イラク開戦を止めよう


イラク・朝鮮への戦争と差別に反対する「障害者」の会  
アメリカ政府・ブッシュは、国連査察に難癖をつけて、イラク開戦を単独でも行なおうとしています。国際的な労働者・市民の反戦の願いを踏みにじり、石油利権を確保するために、何の正当性も、正義もない戦争を行なおうとしているのです。他国を押しのけてアメリカ単独で埋蔵石油量世界一のイラクの利権を取るための戦争です。戦争で殺されるのは何の罪もないイラクのこどもたちや市民です。また、兵隊になるしかなかった貧しいアメリカ人でありイラクの人々です。

ブッシュ政権の行なおうとしている戦争に正当性など一つもありません。アメリカは対テロ戦争などと言っていますが、イラクとアルカイダの間には何の関係もありません。同じイスラム教と言っても宗派がまったく違うのです。アルカイダなら殺してもいいと言う論理に私たちは絶対に反対します。しかし、ブッシュの行なおうとしているイラク戦争は、対テロ戦争ともまったく関係のないものです。イラクが大量破壊兵器を持っているからと言うことを戦争の口実とすることは絶対に許せません。世界中で一番たくさんの大量破壊兵器を持っているのはアメリカです。しかもアメリカは核拡散防止条約にも入っていません。

アメリカ、ロシアに続いてたくさんの大量破壊兵器を持っているのはイスラエルです。現に自国内に住むパレスチナ人を大量虐殺しているのもイスラエルです。しかしアメリカはイスラエルに武器、資金の援助を行なっているのです。自国民を虐げていると言うのが戦争目的ならば、まず何よりもイスラエル国家による自国内に住むパレスチナ人への虐殺の停止こそ先行しなければなりません。


アメリカは新帝国主義だ  
ブッシュはイスラム教を敵視していますが、単に価値観が違うと言うだけの理由での戦争など許せるはずもありません。ブッシュは世界13億のイスラム教徒を皆殺しにするつもりなのか。

ブッシュの言うこと、することにはこのように何の合理性も正当性も、正義もありません。ただ単にイラクの政権がアメリカの言うことを聞かないということだけが戦争目的です。これは19世紀、20世紀初頭の帝国主義の時代の戦争目的となにひとつ代わることはありません。アメリカは新帝国主義です。

この戦争は、明らかな国際的に認められている民族自決権の侵害であり、白色人種優越主義の他民族・他人種・他文化を差別し、抑圧する愚かしい現代の十字軍であり、これを強行するならば、アメリカ合衆国は正義を口にすることはできません。

私たちはアメリカ帝国主義による戦争に断固反対します。







バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234