心神喪失等医療観察法の廃棄のために そのD


福祉破壊と保安処分は一体  
04年新年明けましておめでとうございます。今年は年金「改革」、春闘破壊など労働者・被差別民衆にとって試練の年となろうとしています。「少子・高齢化」イデオロギーによって働いている時には極限的に搾り取り、年金受給世代になれば支給額を削減する。そんな理不尽が、ただ単に資本主義を維持しつづけるだけのために襲いかかろうとしています。

私たち「精神障害者」にとって、年金削減は生活を直撃します。今年の削減は私たちの年金にも適用されています。保安処分と「精神障害者」の生活破壊は一体です。もはや資本主義では福祉ができず、食わしていけなくなるなかで、抵抗する者を取り締まるための必要性から生まれたのが保安処分です。

もともと「精神障害者」には生活保護受給者が多いのですが、障害年金制度ができたとき、移行が進められました。生活保護とほぼ同額の年金額となったことで不自由な生活保護より自由のきく年金に移行した人です。生活保護とほぼ同額ですから「最低限生活」ということです。それさえも引き下げの対象となるのです。私たち「精神障害者」の介護はいま収入に応じて額が決まる応能負担ですが、05年に介護保険に移行すれば定額負担(応益負担)になります。負担が大きくなっても年金額は上がらないとされています。上がらないどころか引き下げです。


福祉の破綻は資本主義の破綻  
それにしても「少子高齢化」と言い方はなんなのでしょう。子どもが少なくなっているのは資本主義の矛盾ゆえです。夫婦で持ちたいと思っている子どもの数より実際に予定している数は大きく減ります。その理由の6割は子育てと教育に金がかかりすぎるからなのです。働いている女性に子どもが少ないと思われがちですが実際にはその逆で、働き続けている人の方が子どもは多いのです。女性が働いていて収入が多い方が子どもを持ちやすいのでしょう。「高齢化」が批判の対象とされ、年をとって生きていることが悪いことかのような言い草がされています。日本経団連は「寝たきりになって生きているのが幸せではない」と「尊厳死」の導入を要求しています。福祉削減と保安処分、「安楽死」「尊厳死」は一体です。闘って突破するしかありません。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234