3.8阻止共の保安処分新法反対集会に参加しよう
池田小事件を利用した新たなタブーを粉砕しよう



心神喪失等医療観察法案は保安処分だ  
保安処分とは、「精神病者」に対して「将来犯罪を犯すかもしれない」という予測にもとづいて、一生を特殊施設に収容するという制度です。しかし、実際にはそのような予測はまったく不可能なのです。カナダの研究では「将来犯罪をする」と予測された内の8割は実際には犯罪をしないという報告があります。この2割の的中率というのには軽微な犯罪がふくまれており、実際に重大犯罪を繰り返す人というのはごくほんのわずかです。保安処分が必要だといっている人の研究でも10年間に数人という数字があげられているほどです。ごくまれに起こる「精神病者」による重大犯罪を防ぐために何千何万人もの「精神病者」を予防拘禁するというのが保安処分というものです。「健常者」には将来犯罪をするかもしれないという理由による収容はないし、もしそのようなことがあれば大社会問題になります。的中率数パーセントというのでは、圧倒的多数の無実の人が刑務所に送られてしまうからです。「健常者」に対する刑法ではそんなことはありえません。

しかし、「精神病者」に対しては正当化されているのです。保安処分という言葉の意味は、社会の保安を保つために「精神病者」を隔離・収容するということです。「精神病者」は何をするか分らない危険な存在だから、多数の無実の人を拘禁してでもわずかな犯罪を防がなければならないということなのです。そんな重大な人権侵害が公然とまかり通っているのです。いま国会で審議されている「心神喪失等医療観察法案」はまさにそういう保安処分法です。いまは一度犯罪をおかした人が対象といわれていますが、「初犯を防ぐ必要がある」ということが論議されています。「初犯を防ぐため」にまったく無実の「精神病者」を社会から隔離し収容していくことが狙われているのです。保安処分新法はまさに私たちの運命を左右する重大な法案です。


池田小事件を利用した新たなタブーを粉砕しよう  
政府・マスコミは「池田小事件を繰り返さないために保安処分が必要だ」というデマキャンペーンを行なってきました。保安処分に反対だという広範な世論を破壊するために、支配者たちは池田小事件を最大限に利用しているのです。保安処分に反対だというと、「では池田小事件を繰り返してもいいのか」ということが新たなるタブーとして民衆に恫喝されます。

権力とマスコミは意図的にこの犯罪と「医療観察法案」をダブらせ、保安処分をタブーにしてはいけない、今こそ新法が必要であるというキャンペーンを行なってきました。

T被告の行為自体は正当化できません。しかし、T被告を断罪する中では真実はまったく見えてきません。彼の生育歴を含めて社会の矛盾がああいう形で出たのだということをみる必要があります。彼の人格の形成そのものの中に社会のゆがみが反映されているのです。こどもの時からの競争社会、人の蹴落としあい、「劣った者」を排除する社会、親子の関係から就職してからも人間性を根底的に破壊する社会であること。いまの社会のなかで「人間的」であることを維持することができるでしょうか。人間的であろうとするのには大変な努力が必要です。いまの社会は人間性を殺すなかでのみ成り立っているからです。この社会の変革をこそ事件から教訓化する必要があるのです。

一方で支配者たちは、T容疑者を死刑にするか長期投獄とするか、保安処分施設に長期収容するための準備をちゃくちゃくと進めています。権力はT容疑者を「人格障害」だという精神鑑定を出しています。「人格障害」だからと、いまの法律のもとでは死刑か超長期投獄とし、新法ができたら保安処分施設に送るための準備をしているのです。いまの法律のもとでは、「精神病ではない」として死刑か長期投獄し、新法のもとでは「人格障害」として特殊施設に収容する、どちらに転んでもいいようにしているのです。

私たちは「人格障害」と言う考え方に反対です。かつてナチスドイツの時代に「精神病質」と言う考え方がありました。政治犯を特殊施設に送って殺すために「健常者」であっても「精神病的な人間がいる」ということをでっち上げたのです。このような考え方は歴史的に否定されました。それを復活させようとしているのが「人格障害」というものです。反体制の活動をする人に対しては「反社会的人格障害」と言うレッテルが貼られています。私たちは、だれに対しても、いかなる保安処分に対しても反対です。


労働者市民の人権感覚を破壊するのが目的  
マスコミは、「保安処分はだめだ」と言うことが広範な世論となっているのがじゃまだから、それを破壊するために池田小事件を活用してきたのです。政府もマスコミも「池田小事件を繰り返しても良いのか」ということを労働者市民に対する恫喝・脅迫として使ってきました。ここに重大なトリックがあったのです。保安処分に反対だというと、「では池田小事件を繰り返して良いのか。犯人を許して良いのか」ということが新たなるタブーとして使われてきたのです。

この非論理の差別こそが支配者の狙いとするところなのです。今まで差別はいけないことだというのが世論でした。その世論そのものが支配者にとってはじゃまなのです。支配者にとっては労働者市民を差別感情で煽り、広範な世論に支えられている人権と民主主義を破壊することが狙いなのです。

私たちは「心神喪失等医療観察法案」の絶対廃案を願うものです。すべての平和と民主主義を守ろうとする労働者市民へ共同闘争への参加を呼びかけるものです。


3.8阻止共の保安処分新法反対集会に参加しよう  
3月8日土曜日 12時渋谷駅頭宣伝 13時半宮下公園集会 14時半渋谷デモンストレイション

主催・「処遇困難者専門病棟」新設阻止共闘会議




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234