労働者階級と連帯し「障害者」の解放勝ち取ろう
高見闘争の永続的勝利を!



解雇11年を大衆的結集で勝ち取った  
高見闘争は不当解雇11ヵ年闘争を大衆的結集で勝ち取りました。全逓労働者の大衆組織である「人事交流=強制配転に反対する郵政労働者の会」が新たにこの闘争に参加しました。郵政公社化を前にして、全逓内の大衆組織が新たな結集を図ったのです。

高見闘争の勝利の道は、全逓労働者と結びつき獲得するなかにあります。なぜならば、高見さんの免職は、「精神障害者」に対する解雇なら全逓労働者の誰も反対しないだろうという当局の差別意識から発していました。普通なら復職の道を共にさぐるということがあるべきですが、当局は最初から首切りありきという解雇を発動しました。それは労働者も差別意識を持っているはずだ、だから誰も反対しないだろうというおごりからするものでした。しかし実際には、闘争が11年も続いているように多くの労働者の支持を獲得してきたのです。そして、ついに全逓内の大衆組織との合流を果したのです。


高見さんの免職とは  
高見さんは職務中に精神障害を発病しました。そして長期にわたる闘病を余儀なくされました。ところが当局は、高見さんの闘病を共にするどころか、こんなに休んでいるものは首にして当然だと1991年に解雇処分としたのです。労災に対する扱いとしても本当に不当で差別的なものです。高見さんは裁判で争い、一審神戸地裁で解雇取り消しと言う画期的判決を勝ち取りました。神戸地裁判決は、「精神障害者」にも労働権があり、働く道をあらかじめ閉ざしてしまった解雇は不当なものだから取り消すというものでした。「朝日訴訟」にも匹敵する大勝利です。高裁・最高裁は、差別を丸出しにして逆転判決を書きましたが、この神戸地裁判決の地平を覆すものではありませんでした。


郵政公社化攻撃に反撃しよう  
いま郵政公社化攻撃がすさまじく加えられ、職場では「精神障害」に罹病する労働者がたくさん出ています。自殺者も後をたちません。郵政公社はトヨタ方式を導入し、仕事のこと以外いっさい考えてはならない、一切のゆとりはむだだから排除する、サービス残業あたりまえという職場にしようとしています。そこには労働者の団結や労働組合運動の破壊と排除の姿勢が貫かれています。人を蹴落とすのが当り前であり、連帯するなどしてはならないという職場がすばらしいのだというのです。

私たち高見さんを支える会は、このような人間破壊の職場にしてしまう郵政公社化攻撃に対して、全逓労働者と共に闘います。それが「精神障害者」の解放を勝ち取る道筋だからです。すべての労働者・市民の皆さん私たちと共に一切の差別も人間性の破壊も許さず闘いましょう。全労働者の団結を実現しましょう。





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234