心神喪失等医療観察法の廃棄のために そのB


池田小事件との矛盾  
池田小事件を好機として「心神喪失等医療観察法」が制定されたのですが、ここで大きな矛盾があります。政府もマスコミもあれほど池田小事件の再発を防ぐためには新法が必要であると騒いだのに、実際には新法はT被告には適用されなかったのです。新法は「心神喪失」のために犯罪を起こした人に対して適用されるものです。ところがT被告に対しては、心神喪失ではなかったとして死刑判決を下しました。政府・マスコミは、あれほどのひどい犯罪をした者は極刑にしなければならないという扇動を行い、「精神病者」であれば法で罰せられないのは不当であるという世論を形成しました。「精神病者」にも刑罰が必要だという世論形成のために池田小事件を最大限利用した後、T被告は「精神病者」ではないとして、死刑にするとしたのです。


「人格障害」は「精神病」ではない  
裁判でのT被告の診断名は「人格障害」というものでした。その診断が下されたことでT被告は「精神病」の一種と思わせられています。T被告が「精神病者」だとレッテルを貼るのには過去に「精神病」と診断されたことがあるというだけで充分でした。

「人格障害」の診断基準というのは、「精神病」ではないが、偏った性格のため「自分で悩み、社会を悩ます」ことだとされています。T被告が診断された「反社会的人格障害」というのは犯罪を犯しやすい人のことをそう名付けたレッテルです。「病気」でもなければ、科学的な診断名でもないのです。


典型的差別攻撃  
T被告が「精神病者」ではないとされたことで、新法の前提であったはずの「精神病者」は恐ろしい犯罪をするから刑罰が必要だと言う主張は全く根拠がないことが明らかになりました。この大きな矛盾がありながら新法に反対なら池田小事件を支持するのかという恫喝が繰り返されたのです。マスコミはT被告が「精神病」であると言うデマを流しつづけました。デマに乗っかって反対意見を封殺するという典型的な差別攻撃です。結果として新法が作られたことで、「精神病者」に対する敵意と憎悪は解消されるどころか、逆にそれに合理的理由があるかのようにでっち上げられていったのです。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234