米英軍はイラクの
軍事占領を止めろ


イラク民衆多数殺傷の残酷な戦争と
軍事占領をやめろ

イラク・朝鮮への戦争と差別に反対する「障害者」の会
 
イラクへの残酷な戦争が行なわれています。すでにイラク側の死者は5000人を超えています。そのうち民間人の死者は1300人です。いかに無差別攻撃がおこなわれてきたのかをはっきりと示しています。しかし、イラク戦争の勝敗が決まるのはバグダッドの占領によってではありません。米英軍がフセイン政権を倒しても、民族の裏切り者フセインをのりこえて、それからこそ本当のイラク民衆の民族解放闘争が開始されるのです。また、世界戦争計画であるブッシュドクトリンにもとづいてアメリカが開始した戦争の時代に対して、全世界の平和と自由と平等を求める民衆が対決しているのであり、勝敗は全世界の民衆対アメリカ支配層の闘いによって決まるのです。

「障害者」というこの社会での少数者から見ると、この戦争の性格が非常にはっきりとわかります。9.11事件によって、ムスリムがアメリカの世界支配にノーを突きつけました。冷戦構造の中では、ソ連を押さえ込めば世界の支配は貫徹できたでしょう。しかし、冷戦後の世界では、核軍事力によって刃向かう国を押さえ込むというアメリカ型の世界支配構造に穴があいているのです。さすがのアメリカも13億人のムスリムを軍事的に制圧するだけの力はありません。イラクは「国」としてアメリカに刃向かったから標的にされたにすぎません。アメリカが狙っているのは、そこに住む民衆を制圧することです。また、イラクを見せしめにすることで、アラブ諸国に自国内の反米運動を鎮圧しなければ戦争でつぶすぞと恫喝しているのです。これがブッシュの言う「全中東民主化」の正体です。


アメリカの戦争目的  
アメリカの狙いは自国内での労働者民衆に対する支配のやり方を、全世界で行なうということです。アメリカという国は「自由」の名によって自由を抑圧する国です。イラク反戦の声をあげた俳優などが番組からおろされると言われています。もともと1950年代マッカーシズムで反共の名のもとに真のリベラリストを徹底的に表社会から排除しました。移民労働者、アフリカ系アメリカ人などに対する差別的支配をとことん強めようとしているのがブッシュ政権です。公民権運動でアフリカ系住民が勝ち取った大学進学権の剥奪の問題など、少数者を社会から排除する動きが強められています。また、アメリカ国民の4000万人以上が貧困層をなしており、医療保険にも入れず病気になっても医者にかかれないのです。「精神障害者」に対しては、保安処分施設収容の一方で、医療費削減のために病院から追い出し、多数をホームレス化させています。9.11事件をきっかけに、ムスリムを1000人以上も逮捕状もなく収容所に送っています。何よりも、イラク戦争で最前線に立たされたのは、軍人になるしか働き口のなかった貧しいアメリカ人であり、アメリカ国民にさえなれないヒスパニック系住民です。このすさまじい搾取と抑圧こそがアメリカの支配のやり方です。


民衆には戦争を止める力がある  
しかし、それがうまく行っているかと言えばまったくそうではありません。イラク反戦集会への多数の労働者市民の参加があります。真の自由と平等を求めて闘いが開始されているのです。それはやがて13億ムスリムの決起となり、先進国の労働者や少数者の決起となり、アメリカの世界支配を終わらせる力となるでしょう。だから、この戦争の真の勝敗はそこで決するのです。すべての労働者・市民の皆さん。いまこそ反戦の声をあげて、アメリカによる残酷な世界支配を終わらせましょう。イラク軍事占領をやめさせましょう。







バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234