていないのに、それをテコに反対が盛り上がらないままにできてしまった。動きが弱いという思いをもっている。

   (*9)池田小事件の実行者。

ST―――光風の関口進先生が反対の論陣を張った。

岩本―――昔の話ですね。院長だけで3人はかわっている。

ST―――厚労省は私たちをなめきっている。

岩本―――県からどうせいというような話は来ていない。小川先生の言うようにするとすれば、私らみんな腹くくって辞めるつもりでやらなしゃあないかしれんけど。決議文みたいなものを医局で出すかどうかは、医局長が考えていかれるでしょうが。

T―――どこも引き受けないから作れないというのは実現可能ではないですか。やってみる値打ちはある。患者のためを思ってくれるかどうかですよ。収容される本人にとって許しがたいということと、「精神障害者」を人間として扱えということ。一人でも人間として扱わない例を作ったら、「精神障害者」を一人の人間として扱えという大原則が崩れてしまう。いかなることをやっても阻止するというのが医療者に求められている。

岩本―――いまこういう行動を取りますとは言えない。

T―――岩本先生としてはこの病棟は引き受けたくはないとは確認したい。

岩本―――みんな共通してあるが、引き受けたくはないから引き受けないですむかどうかは分からない。

T―――民間の開放化が進むというのは、3ヶ月単位で患者を入れ替えていけば民間病院は金が儲かる(*10)からいいということだろうが、それは民間病院の倫理性からすればおかしい。

(*10)3ヶ月の単位で患者を入退院させれば一番病院の収入が高くなるようになっている。

岩本―――公立は赤字を出してもいいからそういう政策だけやってくれたらいいというのがある。

T―――そういう考え方が民間病院での患者虐待をもたらしている。

岩本―――民間は行政に対しては大きなパワーをもっている。財政力も強いし。

T―――行政の担当はどこになる。

岩本―――障害福祉課

病院―――行政が方針決定して降りてくる。病院は治療の場。そっちにもっていってもらってほしい。

T―――岩本先生の発言を文書化できないか。

岩本―――文書は一人歩きするから止めておきたい。

小川―――降りてくるのを待つのではなく、先制的にやるというやつですね。辞めるつもりでということでしたが、「病者」と連帯しようと思ったらどっかで血を流さなければならないが、辞めないつもりでがんばっていただきたい。国が決めた以上どっかがやらなければならないというのは光風が知ったことではない。引き受けるところが出てくれば私たちで包囲していきたい。どっかがやるんであれば、むしろうちが引き受けてやった方がましな施設運営になるということだったが、それでは落とし穴に入る。

岩本―――こういう治療といえない中でぎゅうぎゅう締め付けてそれを治療と称してやっていくんであればっていう感じがしたもんですから。甘いかもしれませんが。何かあったときは病院の責任ともって来るんでしょうけど。

N―――戦争のための制度。政治的確信者、政治犯を狙っているのが根本、核心だ。

岩本―――そこまで広げるのはどうか。難しい問題ですね。思想的な問題がないわけではないが、片一方では公務員であるわけでなかなかそういうふうにやっていけるか保障できない。医局は自由にやってもらっている。民間病院のほうでは光風に作れという。暴力的ケースとか覚醒剤は光風でやってくれということは聞いている。

SN―――金沢学会(*11)以来、医療特例(*12)はあかんという運動をやってきた人(*13)がこれに乗っかろうとするあさましさ。

   (*11)1969年に金沢で開かれた精神神経学会。精神医療改革を掲げた若手精神科医の反乱で学会自体が医療改革へと転換した。(*12)医師の数が患者48人に一人と他の科の3分の1でよく、看護師も少なくていいという医療法上の特例。(*13)京都府立洛南病院の岡江院長は、かつて精神医療改革を唱えていた活動家で、その後転向した人物。

T―――人権を守るのに時間はかかるが、崩すのはあっという間だということを考えて欲しい。

T―――初めに議事録の件を決めなかったが、録音してあるのでこちらで報告のニュースを流さしてもらう。

岩本―――あんな人を院長にしておくのはまずいということになるかもしれない。

                                  以上





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234