「心神喪失等医療観察法案」を廃案へ
参議院決戦に総決起しよう

by 吉村隆生


新法ができるとどうなるか               
5月6日、参議院法務委員会で「心神喪失等医療観察法案」の審議が開始された。この法案が成立すると一体どういうことが起きるのか。ケーススタディで考えていきたい。

まず事件の発生ないし未遂がある。重大事件と政府は言うが、新法の範囲は広く、傷害罪などや未遂も含まれている。警察の関心は検挙率をあげることであり、真犯人を捕まえることではない。いままで数多くの無実の人が刑務所に送られ、死刑台に送られてきた。犯人が捕まらないと警察は、地域で暮らす「精神病者」であるAさんに目をつける。新法と同時に改悪される精福法によって、警察はいままでよりはるかに地域で暮らす「病者」に対する監視を強めており、でっち上げる「病者」を見つけるのは容易だ。

Aさんが逮捕される。検察は簡易鑑定を行い「心神喪失」として、新法の審判所にまわす。審判所では、正式の精神鑑定を行なう。精神鑑定とは、事件当時に心神喪失であったかを調べるわけではなく、Aさんが「精神病」であるかどうかを鑑定するだけだ。無実を主張していても、「精神病」であれば黒の鑑定を出す。鑑定を精密化するという議論は何の意味もなく反動的である。鑑定のためとして3ヶ月の拘留が行なわれる。

鑑定の結果、「精神病」であれば審判が開始される。Aさんは無実を訴えたいが弁護士をつけられないことがある。現行の刑事訴訟法では、「重大事件」の場合必ず弁護士をつけなければ裁判ができないが、この審判では弁護士をつけることは義務ではない。Aさんは無実を主張し、事実調べを求める。しかし新法では事実調べをするかどうかは裁判官の一存で決まり、しなくてもよいことになっている。また、弁護士には異議申し立ての権利は一切なく、警察・検察のでっち上げた「証拠」すべてに裁判官らが目を通し、裁判官に黒の心証を与えることになる。Aさんの家族、友人が心配して傍聴しようとするが審判は非公開である。ところが、被害者とその家族の傍聴は認められており、警察のデッチアゲを信じた被害者側が裁判官と審判員として加わっている精神科医に重罰を科せという印象を与える。

以上のような暗黒の審判のなかで裁判官らが「Aさんは精神病だから『再犯のおそれ』がある」と認定する。裁判官らにはAさんが真犯人かどうか判定する必要もない。裁判官らは、「再犯のおそれ」があるかないかの判定をするかにみえるがそうではない。日本精神神経学会を始め圧倒的多数の精神科医が主張しているように、科学的には「再犯予測」など不可能だからだ。法務省が行なっている保護司の研修会では『「精神病者」は麻薬中毒患者のようなもので犯罪を繰り返す』という、何の根拠もない事実とまったく逆のことが言われている。法務省や裁判官には、「病者」イコール「再犯のおそれ」がある者という差別的偏見があるのだ。だから、「再犯予測」とは、実際には「病者」であるかどうかの判断だけなのだ。

Aさんは「病者」であるから全国8ヶ所にある特殊施設送りとされる。そこで求められるのは事件に対する反省である。Aさんは無実を主張しているのだから反省はできない。するとありとあらゆる実験的「医療」と称する拷問が行なわれ、拷問であり殺されることもある電気ショックが行なわれる。あげくのはてには脳の一部を切り取ってしまうロボトミーといわれる脳外科手術が行われ、意欲もいっさいの感情もうばってしまう。Aさんはそこで始めて「再犯のおそれなし」と判定され解放される。

Aさんは警察発表を丸呑みにしたマスコミの差別キャンペーンによって社会的に有罪が宣告されている。働くところも能力も奪われてしまい、のたれ死ぬしか運命はない。Aさんは唯一「精神病者」だというだけの理由でこのような残酷な「罰」が科せられるのだ。

これが「心神喪失等医療観察法案」で起きることだ。Aさんは私であり、あなたの友達、仲間の「病者」であり、すべての「精神病者」であり、「人格障害」とされた人々であり、やがては社会運動活動家だ。

事件を行なった人であるBさんが逮捕されたという場合でも、まともな裁判を受ける権利が一切奪われているという事情は同じである。刑事裁判なら、情状酌量も、執行猶予も、死刑でなければ刑期も決まっている。また上訴することもできる。ところが新法では、それらの保障は一切なく、期限もなく一生でも収容されることになる。「病者」というのはもはや基本的人権も何もない、人間ではない存在として扱われるのだ。

また、「強制通院」という処罰もあるが、一生保護監察官によって監視され、何か問題があるとされてしまえば強制収容させられることになる。

一つの犯罪を防ぐために、何千人もの無実の「病者」を隔離・収容・抹殺して良いというのが新法だ。


いっさいの修正論議を許さず闘おう  
この法案に対して、共産党は「初犯を防げ」とより一層強度の保安処分を要求している。「初犯を防ぐ」と称して、まだ何の犯罪もしていない「病者」を隔離・収容・抹殺せよというのだ。

民主党は、政府・与党と問題意識は同一であるとしている。民主党は対案を出しているが、対案とは何らかの保安処分が必要だということを意味している。「病者」の犯罪を防ぐということを言っているがでは「健常者」の犯罪は防がなくて良いのか。何ゆえ「病者」のみが問題とされるのか。民主党は「政府案では初犯が防げない」とも言っているのであり、自分の法案の方がより高度な保安処分だと主張しているのに等しいのだ。

私たちは有事立法と一体の治安立法である「医療観察法案」を許さず、いっさいの修正論議を排して闘う。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234