全逓解体絶対反対!


名称変更は組合解体だ!  
全逓組合員の皆さん。非常勤・下請けの労働者の皆さん。地域住民の皆さん。

来る12月1日・2日の全逓臨時全国大会において、全逓の名称変更が決められようとしています。これは単なる名前が変わるというだけの意味ではありません。本部は全逓という名前に象徴される闘争の歴史を否定し、葬り去ろうとしているのです。「全逓」といえば「権利の全逓」とつながるように、その歴史は数々の闘いによって作られてきました。本部は1978年の越年闘争を頂点とする闘いの歴史をくずかごに捨てさろうとしているのです。全逓組合員の皆さん。臨時全国大会の代議員選挙は組合の行く末を決定する重大な選挙です。今度こそ闘う候補を当選させようではありませんか。投票の選択は「名称変更反対」かどうかです。全逓を否定し、解体しようとする本部派候補を全員落選させよう。

臨時全国大会は郵政の労働者にとって決定的闘いです。郵政民営化という、職場に労働組合をなくしてしまおうとする攻撃に対して大反撃を加えようではありませんか。民営化というのは効率化などでは全くありません。ベテラン職員の他局への強制配転など、「仕事が運営できなくなっても良いから組合をつぶせ」という攻撃こそ民営化の正体です。民営化の目的は労働者の権利をいっさいなくし、ドレイ的労働を強制することです。そのための組合解体です。すでに、あまりの労働強化と労働条件悪化によって、郵便局を辞めていく人が続出しています。ベテランが辞めて行ったあとには非常勤の労働者が充てられています。郵政の非常勤は日々雇用といって、毎日毎日雇用を更新するという制度になっています。ミスがあったり、交通事故を起こそうものならただちに解雇されてしまいます。人間あつかいではないのです。非常勤の労働条件の悪さとドレイ的労働を許すことはできません。当局は本務者を6割も削減し、非常勤に置き換えようとしています。本部はそれらの労働条件切り下げをすべてを丸呑みにしています。そして職場での抵抗闘争の放棄を当局に示すために組合の名称を変更しようというのです。

代議員選挙で、そのような本部役員を全員落選させ、闘う候補を当選させよう。

高見闘争は、職場労働者の権利と人間的労働条件が保障されるような状況が来るとき勝利します。高見闘争は職場労働者と一体です。私たちは郵政労働者と共に闘います。


10・5全逓解体を許すな!郵政労働者研究集会に46人参加  
集会は活発で内容にある報告と討議になりました。主催者挨拶のあと、全逓4・28連絡会の被免職者・大崎局の神矢さんから報告を受けました。79年4.28処分後の全逓の歴史をふりかえり、当局への屈服から始まり、積極的に合理化・労働強化を提案していくようになってきたことを具体的転換点を示しながらの講演で、私たちもあの時そうだったなとふりかえりながら本部派の転落の歴史を見ることができました。質疑のあと、各職場からの報告を11人から受けました。新集配システム合理化、深夜勤、JPS、人事交流、日逓裁判原告、NTTの労組から具体的闘いについての報告を受けました。黙っていたら殺されるしかないこと、闘って展望を開こうなどという報告でした。非常勤労働者の犠牲の上で今の郵政職場が成り立っている実態も明らかになりました。非常勤でしか採用されない労働者の立場に立った運動が必要であることを強く感じました。また、どの職場でも「精神障害」などで休職者がいることが当り前になっています。「精神障害者」の就労問題を闘ってきた私たちのガンバリどころです。





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234