「心神喪失等医療観察法案」参院採択弾劾


≪傍聴記≫
「心神喪失等医療観察法案」・参院法務委員会強行採決を徹底弾劾する             
 
6月3日午後2時30分、参院法務委員会で質疑が終わるや、一人の与党議員が挙手をした。だまし討ち採択の動議だ。昨日の理事懇で3日の採択はないと言ってわれわれをだましたのだ。間髪をいれず傍聴席から一斉に弾劾の怒声が飛んだ。「保安処分反対!採択するな!」怒りの声に対して衛視が3人を傍聴席から連れ出し拘留した。それでも声はやまず、怒声の中、与党議員の挙手があった。その強行採決で本案が委員会採択されたのだ。怒声は途切れることない。「俺たちの運命を数の暴力で決められてたまるか。収容され、抹殺されるのは俺たちだ。俺たちの運命は俺たち自身で決める」それが傍聴者の気持ちだった。

法案修正案では、収容の要件を「事件と同様の行為を行なうことなく社会に復帰できるまで」と定義されている。ところが「社会復帰」という概念規定自体がわれわれのものと彼らのものとでは180度逆なのだ。彼らの言う「社会復帰」とは、「病気を完全に治し、社会にとって無害になれば出してやる」というものなのだ。「病者」が「病者」であるがままに社会で暮らすというわれわれの考え方とはまったく逆なのだ。5万人以上の「病者」が20年以上精神病院に収容されているが、坂口厚労相は「病気が治っていなければ収容して当然」と居直った。また、坂口は「同様の行為を行なうおそれ」という規定は「症状が再発するおそれ」だと言った。「症状が完全になくなるまで20年、30年、一生でも収容しつづける」というのが彼らの言う「社会復帰」論なのだ。

また森山法相は、「再犯予測がはずれることはある」と平然と言ってのけた。まったく「再犯の恐れ」などない「病者」が収容されることは当然にもありうると言ったのだ。刑事裁判で無実の人間が刑務所に収監されることが当然にもありうると法相が言うだろうか。「病者」にはいっさいの人権はないということを宣言したのに等しいのだ。

政府がモデルとし、研修者を派遣しているイギリスでは、まだ何の事件も犯していない「病者」を保安処分施設に収容するという法案が出ている。修正案提案者の自民党・塩崎は、5年後の法見直しで、措置入院者を保安施設に収容すると言っている。またいわゆる「処遇困難者」を保安施設に収容するということも言われている。イギリスの状況までほんの目の前にきているのだ。

ところが野党とりわけ民主党は、アリバイ的な反対に終始し、審議の促進者となりはてた。政府の「社会復帰」概念を粉砕する機会はいくらでもあったのにしなかった。180度転倒した概念を政府と共有しているからだ。塩崎が「民主党の医療に重点を置いた案を取り入れた」と言ったのにもまったく反論し得ないというていたらくだった。「社会的入院の解消」論なる美名の下での政府の精神医療費削減計画の尻馬に乗っかるのがせいぜいだったのだ。

国会前での採択弾劾集会では、怒りの声が次々に上がった。「賛成した議員に責任をとらせる」「議会は死んでいる」「保安処分体制を絶対に粉砕する」「保安施設建設を全国で阻止する」と。完黙で奪還された仲間は、「徹底的に闘い抜いた」と勝利感にあふれる報告を行なった。4日の本会議採択を徹底弾劾し、全国各地で保安処分施設建設阻止の大戦線を構築していこう。保安処分体制を徹底的に粉砕する勝機は確実にある。確信を持って進もう。



≪追記≫6月6日金曜日午前、参議院本会議で医療観察法は採択された。この後衆院へ再送付され、年度の書き換えなどの事務的修正が行なわれる。おりしも有事法制と同じ日に参院採択されたことが、この法案の性格を非常に良く示す結果となった。法が成立しても闘いが止むわけではない。医療観察法の廃止をめざし闘いを進めよう。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234