郵政民営化の目的は郵貯・簡保の
利権争いと労働組合の解体だ!




まちがった「効率化」万能論と対決しよう!
トヨタ式労働が完全破綻
 
郵政公社化=民営化の目玉とされている、トヨタ式労働方式が完全に破綻しています。(裏面参照)トヨタ式労働は非効率と労働強化のみをもたらしています。自動車を作る工程と郵便作業は全く違うものであるにもかかわらず、トヨタでうまく行った方式を取り入れるというのがそもそも無理な話だったのです。結果として「とにかく疲れる」という作業になっています。ところが、総務省=政府=資本家たちはそれを全国に拡大すると言うのです。郵政公社化=民営化の目的はそもそも効率化でも利用者サービスでも全くないからです。郵政民営化の目的は超巨大な郵貯・簡保の資金を誰が握るのかという官僚と銀行資本の泥仕合であり、そのための労働者の団結破壊と労働組合の解体です。強制配転が労働者の熟練を奪って非効率化することを構いもせず、ただ単に組合破壊だけを目的としておこなわれているのもこのためです。

公社化は全逓労組の幹部が、「事業の存続のためにはいかなる施策も受け入れる。事業あっての労働者だ」という間違った思想をふりまくという結果を生んでいます。しかし、郵政事業が一体いつ倒産の危機にあったと言うのでしょうか。超巨大な郵貯・簡保をどう処理するかが問題にされていたのではないですか。日本が恐慌に陥っているなかで郵便の業績が悪化するのは当然です。それがあたかも「官業」だから業績が悪いかのように言うのは真っ赤なウソです。


能力給・能力等級制人事制度導入反対  
いま郵政では、年功型賃金・人事制度を破壊し、非正規雇用化と能力給導入と能力等級制人事制度が進められています。機械化等で熟練労働を不要な物とした結果、年功賃金はじゃまものとなり、それに変えて能力給・能力等級制を全面的に導入しようとしているのです。能力給などと言いますが、郵政では一人1万枚の年賀状販売をノルマとするなど本来の業務とはまったく違うことを争わせ、その結果で「能力」を判断するのです。労組活動も管理職の気に入るものに変質させる攻撃です。「能力」「効率化」という言葉が資本に都合がいいように使われているのです。

恐慌に陥り、労働者を食わせることもできなくなっている資本主義と対決し、労働者の団結した力で賃上げとリストラ反対を勝ちとろう!春闘の復興と労働組合の改革を勝ちとろう!そのなかで高見さんの復職を勝ちとろう!「精神障害」を唯一の理由とした高見さんの免職=まちがった「効率化」万能主義を跳ね返えし、「障害者」の労働する権利を勝ちとろう!





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234