民衆の力を集めて
イラク戦争をとめよう


殺りくの戦争をただちにやめさせよう
イラク・朝鮮への戦争と差別に反対する「障害者」の会
 
イラクの民衆の殺りくが開始されてしまいました。戦争で犠牲になっているのは一般市民であり、子どもたちです。一般市民用にはシェルターも防空壕もありません。アメリカ・イギリスのすさまじい爆撃によって殺されているのは一般市民です。この戦争で50万人以上、100万人近くのイラクの市民や子どもたちが殺されると言われています。一日400発もの巡航ミサイルをはじめ、ありとあらゆる大量破壊の新兵器が使用されています。また、被害を100年200年後までもたらすウラン弾が使われています。ウラン弾は爆発するとチリとなって大地に混ざりこみ、放射能被爆を100年後200年後までもたらすのです。湾岸戦争時に使用されたウラン弾によって、多くの子どもたちが白血病やガンになって殺されつづけています。その被害をさらに拡大しようというのです。この殺りくをただちに止めさせよう。


イラクの人々のための戦争ではない  
アメリカはこの戦争の目的がイラクの民主化だなどといっています。しかし、数十万人のイラクの人々を殺している戦争がなぜイラクの人々のためなどと言えるのでしょうか。現政権はイラクの人々が選んだ政権です。それをアメリカの言うことを聞かないというだけの理由で、転覆することのどこに正義があるのでしょうか。アメリカの価値観をイスラムの人々におしつけてアメリカ流にするというのはあまりにも思い上がった考え方です。価値観が違う人間は殺してもいいと言うのがいま行なわれている戦争です。これを帝国主義というのです。


イラク開戦を許さない  
世界中の労働者市民の反対の声に逆らってついにイラク戦争が開始されてしまいました。意味もなく死んでいくイラクの人々。子どもを失い流される母親の涙。最愛の人をなくして流される涙。親をなくして流される涙。それを防ぐために私たち反戦「障害者」の会は、朝や、一日中しんどくて、疲れやすい「障害者」が必死になって闘ってきたのです。世界中で多くの労働者市民が同じ思いで闘ってきました。権力者には流される涙は見えないのでしょうか。

私たち反戦「障害者」の会は、ついに始まってしまったこの不正義の侵略戦争を止めさせるために全力で闘います。労働者市民の皆さん、ぜひ共に闘いましょう。ただちにアメリカ領事館前に集まりましょう。ブッシュ大統領への抗議の声をあげましょう。


行動案内  
3月22日午後2時、集会とデモ 中之島公園・女神像前(大阪市役所南)からアメリカ領事館へデモ 主催 百万人署名運動
3月26日水曜日午前11時JR北新地駅東改札集合 街頭宣伝後、アメリカ領事館抗議行動 反戦「障害者」の会







バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234