心神喪失等医療観察法の廃棄のために そのE


医療の破壊  
「心神喪失等医療観察法」制度が実施されれば重大な医療の破壊がおきます。厚労省は新しい保安処分制度のもとでの「医療」をすべての医療機関に広めるといっています。しかし、新しい制度で行なわれることは、社会の保安のための隔離・収容です。普通の医療を行なうならいまの制度でよかったわけで、新しくする必要があるのは、隔離・収容の強化のためです。一度犯罪を犯した者はもう一度やるに違いないという非科学的な予断と偏見による収容です。この決め付けに何の根拠も無いことはすでに充分に論証されています。保安処分を支えるものは、非科学と「精神病者」に対する偏見です。


非科学が医療を支配する  
保安処分による「医療」なるものは、何の科学的根拠も合理性も無い非論理なのです。その非科学がすべての医療を支配するというおぞましい図形が描かれているのです。「精神病者」に対する何の根拠も無い偏見がすべての精神医療を支配するという恐ろしい現実が訪れようとしています。


何が行なわれるのか  
保安処分施設で何が行なわれるのでしょうか。厚労省の言っているところでは、『[プログラムの目的]・他害行為の問題を認識し自ら防止できる力を高める。・様々な問題を前向きに解決する意欲や、社会で安定して生活する力を高める。・被害者に対する共感性を養う。』など一見普通のことを言っているようにも見えます。


プログラムの矛盾  
厚労省のプログラムの矛盾は、犯罪を意識して犯した人に対する「治療」のようなものになっているということです。犯罪を意識して犯す人を犯罪をしないようにすることなど精神医療のすることではないし、そもそも不可能です。また、この制度にのって来る人の大多数は家族に対して危害を加えた人であり、後悔の念でみちあふれた人たちです。このような人たちに「反省させる」プログラムなど意味がありません。

普通の治療をするなら今までの普通の病棟で十分なのです。「普通の治療」ではないことをするために重装備の病棟を作ろうとしているのです。医療の範囲を越えた人格改造が目指されるのであり、その実、医療無き収容になるのです。結局解決不能な問題が精神医療に押し付けられるのです。(続く)




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234