04.6.7光風病院岩本院長との話し合い報告 
 
 
保安病棟に反対する有志連洛会
04年6月


参加者  
こちら側 兵精連3名、兵庫の元「病者」、被災地の関西合同労組の「病者」、小川紘ドクター、虹の会2名。

相手側 岩本院長、事務方の原田氏、ニイ氏


結論  
保安病棟反対と言う具体的言質を取りたかったのですが、その意味では岩本氏はあまりはっきりしたことを言いませんでした。しかし、岩本氏としては作りたくないというところは引き出しました。これは県の役人である事務方がいると言う圧力の中での発言です。事務方から県にもそういう報告が行くでしょうし、岩本氏としてそれを承知でそこまでは言ったという感じです。全体としても岩本氏としては作りたくないものを民間病院が財力にあかして県と光風病院に圧力をかけているということでした。また、国や県が決めて降ろしてくるものにどこまで抵抗できるかと言う趣旨も言っていました。岩本氏は「片一方で公務員だ」からあまり明確に反対することはできない趣旨と、ここまで言ったから「あんな人を院長においとくな」と言われるやろうなと言っていました。


岩本氏の主な発言  
「非常に状況はシビア、拒否するだけの力というか理由がうまくできるかどうかというところ。」

「法制度そのものに賛成はできないが、無視できるかどうかその辺はなんともいえない」

(特別な医療はあるかと聞かれて)「無いと思います」

(特別な医療はないのに重隔離の病棟を作って何をするのか。普通の医療体制以外ないのではないかと言われて)「同感です」

「県からどうせいという話は来ていない」

「私らみんな腹くくって辞めるつもりでやらなしゃあないでしょうが」

「決議文みたいなものを出すかどうかは医局長なりが考えていかれるでしょう」

「今こういう行動を取りますとは言えない」

(岩本院長としてはこの病棟は引き受けたくないと確認したいと言ったのに対して)「みんな共通してあるが、引き受けたくないから引き受けないですむかどうかは分からない」

「こういう治療といえない中でぎゅうぎゅう締め付けて、それを治療と称してやって行くのであればっていう感じがした」

「思想的な問題が無いわけではないが、片一方では公務員であるわけでなかなかそういうふうにやっていけるかどうか保障できない」


総括的視点と今後の闘いについて  
次の闘いは県交渉という感じが強くしました。民間病院からの厄介なものは光風がやれという圧力が光風や県に集中しているそうです。岩本氏としてはその圧力に抗しきれるかどうかが分らないという立場でした。それは本当の気持ちでしょう。だから私たちが県に対して逆の圧力を加える必要があると強く感じました。総括会では、その県への申し入れを確認しました。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234