心神喪失等医療観察法の廃棄のために そのF


厚労省の破綻と取り繕い  
法案審議の過程で厚労大臣が立ち往生する場面がありました。法案の本質的部分における論理の破綻でした。

この法案の国会提出にあたり、坂口厚生労働大臣は、イギリスのオックスフォード大学の医学教科書に「再犯予測は可能である」と書いてあると国会答弁しました。しかし、実際にその本を読んでみるとそこには「再犯予測は極めて困難である」と書いてあったのです。そのことを指摘された坂口大臣は発言を取り消しました。同時に「再犯予測」を「再び同様の行為を行なうことなく社会に復帰できる」まで収容すると法案を書き換えたのです。


国会内取引  
自民党関係者は、修正案は民主党に対するポーズだと明言しています。民主党は保安処分に対案を出して、政府案より自分の案の方が良く取り締まれるという立場だったのです。共産党も同様な立場で、保安処分は不必要としていたのは社民党のみでした。自民党・公明党は、民主党にも強固には反対しないで欲しいということで法案を修正したのです。民主党はまんまと取り込まれてしまいました。


人をあざむく政府  
修正案と原案がどこが違うのか分かりにくいと思います。修正案でも結局再犯予測をしている訳ですし、そもそも保安処分という制度は再犯を防ぐためのものです。再犯を防ぐことが目的だと言っている制度で再犯予測はしないのだという自民党・公明党の説明は明らかに人を欺くためのものです。自公は非論理は承知の上で、議会多数派という力のみに依拠したのです。審議で反対派は与党を追い詰め破綻を引き出しました。保安処分推進派の精神科医は論争で完全に敗北し、反論も出来ないまでに粉砕されました。それが国会内多数派であるということによってのみ強行採決されたのです。


イギリスから学ぶこと  
保安処分の進んでいるイギリスで、教科書に「再犯予測は極めて困難」とかかれている事実から、私たちが学ぶべきことは、保安処分という道に進んではならないということです。制度が始まらないうちに、白紙に戻し病棟建設を中止させなければなりません。精神医療を患者のためのものにするにはまだまだ遠い道がありますが、時代を逆行させてはなりません。(続く)




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234